前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1178件中 1 - 10件表示
  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1944年には国からの強い要請を受け、長い歴史を有する南海鉄道(南海)と新設合併する形で今に至る近畿日本鉄道(近鉄)が発足、資本金23,147万円、総延長約630kmの路線を有する日本最大の民営鉄道会社となった。この時点では上本町・名古屋・天王寺・難波の4営業局体制であった。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史

    日本の鉄道史から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    また、1904年(明治37年)には、軌道でなく鉄道に準拠する路線では初の電車運転を、甲武鉄道が開始している。近郊区間では、蒸気列車より電車列車のほうが優位であることは明らかとなり、南海鉄道など国有化を免れた私鉄では、明治末より電車の投入を開始した。日本の鉄道史 フレッシュアイペディアより)

  • 南海グループ

    南海グループから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海グループ(なんかいグループ)は、南海電気鉄道を中心とした企業グループである。「南海電鉄グループ」とも称される。南海グループ フレッシュアイペディアより)

  • 堺市

    堺市から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    東区では、早くから高野沿線で住宅開発が行われ、南海鉄道(現・南海電気鉄道)の分譲による初芝住宅や、街の中央に噴水広場を設けた大美野の高級邸宅街が昭和初期に開発されている。戦前は堺市街の東縁・東郊に過ぎなかった北区は、戦後金岡団地・新金岡団地・中百舌鳥公園団地等の開発で急速に市街化した。1987年には御堂筋線が中百舌鳥駅まで延伸されている。また、この地域は美原区を中心に河内鋳物師ゆかりの地である。現在は何れの区も典型的な大阪市のベッドタウンとなっている。堺市 フレッシュアイペディアより)

  • 通勤形車両 (鉄道)

    通勤形車両 (鉄道)から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    初期の電車は木造車体であったが、1923年以降鋼鉄製車体の電車が登場し、電車はより大型化していく。1929年以降、鉄道省や南海鉄道、大阪電気軌道などには20 - 21m電車が出現するが、電車の客用ドア数は片側3ドアが最大であった。通勤形車両 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 紀勢本線

    紀勢本線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    IC乗車カードは、和歌山駅が「ICOCA」の近畿圏エリアに、和歌山市駅が「ICOCA」と相互利用できる「PiTaPa」の利用エリアに含まれているのみで、紀勢本線はエリア外となっている。JR西日本の管轄区間では、アーバンネットワークの末端である和歌山駅と南海電気鉄道が管理する和歌山市駅をのぞき、自動改札機は設置されていない。紀勢本線 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山電気鉄道

    高野山電気鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    高野山電気鉄道(こうやさんでんきてつどう)は、現在の南海高野線の高野下駅 - 極楽橋駅間(鉄道線)と、南海鋼索線の極楽橋駅 - 高野山駅間(鋼索線)に当たる路線を建設・経営していた会社である。法人としては現在の南海電気鉄道の直接の前身にあたる。高野山電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 阪和電気鉄道

    阪和電気鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1926年に設立され(路線免許交付は1923年)、1940年に南海鉄道に合併された。阪和電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪電気鉄道

    京阪電気鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1922年に和歌山水力電気を買収したことで直営路線(京阪和歌山支社)となったものである。すなわち京阪が本来の営業エリアではなく飛地(和歌山県)で路線を持っていた。事業整理の一環で1930年には合同電気へ譲渡された。なお、この路線はその後も変遷を遂げ、南海電気鉄道の路線(和歌山軌道線)となった後、1971年までに廃止された。京阪電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 自動列車停止装置

    自動列車停止装置から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海電気鉄道(将来的にATS-PN(JRのATS-PNとは別)に移行の予定)自動列車停止装置 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1178件中 1 - 10件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード