前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1314件中 1 - 10件表示
  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1944年(昭和19年)には国からの強い要請を受け、長い歴史を有する南海鉄道(南海)と新設合併する形で今に至る近畿日本鉄道(近鉄)が発足、資本金2億3147万円、総延長約630kmの路線を有する日本最大の民営鉄道会社となった。この時点では上本町・名古屋・天王寺・難波の4営業局体制であった。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史

    日本の鉄道史から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1885年(明治18年)には、関西経済界の重鎮、藤田伝三郎・松本重太郎らが発起人として設立した阪堺鉄道が難波駅 - 大和川駅(後に廃止)間を開業するが、これは後に南海鉄道(現在の南海電気鉄道)の南海本線の一部となり、純民間資本としては現存する最古の私鉄となっている。日本の鉄道史 フレッシュアイペディアより)

  • 堺市

    堺市から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    東区では、昭和初期から高野沿線で住宅開発が行われ、南海鉄道(現・南海電気鉄道)の分譲による初芝住宅や、街の中央に噴水広場を設けた大美野の高級邸宅街が開発されている。戦前は堺市街の東縁・東郊に過ぎなかった北区は、戦後金岡団地・新金岡団地・中百舌鳥公園団地等の開発で急速に市街化した。1987年には御堂筋線が中百舌鳥駅まで延伸されている。また、この地域は美原区を中心に河内鋳物師ゆかりの地である。現在は何れの区も典型的な大阪市のベッドタウンとなっている。堺市 フレッシュアイペディアより)

  • 南海グループ

    南海グループから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海グループ(なんかいグループ)は、南海電気鉄道を中心とした企業グループである。「南海電鉄グループ」とも称される。南海グループ フレッシュアイペディアより)

  • 紀勢本線

    紀勢本線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    JR西日本の管轄区間では、海南駅 - 和歌山駅間の各駅と南海電気鉄道が管理する和歌山市駅で、自動改札機が設置されている。新宮駅 - 和歌山市駅間が「ICOCA」の近畿圏エリアに含まれており、新宮駅 - 海南駅の特急停車駅と海南駅 - 和歌山市駅の各駅でICOCAなどのIC乗車カードが利用できる。ただし、新宮駅 - 海南駅は乗車券機能のみ利用可能で、ICOCA定期券は発売されない。紀勢本線 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山電気鉄道

    高野山電気鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    高野山電気鉄道(こうやさんでんきてつどう)は、現在の南海高野線の高野下駅 - 極楽橋駅間(鉄道線)と、南海鋼索線の極楽橋駅 - 高野山駅間(鋼索線)に当たる路線を建設・経営していた会社である。法人としては現在の南海電気鉄道の直接の前身にあたる。高野山電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 淡路鉄道

    淡路鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    戦後は、1947年(昭和22年)には電化工事が始まり、翌1948年(昭和23年)に電化が完成して南海電鉄から購入した電車の運行を開始した。1952年(昭和27年)には、前年の国衙踏切での事故を受け踏切の自動化を、さらに同年には閉塞装置の自動化をそれぞれ成し遂げ、列車本数の倍増、木造車の鋼体化、ドアエンジンの採用、さらには最新の駆動装備の試験的導入などの施策がとられた。淡路鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    3月1日に南海鉄道を親会社とする「南海軍(なんかいぐん)」が結成され(運営会社は「南海野球株式会社」)、関西の私鉄界では阪神電気鉄道、阪神急行電鉄(阪急)に続く3番目のプロ野球球団となった。阪神の細野躋や阪急の小林一三が南海の寺田甚吉社長と小原英一取締役に設立を勧め、寺田のツルの一声で決まったとされている。誕生に際しては「陣痛の苦しみを知らぬおおらかさで産声を上げた」と『南海ホークス四十年史』で記述されている。本拠地は大阪府堺市の堺大浜球場。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 通勤形車両 (鉄道)

    通勤形車両 (鉄道)から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    初期の電車は木造車体であったが、1923年(大正12年)以降鋼鉄製車体の電車が登場し、電車はより大型化していく。1929年(昭和4年)以降、鉄道省や南海鉄道、大阪電気軌道などには20 - 21 m級の電車が出現するが、電車の客用ドア数は片側3ドアが最大であった。通勤形車両 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 阪和電気鉄道

    阪和電気鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1926年に設立され(路線免許交付は1923年)、1940年に南海鉄道に合併された。阪和電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1314件中 1 - 10件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード