1178件中 41 - 50件表示
  • 東京馬車鉄道

    東京馬車鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    東京馬車鉄道(とうきょうばしゃてつどう)は、1880年(明治13年)に設立され、かつて東京府東京市において馬車鉄道を運営していた会社。日本初の馬車鉄道であると共に、日本初の私鉄でもある(ただし馬車鉄道であることから、文献では後に開業し蒸気機関を採用した日本鉄道や大阪堺間鉄道(後に阪堺鉄道、南海鉄道、近畿日本鉄道を経て現・南海電気鉄道)を日本初の私鉄と記すものも多い)。東京馬車鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • Sorae

    Soraeから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1994年(平成6年)9月4日に、関西国際空港が開港し、南海電気鉄道が空港特急『ラピート』の運行を始めた。それに伴い、南海高野線や泉北高速鉄道の沿線からの関空へのアクセスも便利にしようとの思いから、南海電気鉄道では、リムジンバスを導入する事になり、バスの名称を一般公募した。その結果、『Sorae』(ソラエ=空へ)が選ばれた。その後、2001年(平成13年)5月23日には、南海電気鉄道がバス事業部門を部門ごと別会社にしたため、現在では、グループ会社の南海バスがSoraeを運行している。運行開始以来、多くの人々が利用しており、現在では、トリヴェール和泉、泉北ニュータウン、南河内地域、堺市中心部からの関空へのアクセスに欠かせない公共交通となっている。Sorae フレッシュアイペディアより)

  • 紀州弁

    紀州弁から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    ザ行とダ行とラ行の混同が著しい(例:全然→でんでん、銅像→どうどう、座布団→だぶとん、残高→だんだか、雑巾→どうきん、身体→かだら)。ザダラ変換とも呼ばれるこのような混同は河内弁や泉州弁や播州弁など近畿地方の京阪神中心部を取り巻く地域の方言に多いが、紀州弁ではとりわけ顕著である。泉州と紀州を走る南海電気鉄道の案内放送では、関西国際空港開港時に改められるまで、「でん車輌だ席指定、特急サダン、和歌山港ゆきでごだいます」のような発音が聞かれた(南海電気鉄道参照)。紀州弁 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道の車両番号

    鉄道の車両番号から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    車番表示の書体は概ね標準的なゴシック体だが、各鉄道営業体に特有の書体を用いる場合もある(阪神電気鉄道、南海電気鉄道、神戸市営地下鉄、名古屋鉄道、東京メトロなど)。細かく見れば、同じゴシック体のようでも各営業体で微妙に異なるのが分かる。またJR各社も、車種片仮名や数字の書式については旧国鉄時代のものを引き継いできたが、21世紀初頭になって西日本旅客鉄道(JR西日本)(207系以降の新型車両、221系は車内ナンバープレートのみ)でのゴナ(および683系・改造諸系列(103・113・201系30/40N更新車含む)などのモリサワ新ゴ)体、東日本旅客鉄道(JR東日本)・近畿日本鉄道(21000系以降の特急形および30000系「ビスタEX」、シリーズ21以降の通勤形)のヘルベチカなど、新型車両での別書体採用、従来型車両での書体変更も見られるようになった。鉄道の車両番号 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山バス

    和歌山バスから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    和歌山バス株式会社(わかやまバス)は、和歌山県北部のバス事業会社。略称は和バス。南海電気鉄道グループ。地域分社として100%子会社の和歌山バス那賀がある。スルッとKANSAI協議会に加盟している。和歌山バス フレッシュアイペディアより)

  • 南海C10001形蒸気機関車

    南海C10001形蒸気機関車から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海C10001形蒸気機関車(なんかいC10001がたじょうききかんしゃ)は、南海電気鉄道が所有していた蒸気機関車である。本項では本形式専用の客車として代用された付随車サハ3801形(初代)についても解説する。南海C10001形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 明光バス

    明光バスから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    明光バス(めいこうバス)は、和歌山県白浜町に本社を置くバス事業者。近鉄グループに属するが南海電気鉄道も大株主となっている。明光バス フレッシュアイペディアより)

  • 近畿の駅百選

    近畿の駅百選から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    難波駅(南海電気鉄道、大阪府大阪市中央区)近畿の駅百選 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪電気軌道

    大阪電気軌道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    大阪府・奈良県境の生駒山地を直線的に越えるため、当初は鋼索鉄道(ケーブルカー)や索道(ロープウェイ)の利用さえも検討されたが、これでは高速都市間電車としての機能が失われることから、箕面有馬電気軌道(現:阪急阪神ホールディングス)の設立にもかかわった同社の筆頭取締役の岩下清周(後に大軌社長)の発案などにより、結局生駒山を複線規格の生駒トンネル(3,388m、当時日本第2位の長さ)で開削し、急勾配区間を大出力モーター搭載の300馬力電車で克服する、という大規模かつ先進的な策で攻略することにした。また計画も、全線が複線電化の標準軌(この当時の関西私鉄は、南海鉄道を除いて全てこの規格であった)路線に変更された。大阪電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • こうや (列車)

    こうや (列車)から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    こうやとは、南海電気鉄道が難波駅 - 極楽橋駅間を南海高野線経由で運行する特急列車である。また、本稿では、難波駅 - 橋本駅間を同線経由で運行する特急列車である「りんかん」についても記す。こうや (列車) フレッシュアイペディアより)

1178件中 41 - 50件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード