222件中 71 - 80件表示
  • 愛知万博の施設

    愛知万博の施設から見た南北アメリカアメリカ州

    グローバル・コモン2(南北アメリカ/国連)愛知万博の施設 フレッシュアイペディアより)

  • ハヤトウリ

    ハヤトウリから見たアメリカ州アメリカ州

    ハヤトウリ(隼人瓜、学名:Sechium edule)は熱帯アメリカ原産のウリ科の植物。また、その果実のこと。果実を食用にする。別名センナリウリ(千成瓜)。ハヤトウリ フレッシュアイペディアより)

  • EMEA

    EMEAから見たアメリカ州アメリカ州

    また、EMEAと同様に、アジア太平洋地域を指してAPAC(Asia Pacific)、日本を除くアジア太平洋地域を指してAPEJ(Asia Pacific Except Japan)、アメリカ州を指してNCSA(North, Central, and South America)(単にAmericasとも)といった略語が用いられることもある。EMEA フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見たアメリカ州アメリカ州

    帆船(キャラック船)の進歩によって大航海時代が到来し、ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化が始まった。時代を反映してフランシス・ベーコンが『ニュー・アトランティス』を著した。ヴァスコ・ダ・ガマ、カブラル、マゼラン、クリストファー・コロンブスといった先駆者は、アフリカ、インド、中国との伝統的な陸路より短縮できないか、新たな交易路を求め、世界中を探検した。その過程で彼らはアメリカ州も再発見した。彼らの作った新しい地図や海図により、後の航海者が自信を持ってさらなる探検を行うようになった。航海において最大の問題は経度の測定であり、そのためには正確なクロノメーターが必要だった。ヨーロッパの繁栄は、古代ギリシア以来忘れられていた民法典の考え方を再発見するに至った。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

  • 文字の歴史

    文字の歴史から見たアメリカ州アメリカ州

    先コロンブス時代のアメリカ州 (オルメカやマヤを含む) の文字体系も独立した起源を持つ。文字の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城

    サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城から見たアメリカ州アメリカ州

    20世紀になると城塞は朽ちていったが、1960年代にフランシスコ・プラート・プイグ(Francisco Prat Puig)によって修復された。1997年には、この城塞はスペイン帝国がアメリカ州で築いた軍事建築物の中で最も状態が良く、完全な形で残っているものとして、ユネスコの世界遺産リストに登録された。サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城 フレッシュアイペディアより)

  • 地球球体説

    地球球体説から見たアメリカ州アメリカ州

    ポルトガル人によるアフリカ・アジアの探検や、コロンブスのアメリカ州到達(1492年)、そして最終的にフェルディナンド・マゼランの世界周航(1519年?21年)により地球球体説の実際的な証明が得られた。地球球体説 フレッシュアイペディアより)

  • 一妻多夫制

    一妻多夫制から見たアメリカ州アメリカ州

    一妻多夫は、ヒマラヤ近辺のヒトでは減少傾向にあるが、通常の結婚制度である。チベット、インドの南の一部の地方、ナイジェリア、ネパール、ブータン、スリランカ、北極圏の一部、モンゴル地方、アフリカとアメリカ州の先住民、ポリネシアの複数の共同体で、伝統的な制度として現在でも存続している。実態は一妻多夫というよりは多夫多妻、いわゆる集団婚と言ったほうが正確な地域もある。一妻多夫制 フレッシュアイペディアより)

  • 欧米

    欧米から見たアメリカ州アメリカ州

    欧米(おうべい)とは、ヨーロッパとアメリカ州の3大陸を指す。欧米 フレッシュアイペディアより)

  • マルティーン・ヴァルトゼーミュラー

    マルティーン・ヴァルトゼーミュラーから見たアメリカ州アメリカ州

    彼とマティアス・リングマン (Matthias Ringmann) は、1507年の「世界地誌概説」において、初めて「アメリカ」という名を用いたということで知られている。「アメリカ」という名はフィレンツェ人の探検家アメリゴ・ヴェスプッチにちなんでいる。マルティーン・ヴァルトゼーミュラー フレッシュアイペディアより)

222件中 71 - 80件表示

「南北アメリカ」のニューストピックワード