1314件中 31 - 40件表示
  • 福井鉄道80形電車

    福井鉄道80形電車から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    80形電車の大元は1921年(大正10年)製造の南海鉄道(現・南海電気鉄道)電5形(モユニ521形)である。モユニ521 - 524の4両が福井鉄道に譲渡され、1948年(昭和23年)に入線、1両1編成の単行列車として福武線を中心に運行した。導入当初は、主電動機出力の違いによって以下のように80形・90形の2形式に分かれていた。福井鉄道80形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 亘信二

    亘信二から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    亘 信二(わたり しんじ、1950年4月12日 - )は、日本の実業家。南海電気鉄道社長兼COO。大阪市出身。亘信二 フレッシュアイペディアより)

  • 阪堺電鉄

    阪堺電鉄から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    開業時、既に大阪府大阪市浪速区の恵美須町駅から大阪府堺市の浜寺駅前までを結ぶ南海鉄道阪堺線(当時。現在の阪堺電気軌道阪堺線)が存在したことから、この南海鉄道阪堺線と区別するため、“新阪堺(線)”と呼ばれていた路線でもある。そして又、大阪市内 - 浜寺間には、同じ軌道線である南海鉄道阪堺線の他に鉄道線という強力な南海鉄道南海本線(現在の南海本線)との競争が存在し、更に沿線は、大阪湾臨海部の過疎地域であった事から旅客営業は芳しくなく、おまけに風水害の被害をよく受けるなどした。阪堺電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山公園動物園

    和歌山公園動物園から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海和歌山市駅から和歌山バス『公園前』下車すぐ和歌山公園動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 松本重太郎

    松本重太郎から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    鉄道は重太郎のもうひとつの柱となる事業分野であった。1884年、重太郎は藤田伝三郎、田中市兵衛らとともに、事実上日本で初めての私鉄として阪堺鉄道を設立した。同鉄道の経営は順調で、高収益をあげたため、さらに重太郎は堺から和歌山まで36マイルの鉄道敷設を計画し1895年南海鉄道を設立、その社長となった。南海鉄道は1898年に阪堺鉄道を吸収合併、ここに難波、和歌山をつなぐ鉄道が完成した。1886年、重太郎らが発起人となって成立した山陽鉄道は1892年までに神戸、三原間の敷設を完了したが、1890年不況の影響で不振となり、工事がストップしたまま、社長の中上川彦次郎が辞任してしまった。1892年社長の就任した重太郎は借入金と社債発行により資金調達の道をつけ、三原、広島間の敷設を1894年までに完成させ、日清戦争期の軍需輸送に貢献した。その後、1898年以降山陽鉄道は三田尻から下関まで軌道を延ばし、関門連絡船を介して九州鉄道との連絡を実現した。そのほか浪速鉄道、阪鶴鉄道、七尾鉄道、豊州鉄道(のちの九州鉄道)、讃岐鉄道などの鉄道にも関係し、重太郎は西日本の鉄道網形成に大きく寄与した。太湖汽船、内国海運、大阪運河会社など海運関係にもかかわりをもった。松本重太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿の駅百選

    近畿の駅百選から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    難波駅(南海電気鉄道、大阪府大阪市中央区)近畿の駅百選 フレッシュアイペディアより)

  • どっきん松山号

    どっきん松山号から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    高速バス路線開設ブームの中、すでに運行されていたオレンジライナーえひめ号(大阪梅田 - 松山市駅)に対抗するかたちで新設された路線である。後発ということもあり、全く同一の設定では立ち行かないと考えられたことから、大阪側の起点を難波・堺に設定したため、西日本ジェイアールバスと当時のJR四国(現在のジェイアール四国バス)に加え、同じく当時の南海電気鉄道(現在の南海バス)も参入することになった。どっきん松山号 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県道114号九度山停車場線

    和歌山県道114号九度山停車場線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    全線にかけて道が狭く、激坂区間になっているが、周辺には南海九度山駅や九度山町立九度山小学校、集落があるため、電車の利用者の通路、小学生の通学路および地元住民の生活道路を。和歌山県道114号九度山停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 種田虎雄

    種田虎雄から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    その後大軌は、子会社である関急電や参急などを統合して関西急行鉄道(関急)となり、さらには大阪鉄道(大鉄)などの合併で現在の近鉄の原型がつくられるが、1944年には政府の命令による南海鉄道との合併がなされ、近畿日本鉄道(近鉄)となった。しかし、戦時中のことであって体制には無理があり、種田は自ら望んだ合併ではなかったと、後にこのことについて述べているが、その初代社長に就任した。だが、空襲などの被災や続発する列車事故への対処などが、近鉄社長時代の仕事の殆どであったといわれている。種田虎雄 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急・阪神経営統合

    阪急・阪神経営統合から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    2009年3月20日には阪神なんば線の西九条 - 大阪難波間が開通し、神戸と梅田間を結ぶ役割以外にもミナミや近畿日本鉄道・南海電気鉄道沿線間を結ぶ役割が生まれている。阪急・阪神経営統合 フレッシュアイペディアより)

1314件中 31 - 40件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード