110件中 21 - 30件表示
  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た集英社

    週刊プレイボーイ「南海キャンディーズの2時間だけのトリオ」(集英社南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た関西テレビ放送

    南海パラダイス! → 南パラZ!(2005年 - 2009年、関西テレビ)冠番組・関西ローカル南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た讀賣テレビ放送

    オモシロ好奇心☆どろんぱ!(2005年、読売テレビ)関西ローカル南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た松竹

    ラブ★コン(2006年、松竹)小泉理恵 役(山崎)、理恵のカレシ 役(山里)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たサントリー

    サントリー「DAKARA」南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たぴあ

    ぴあ関西版「魂のランググルメ」(ぴあ)隔週木曜日南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た吉本興業

    南海キャンディーズ(なんかいキャンディーズ)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属する漫才コンビ。略称は南キャン、南海。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た足軽エンペラー

    山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘いコンビ結成。コンビ名はザ・プラン9が命名した。同年にM-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながらも決勝に進出し(麒麟枠)、準優勝を果たした。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)に沈んだ。敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは向き合い続けます!」と語っている。2008年大会には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしく、これには山崎も同調している。2010年大会は出場を見送った。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たゆず (音楽グループ)

    2006年1月18日発売のゆずのアルバム「リボン」の「チェリートレイン」に声で出演。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たすずらん (お笑い)

    当初は可愛らしさを意識して、わずかな期間だけ「すずらん」という名前で活動していた。しかし、札幌吉本にもすずらんがいたために改名する事になった。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

110件中 21 - 30件表示

「南海キャンディーズ」のニューストピックワード