1178件中 21 - 30件表示
  • エイチ・ツー・オー リテイリング

    エイチ・ツー・オー リテイリングから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    その一方で2012年(平成24年)3月29日に商業施設の空きスペースなどでワゴンを利用した物販を展開していた子会社のエイチディ・プランニング・ウエストを南海電気鉄道に売却して同事業から撤退することを発表し、神戸阪急の閉店に伴って同店の隣接地で営業している神戸モザイクを運営するタクトの発行済み株式の40%の保有株全てを2012年(平成24年)4月1日付で三菱倉庫に譲渡して神戸ハーバーランドから撤退するなど子会社の売買を含めた事業再編が進められている。エイチ・ツー・オー リテイリング フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢電気鉄道

    伊勢電気鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    桑名以北からの名古屋直通は、伊勢電気鉄道が参宮急行電鉄に吸収合併された後の1938年(昭和13年)に、参宮急行電鉄系列の関西急行電鉄(関急電)の手によって実現している。その後いくつかの変遷を経て、1944年(昭和19年)には現在の近畿日本鉄道(近鉄)が発足した(厳密には旧南海鉄道の路線を含んでおり、これは1947年(昭和22年)に南海電気鉄道として分離した)。伊勢電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 貴志駅

    貴志駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海電気鉄道からの移管以前・以後を通じてスルッとKANSAI対応のカードは使用できない。朝夕・混雑時のみ有人集札を実施し、小山商店では回数券と一日乗車券のみ販売している。貴志駅 フレッシュアイペディアより)

  • 友ヶ島汽船

    友ヶ島汽船から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    友ヶ島は戦後、南海電鉄グループにより観光開発が進められたため、同航路も南海グループの南汽観光が運航していた(当時は、和歌山市に近い加太港からと、大阪寄りの深日港からの2航路を運航していた)。友ヶ島汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 阪堺鉄道

    阪堺鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    阪堺鉄道(はんかいてつどう)は、南海電気鉄道の前身となる鉄道事業者。現在の南海本線難波駅 - 堺駅間を開業させた。日本鉄道と東京馬車鉄道に次ぎ、日本で3番目の民営鉄道事業者(私鉄)であるということにて特筆される。阪堺鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 伊太祈曽駅

    伊太祈曽駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    2006年(平成18年)4月1日に当駅が南海電鉄から和歌山電鐵に譲渡されたが、その際に伊太祁曽駅から現駅名に改称された。和歌山電鐵は、駅名標やパンフレット等の表記について、折を見て修正していく方針としており、駅名標、案内サイン等は旧駅名がそのまま存在している。伊太祈曽駅 フレッシュアイペディアより)

  • 河内長野市のニュータウン

    河内長野市のニュータウンから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海高野線の千代田駅、河内長野駅、三日市町駅、美加の台駅の4駅を中心とした近隣、もしくはその付近の丘陵地域に各団地がある。全域が河内長野市に含まれる。平成20年3月末現在の市内全体の開発面積は約798.8haで、世帯数は22,204世帯、人口は58,016人である。河内長野市のニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム和歌山号

    ドリーム和歌山号から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    東京 - 和歌山間の夜行高速バスは、1988年3月3日より東京急行電鉄バス(現:東急バス)と南海電鉄バス(現:南海バス→南海ウイングバス南部)の共同運行による、渋谷駅 - 和歌山駅・和歌山市駅間の「サザンクロス」(南海)と「ミルキーウェイ」(東急)で運行開始したのが始まりである。鉄道では直行できない区間を結ぶ路線でもあり、利用率は好調に推移していた。ドリーム和歌山号 フレッシュアイペディアより)

  • とくしまCITY

    とくしまCITYから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1972年に開店した南海ショッピングセンターがその前身で、1983年、なんばCITYに次ぐ2店目のCITY「とくしまCITY」としてリニューアルした。当時の運営会社は南海グループの株式会社南海徳島ビルディングで、南海電鉄の連結子会社だったが、2004年、共同所有者だった株式会社濱口商店に全株式が譲渡され、南海グループを離脱した。現在の運営会社は徳島シティビルディング株式会社である。とくしまCITY フレッシュアイペディアより)

  • 阪急・阪神経営統合

    阪急・阪神経営統合から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    2009年3月20日には阪神なんば線の西九条 - 大阪難波間が開通し、神戸と梅田間を結ぶ役割以外にもミナミや近畿日本鉄道・南海電気鉄道沿線間を結ぶ役割が生まれている。阪急・阪神経営統合 フレッシュアイペディアより)

1178件中 21 - 30件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード