110件中 51 - 60件表示
  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た山里亮太の不毛な議論

    2015年、山崎がボクサーを引退。同年12月16日、『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)に山崎がドラマの撮影先である岩手から中継でゲスト出演。コンビ2人で過去を振り返った後、2016年のM-1に向けて頑張ることを誓い合った。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た東京グローブ座

    コンビでの単独ライブは結成以来、一度も行われていなかったが、2017年11月16日に放送された山里のラジオ『山里亮太の不毛な議論』にて、2018年2月16日・17日に東京グローブ座にて、初の単独ライブ「不毛な議論 presents 南海キャンディーズ初単独ライブ『他力本願』」を開催することを発表。予定通り催された。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た南海キャンディーズ 山里亮太のヤンピース フライデースペシャル

    南海キャンディーズ 山里亮太のヤンピース フライデースペシャル(2006年 - 、ニッポン放送)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た笑える恋はしたくない

    笑える恋はしたくない(2006年、TBSテレビ)長井鈴音 役(山崎)、ある男 役(山里・最終話)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円

    ザ・イロモネア(2005年4月5日、TBSテレビ)FINALステージ敗退。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た働くおっさん劇場

    働くおっさん劇場(フジテレビ)副音声での出演南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たコマーシャルメッセージ

    山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘いコンビ結成。コンビ名はザ・プラン9が命名した。同年にM-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながらも決勝に進出し(麒麟枠)、準優勝を果たした。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)に沈んだ。敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは向き合い続けます!」と語っている。2008年大会には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしく、これには山崎も同調している。2010年大会は出場を見送った。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た字幕

    元々は両名とも、バラエティ番組ではテレビの字幕でも通称で書かれる事が多く、ほぼ芸名に等しくなっているが、最近では、テレビドラマ出演などに関しては両名とも本名名義で活動している。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たG.I.ゴロー

    G\.I\.ゴロー(2010年4月 - 9月20日、TBSテレビ)南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た子ぎつねヘレン

    子ぎつねヘレンとゆかいな仲間たち(2006年)映画『子ぎつねヘレン』の外伝的ショートムービー集、「バー・きたきつね」に出演南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

110件中 51 - 60件表示

「南海キャンディーズ」のニューストピックワード