1314件中 21 - 30件表示
  • 合同電気

    合同電気から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    合同電気はこれ以外にも、和歌山県において南海鉄道との間で供給区域の交換を実施した。合同電気が譲渡したのは伊都郡高野町・九度山町における事業および関連財産、南海鉄道から譲り受けたのは海草郡5か村における事業および関連財産で、いずれも配電線以下の設備である。1932年4月に交換を完了した。合同電気 フレッシュアイペディアより)

  • 貴志駅

    貴志駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海電気鉄道時代は有人駅で、駅の隣側に倉庫が建てられていた。貴志川線の和歌山電鐵への移管に伴い2006年4月1日から無人駅とされた。この際に駅と倉庫の間に置かれていた猫小屋が、土地が紀の川市の公有地となったため撤去を求められ、「猫たちを駅の中に住まわせてもらえないか」とたま達の飼い主から相談を受けた和歌山電鐵社長の小嶋光信が「たまを駅長に就任させる」というアイデアを打ち出した。貴志駅 フレッシュアイペディアより)

  • 新日鐵住金和歌山製鐵所

    新日鐵住金和歌山製鐵所から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海和歌山市駅からバスで15分新日鐵住金和歌山製鐵所 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神電気鉄道

    阪神電気鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    保有路線は以下の通り。阪神なんば線の開業に伴い、山陽電気鉄道に加え近鉄とも直通乗車、阪急に加え南海とも直接乗り換え可能になり、関西の大手私鉄5社(阪神・阪急・京阪・近鉄・南海)のうち京阪をのぞく4社がJRや地下鉄を介さずに直接乗り換えることが可能になった。阪神電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • プール学院大学

    プール学院大学から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    泉北高速鉄道泉ヶ丘駅南側1番乗り場から50系統金剛駅前行き、または南海高野線金剛駅西側4番乗り場から50系統泉ヶ丘駅行きで「プール学院前」下車。南海高野線河内長野駅からの路線もある。プール学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

    日本の鉄道事故 (1950年から1999年)から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    大阪府堺市香ヶ丘町の南海電気鉄道高野線我孫子前駅 - 浅香山駅間の大和川橋梁南詰付近で、難波発三日市町行き直行電車(4両編成)が線路上に置かれた重さ約20kgの石に乗り上げ、1両目が脱線し、架線の鉄柱に衝突した。電車には約200人が乗車して満員状態だったが、この事故で乗客など十数人が負傷した。日本の鉄道事故 (1950年から1999年) フレッシュアイペディアより)

  • 中道駅

    中道駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    中道駅(なかみちえき)は、かつて大阪府大阪市阿倍野区に存在した、南海電気鉄道上町線(現、阪堺電気軌道)の駅(停留所)。中道駅 フレッシュアイペディアより)

  • 阪堺鉄道

    阪堺鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    阪堺鉄道(はんかいてつどう)は、南海電気鉄道の前身となる鉄道事業者。現在の南海本線難波駅 - 堺駅間を開業させた。日本鉄道と東京馬車鉄道に次ぎ、日本で3番目の民営鉄道事業者(私鉄)であるということにて特筆される。阪堺鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山電気軌道

    和歌山電気軌道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    その後、南海鉄道、近畿日本鉄道、それぞれの傍系会社としての経緯を経て、1947年(昭和22年)3月に近畿日本鉄道の傍系会社から独立し、新たに発足した。和歌山電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海C10001形蒸気機関車

    南海C10001形蒸気機関車から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海C10001形蒸気機関車(なんかいC10001がたじょうききかんしゃ)は、南海電気鉄道が所有していた蒸気機関車である。南海C10001形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

1314件中 21 - 30件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード