222件中 41 - 50件表示
  • サントドミンゴの植民都市

    サントドミンゴの植民都市から見たアメリカ州アメリカ州

    ラス・アタラサナス(Las Atarazanas)に隣接するプラサ・デ・ラ・イスパニダ(Plaza de la Hispanidad, 「スペイン系文化」広場)は、改修され拡張した広場で、小商店やレストランが集まっている。この地域は、アメリカ州で最初に出来た商業的中心地の一つであり、いまなお商業活動のハブとして機能している。サントドミンゴの植民都市 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化

    ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化から見たアメリカ州アメリカ州

    ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化(ヨーロッパしょこくによるアメリカたいりくのしょくみんちか、英:European colonization of the Americas)では、主にコロンブスがアメリカを発見してから17世紀まで、約200年間の南北アメリカ大陸植民地化の流れを概説する。ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州の歴史

    カリフォルニア州の歴史から見たアメリカ州アメリカ州

    一般に認められている南北アメリカ大陸への人類の移動に関する学説は、およそ16,500年前にインディアン民族がベーリング陸橋を通ってアメリカ大陸に入ったというもので、インディアンが、現在のカリフォルニアにいつ到着したかは不明である。カリフォルニア州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ビクトリア号

    ビクトリア号から見たアメリカ州アメリカ州

    航路についてはマゼラン一行のそれとは大幅に異なり、アメリカにおいては南米大陸は経ず、マゼラン海峡ではなくパナマ運河を通り、アジア地域についてはマゼランらと現地住民の戦闘があったフィリピンのセブ島などの縁の地には寄らず、万博開催中に開催地である名古屋を始め日本の各地に寄港し、「万博をつなぐ船」として2010年に上海万博の開催を予定している上海などを経て航海した。ビクトリア号 フレッシュアイペディアより)

  • ジェズ教会

    ジェズ教会から見たアメリカ州アメリカ州

    ジェズ教会()は、かつてイエズス会の本拠地(母教会)だった教会である。正式名は ''''(イエス・キリストの神聖な御名の教会)。そのファサードは「世界初の真のバロック様式のファサード」と言われている。世界中のイエズス会の教会はこの教会をモデルとしており、アメリカ州の教会にその傾向が強い。ジェズ教会はローマのジェズー広場に面している。ジェズ教会 フレッシュアイペディアより)

  • プレスビオルニス

    プレスビオルニスから見たアメリカ州アメリカ州

    プレスビオルニス(Presbyornis)は、白亜紀最後期から始新世前期までの期間、ヨーロッパや南北アメリカに棲息していたカモ目の鳥類。プレスビオルニス フレッシュアイペディアより)

  • ハーマン・インターナショナル

    ハーマン・インターナショナルから見たアメリカ州アメリカ州

    ハーマンインターナショナルの本社はコネチカット州スタンフォードに置かれ、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどに子会社を持っている。事業は大きく、コンシューマーシステムグループとプロフェッショナルグループに分かれるハーマン・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • テーブルビート

    テーブルビートから見たアメリカ州アメリカ州

    テーブルビート、ビーツ、レッドビート(red beet)、ガーデンビート(garden beet)、ビートルート(beetroot)またはカエンサイ(火焔菜)とは、アカザ科のビート(Beta vulgaris vulgaris L.)の中でも、根を食用とするために改良された品種群を指す。英名はBeetroot、table beet、あるいは単にbeetと表される。肥大した根は深い赤紫色で、アブラナ科のカブに似ているため「赤蕪」と呼ばれることがあり、19世紀には英語で「血蕪」(blood turnip)と呼ばれたこともあるが、ビートはアカザ科なのでカブの近縁種ではない。東欧、西アジア、北アフリカ、南北アメリカなどで盛んに栽培されている。日本への渡来は江戸時代初期と推定され「大和本草」に記載されている。缶詰加工されたものが販売されている。1 また、一般の花屋などで栽培用として種子も販売されている。テーブルビート フレッシュアイペディアより)

  • チョウ (甲殻類)

    チョウ (甲殻類)から見たアメリカ州アメリカ州

    日本で発見、記載されたものが先取権を持ったために japonicus (日本の)の名を持つが、現在はユーラシア、アメリカなど、世界各地に広く分布することがわかっている。おそらく魚類の人為的な移動、移植によって移動したためと考えられる。チョウ (甲殻類) フレッシュアイペディアより)

  • ニベ科

    ニベ科から見たアメリカ州アメリカ州

    ニベ科には270種が含まれ、79科を擁するスズキ亜目の中でハタ科・テンジクダイ科に次いで3番目に大きい科となっている。 太平洋・インド洋・大西洋など世界中の海に住むが、分布範囲は大陸周辺の沿岸域に限られ、インド洋中央部や太平洋の島嶼地域には生息しない。沿岸から大陸棚にかけての砂泥地帯で生活する種類が多く、水深200m以深の深海に出現する場合もある。海産種の一部は汽水域にも進出し、南北アメリカ大陸の大西洋岸からは28種の純粋な淡水魚が知られる。ニベ科 フレッシュアイペディアより)

222件中 41 - 50件表示

「南北アメリカ」のニューストピックワード