1178件中 91 - 100件表示
  • 橋本市

    橋本市から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    橋本駅はJRと南海の乗換駅としての機能が強い。橋本市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

    日本の鉄道事故 (1950年から1999年)から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    大阪府泉南郡泉南町(現在の泉南市)の南海電気鉄道南海本線「樽井9号踏切」で立ち往生していた大型トラックに、難波発和歌山市行き下り急行電車(11001系電車5両編成)が衝突し、その弾みで男里川橋梁から1, 2両目が川に転落して5名が死亡、208名が重軽傷を負った事故である。直接の原因は、狭い踏切(ただし、大型車に対する通行規制はなかった)に進入した大型トラックが立ち往生しているのに急行電車の運転士が気付き、非常制動を行ったものの間に合わず衝突し、脱線転覆したことである。日本の鉄道事故 (1950年から1999年) フレッシュアイペディアより)

  • 財閥

    財閥から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    藤田財閥(大阪府、鉱業)(創業者:藤田伝三郎、流れを汲む企業:藤田組、南海電気鉄道、小坂鉄道、太平興業、片上鉄道、藤田観光、東海汽船など)財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道車両の台車史

    鉄道車両の台車史から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    この構想に忠実に従って設計された台車の一つに扶桑金属工業FS-1がある。ユーザーである国鉄と南海電鉄が与えた形式名をそれぞれDT14(TR37)・F-24と称するこの台車は、新しいウィングばね式の軸箱支持機構を備え、従来通り重ね板ばねによる枕ばねを揺れ枕で支える、過渡的な形態を備えていた。だが、それでもこれは在来品と比較して優秀な乗り心地と走行特性を示し、高速台車振動研究会の研究成果を実証するものであった。鉄道車両の台車史 フレッシュアイペディアより)

  • 御堂筋

    御堂筋から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    ミナミ: 大丸前(大丸心斎橋店)→道頓堀橋南詰(道頓堀)→難波(大阪難波駅)→難波西口(南海難波駅・高島屋大阪店)御堂筋 フレッシュアイペディアより)

  • あいりん地区

    あいりん地区から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    大まかには北をJR西日本関西本線・大阪環状線、西を南海本線・高野線、東を旧南海天王寺支線跡に囲まれた三角形の地域で、西成区萩之茶屋・太子などに該当する。あいりん地区という名称は、1966年5月に国や自治体などの行政機関と報道機関が使用の取り決めを行った名称であるが、釜ヶ崎は被差別部落の旧名の類ではないので、いわゆる差別用語には該当しない。地元では依然、釜ヶ崎や略称の「釜」などと呼ばれることが多い。あいりん地区 フレッシュアイペディアより)

  • 定期乗車券

    定期乗車券から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海電気鉄道では、「ラピート」と「サザン」の全列車と「りんかん」1 - 7・9・11・13号の座席を1か月単位で購入できる定期特別急行券・定期座席指定券がある。特急券と座席指定券のみなので、乗車する際には他の乗車券類が必要となる。詳しくは当該項目を参照のこと。定期乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪フィルハーモニー交響楽団

    大阪フィルハーモニー交響楽団から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    7月 大阪市西成区岸里の南海天下茶屋車庫跡地に「大阪フィルハーモニー会館」が完成。交響楽団、協会がともに移転。これにより、交響楽団がかねてから念願の自前の練習場を確保するとともに、楽団と協会の同居を実現した。大阪フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道コレクション

    鉄道コレクションから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    昭和期の鋼製有蓋緩急車と大正 - 昭和初期の木造有蓋車のセット。ワフは元南海電気鉄道ワブ500形タイプ。鉄道コレクション フレッシュアイペディアより)

  • 集電装置

    集電装置から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    C形: A形を基本に改良を施したもので、戦前の日本国内電気鉄道向けパンタグラフのデファクトスタンダードとして、改良を重ねつつ同社製品の顧客であった南海・京阪・阪和・名鉄などの各社に大量納入された。なお、鉄道省でも上述の通りPS2として初期モデルが制式採用されている。集電装置 フレッシュアイペディアより)

1178件中 91 - 100件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード