110件中 31 - 40件表示
  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た大島美幸

    「auの学割 ―ライブステージ篇/U(アンダー)25家族セット割 ライブMC篇」山里のみ(モーニング娘。'14、森三中(大島美幸・黒沢かずこ)、哀川翔と共演)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たラジオ

    山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘いコンビ結成。コンビ名はザ・プラン9が命名した。同年にM-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながらも決勝に進出し(麒麟枠)、準優勝を果たした。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)に沈んだ。敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは向き合い続けます!」と語っている。2008年大会には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしく、これには山崎も同調している。2010年大会は出場を見送った。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た爆笑オンエアバトル

    爆笑オンエアバトル』に出演経験はないが、以前のコンビ「足軽エンペラー」と「西中サーキット」時代にそれぞれ1回だけ出演経験がある(足軽エンペラーは273KBで8位オフエア、西中サーキットは153KBで10位オフエアだった)。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た夫婦道

    夫婦道(2007年、TBSテレビ)高鍋夏萌 役(山崎)、狭山茶「高鍋園」の客 役(山里・第2話)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たケーキ

    お笑いコンビ「足軽エンペラー」の解散後、ピン芸人「イタリア人」として活動していたが鳴かず飛ばずだった山里が、当時「西中サーキット」を解散し「山崎二宮」として活動していた山崎をケーキバイキングに誘い、自分で考えた漫才のネタを書いたノートを渡しコンビ結成を誘う。山崎は当初告白されると思い戸惑いながらノートを読むが字が下手だったため「顔も字も気持ち悪い」と思ったという。しかし、「当時の相方二宮が男前でネタに集中できなかったが山里ならその心配はない(「生理的に受け付けないルックス」とまでTVで公言している)」と考えコンビを結成した。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た上方漫才大賞

    2005年 第40回上方漫才大賞 優秀新人賞南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た

    二人揃って大きく両を上に上げながら出てきて決めポーズ(山里が向かって顔だけ観客に向けて体を左に向いて腕組み、山崎は正面を向いて右手を右膝の上に乗せて右半身を前に出す)をし、山里が「ど〜も〜 南海キャンディーズでーす」、山崎が指で作った拳銃で観客席を狙い「バン」と発声したあと、山里が「いやー、セクシーすぎてごめんなさいね」という登場の仕方をする。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た福岡ソフトバンクホークス

    先輩の勧めで「南海ホークス」に改名し、山里は「門田」という名前を名乗った。しかし、2人とも野球に詳しくない事で、ネタに行き詰まりを感じ、現在の「南海キャンディーズ」に再び改名した。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たラブ★コン

    ラブ★コン(2006年、松竹)小泉理恵 役(山崎)、理恵のカレシ 役(山里)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たM-1グランプリ

    山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘いコンビ結成。コンビ名はザ・プラン9が命名した。同年にM-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながらも決勝に進出し(麒麟枠)、準優勝を果たした。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)に沈んだ。敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは向き合い続けます!」と語っている。2008年大会には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしく、これには山崎も同調している。2010年大会は出場を見送った。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

110件中 31 - 40件表示

「南海キャンディーズ」のニューストピックワード