1314件中 11 - 20件表示
  • 自動列車停止装置

    自動列車停止装置から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海電気鉄道(将来的にATS-PN(JRのATS-PNとは別)に移行の予定)自動列車停止装置 フレッシュアイペディアより)

  • 泉北高速鉄道

    泉北高速鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    泉北高速鉄道株式会社(せんぼくこうそくてつどう、)は、大阪府下で流通センターや泉北高速鉄道線を運営している会社である。本社は大阪府和泉市いぶき野五丁目1番1号(和泉中央駅内)にある。南海電気鉄道の子会社で、準大手私鉄に分類されている。泉北高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪電気鉄道

    京阪電気鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1922年に和歌山水力電気を買収したことで直営路線(京阪和歌山支社)となったものである。すなわち京阪が本来の営業エリアではなく飛地(和歌山県)で路線を持っていた。事業整理の一環で1930年には合同電気へ譲渡された。なお、この路線はその後も変遷を遂げ、南海電気鉄道の路線(和歌山軌道線)となった後、1971年までに廃止された。京阪電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 河内長野市のニュータウン

    河内長野市のニュータウンから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海高野線の千代田駅、河内長野駅、三日市町駅、美加の台駅の4駅を中心とした近隣の丘陵地域に各住宅地・団地がある。ただし、先述の通り南海電鉄が一帯をニュータウン開発をしたわけではないため、駅周辺は高野街道に代表されるような昔ながらの町並みが残っている地域が多く、その郊外にニュータウンを形成している。そういった過程から、駅周辺の再開発は遅れていたが、平成以降にノバティながのやフォレスト三日市などの駅ビルをはじめとした駅前整備がなされた。河内長野市のニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 泉佐野市立図書館

    泉佐野市立図書館から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海電気鉄道南海本線 泉佐野駅 徒歩約20分泉佐野市立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 特急形車両

    特急形車両から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    私鉄においては、必ずしも有料列車を運行している会社のみが専用車両を保有している訳ではない。また、動力分散方式を以前から採用している。私鉄の特急列車は1926年に運行開始した南海鉄道(現:南海電気鉄道)が嚆矢とされるが、使用していた車両は急行にも使用していた電7系電車であり、最初から特急専用で使用していたわけではない。登場時から特急で使用された車両は料金不要車両では新京阪鉄道P-6形電車が嚆矢とされる。有料特急車両では東武デハ10系電車が嚆矢とされるが、これらは後継車両への置き換えにつれて後に一般車に格下げされている。便宜上、派生種別を専用とする車両も含めて解説している。特急形車両 フレッシュアイペディアより)

  • 準急列車

    準急列車から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    関西から南紀白浜温泉へ湯浴みをしに行く客のための列車で、大阪 - 和歌山間で競合路線を有していた南海鉄道(現、南海電気鉄道)と阪和電気鉄道(JR阪和線の当時の運営会社)の両私鉄へそれぞれ国鉄の客車が乗り入れ、東和歌山駅(現、和歌山駅)で両社からの車両を併結・分割する形で運行した。準急列車 フレッシュアイペディアより)

  • エイチ・ツー・オー リテイリング

    エイチ・ツー・オー リテイリングから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    その一方で2012年(平成24年)3月29日に商業施設の空きスペースなどでワゴンを利用した物販を展開していた子会社のエイチディ・プランニング・ウエストを南海電気鉄道に売却して同事業から撤退することを発表し、神戸阪急の閉店に伴って同店の隣接地で営業している神戸モザイクを運営するタクトの発行済み株式の40%の保有株全てを2012年(平成24年)4月1日付で三菱倉庫に譲渡して神戸ハーバーランドから撤退するなど子会社の売買を含めた事業再編が進められている。エイチ・ツー・オー リテイリング フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山線

    和歌山線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    五条駅の先で左手にカーブをして別れるような空き地があるが、これが五新線となる場所であった。太平洋戦争前に五条駅から新宮駅まで計画されていたが、採算性などの問題から未成線となった。途中の城戸付近まで路盤や橋梁、トンネルが完成しており、国鉄時代に一般車の通行できないバス専用道として整備され、国鉄バス→西日本ジェイアールバス阪本線(ジェイアールバスの撤退以降は奈良交通)のバスが利用していたが、利用者減やトンネルの老朽化により2014年9月限りで運行が廃止された。五新線との分岐点の先で寿命川を渡ると大和二見駅で、右側からは京奈和自動車道が接近してくる。1982年までこの駅から貨物支線が分岐していたため、五条駅付近と同じく左手にカーブをして別れる廃線跡の土地が見える。左にカーブしながら国道24号をくぐり、左手に上野公園を眺めながら今度は右にカーブをすると、左手には吉野川が見え始めると、和歌山県橋本市に入って隅田駅で、この付近から住宅が目立つようになる。下兵庫駅と続いて、国道24号を再びくぐり、南海高野線を越えると橋本駅に到着する。橋本駅は南海高野線との接続駅で、かつて橋本鉄道部が設けられていたが、2009年に和歌山支社直轄となり、同鉄道部に代わって橋本運転区が設けられていた。2012年に橋本運転区は旧和歌山列車区の運転士部門と統合されて廃止された。和歌山線 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢電気鉄道

    伊勢電気鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    桑名以北からの名古屋直通は、伊勢電気鉄道が参宮急行電鉄に吸収合併された後の1938年(昭和13年)に、参宮急行電鉄系列の関西急行電鉄(関急電)の手によって実現している。その後いくつかの変遷を経て、1944年(昭和19年)には現在の近畿日本鉄道(近鉄)が発足した(厳密には旧南海鉄道の路線を含んでおり、これは1947年(昭和22年)に南海電気鉄道として分離した)。伊勢電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

1314件中 11 - 20件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード