1314件中 91 - 100件表示
  • 泉大津駅

    泉大津駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    泉大津駅(いずみおおつえき)は、大阪府泉大津市旭町にある、南海電気鉄道南海本線の駅。駅番号はNK20。泉大津駅 フレッシュアイペディアより)

  • 南海和歌山軌道線

    南海和歌山軌道線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    和歌山軌道線(わかやまきどうせん)は、和歌山県和歌山市内で運行されていた南海電気鉄道の軌道路線。南海和歌山軌道線 フレッシュアイペディアより)

  • 清風南海中学校・高等学校

    清風南海中学校・高等学校から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    現在は学校法人清風南海学園の運営する泉北地域(大阪府高石市綾園)の共学中高一貫校であるが、元々は南海電気鉄道が設立した、南海電鉄の運転士を養成する学校法人南海学園南海高等学校(定時制、電気科)が母体である。社会状況の変化により、南海高等学校は1960年代初頭には入学者が皆無となり、廃校も検討されるようにようになった。しかし、かねてから堺市教育委員会や泉北地域の各自治体から地域への高校新設要望があり、学校法人清風学園理事長・平岡宕峯が「泉北地域に男子校の私立高校を新設したい」という構想をもっていたことなど、南海電鉄と清風学園の要望が一致し、学校法人南海学園を清風学園に譲渡する形で「学校法人清風南海学園」が設立された。清風南海中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 堺駅

    堺駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    堺駅(さかいえき)は、大阪府堺市堺区戎島町3丁にある、南海電気鉄道南海本線の駅。駅番号はNK11。堺駅 フレッシュアイペディアより)

  • 浪速区

    浪速区から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    明治時代以後は1885年(明治18年)に阪堺鉄道(後の南海鉄道)の難波駅が、1889年(明治22年)には大阪鉄道(後の関西鉄道、現在の西日本旅客鉄道)の湊町駅(現在のJR難波駅)が開業し、奈良県や和歌山県の木材や農産物などが集まった。木津には大きな市場(現在の木津地方卸売市場)ができ、日本橋以南の堺筋は松坂屋ほか商店、古物商や古本屋が軒を並べる繁華街となった。また1903年(明治36年)の第5回内国勧業博覧会以後は新世界がレジャーセンターになるなど遊興地としても栄えた。一方、市街地の拡大に伴い、大正時代には堺筋の裏側に長町スラムが広がっていたため、当時の大阪市は画期的な鉄筋アパートを建設するなどこの地域の社会改善、住宅改良に力を入れた。スラムは西成区釜ヶ崎に移転し、現在のあいりん地区となった。浪速区 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪1900系電車

    京阪1900系電車から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    なお、この系統の台車は京阪以外では、初の実用化例となった南海電気鉄道阪堺線(→阪堺電気軌道)モ501形用KS-53(1957年)、それにその増備としての351形用KS-69(1962年)と路面電車では長期使用が続けられている例が複数あるものの、高速鉄道では京阪神急行電鉄(→阪急電鉄)が1300・2000・2100・2300の各系列にそれぞれ若干数を使用したに留まり、その意味でも京阪の車両を特徴付ける台車といえる。京阪1900系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道車両の台車史

    鉄道車両の台車史から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    この構想に忠実に従って設計された台車の一つに扶桑金属工業FS-1がある。ユーザーである国鉄と南海電鉄が与えた形式名をそれぞれDT14(TR37)・F-24と称するこの台車は、新しいウィングばね式の軸箱支持機構を備え、従来通り重ね板ばねによる枕ばねを揺れ枕で支える、過渡的な形態を備えていた。だが、それでもこれは在来品と比較して優秀な乗り心地と走行特性を示し、高速台車振動研究会の研究成果を実証するものであった。鉄道車両の台車史 フレッシュアイペディアより)

  • 阪堺電気軌道阪堺線

    阪堺電気軌道阪堺線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    この動きを受けて、2006年12月に堺市が、阪堺電気軌道と親会社の南海電気鉄道のグループとのLRTに関する非公式事前協議で、グループ側から提案された相互乗り入れを受け入れる意向を示した。このため、同路線の存続と、2010年度を目途にLRTとの相互乗り入れ実現を目指す方向で話が進んでいた。阪堺電気軌道阪堺線 フレッシュアイペディアより)

  • 宇治山田駅

    宇治山田駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1944年(昭和19年)6月1日 - 関急が南海鉄道(現在の南海電気鉄道の前身)と合併、近畿日本鉄道(近日→近鉄)の駅となる。宇治山田駅 フレッシュアイペディアより)

  • 汐ノ宮駅

    汐ノ宮駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1944年(昭和19年)6月1日 - 戦時統合により関西急行鉄道が南海鉄道(現在の南海電気鉄道の前身。後に再独立)と合併、近畿日本鉄道長野線の駅となる。汐ノ宮駅 フレッシュアイペディアより)

1314件中 91 - 100件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード