1314件中 51 - 60件表示
  • 中空軸平行カルダン駆動方式

    中空軸平行カルダン駆動方式から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    東洋電機製造が、日本初の可撓継手による平行駆動装置2種類(ブラウンボベリのディスク方式にヒントを得た、たわみ板による中空軸カルダンとWN継手に類似の中実軸歯形継手)を1952年11月に京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)京都線751で現車試験をした。この試験の結果を受け、最初の実用中空軸平行カルダン駆動装置を1953年6月に完成した京阪電気鉄道1800型1801用として1セット納入した。駆動機構はモーター側ゴムと歯形継手、ピニオン側にたわみ板継手を使用した。1954年には世界初の1,067mm狭軌用としてたわみ板継手式中空軸カルダン駆動装置を名古屋鉄道と南海電気鉄道に納入し、同年路面電車用として西日本鉄道福岡市内線に投入した1000形に採用された。中空軸平行カルダン駆動方式 フレッシュアイペディアより)

  • 紀州弁

    紀州弁から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    和歌山県ではザ行とダ行とラ行の混同が著しい(例:全然→でんでん、銅像→どうどう、座布団→だぶとん、残高→だんだか、雑巾→どうきん、身体→かだら、動物園の象→ぞうぶつえんのどう)。ザダラ変換とも呼ばれるこのような混同は河内弁や泉州弁や播州弁など近畿地方各地の方言に多いが、紀州弁ではとりわけ顕著である。ザ行はダ行に、ダ行はラ行に変化しやすい。和歌山では、個人により、また丁寧に発音するかぞんざいに発音するかの違いにより、ザ行子音は摩擦音の1から破擦音の2、破裂音の3までの広がりがあり、ダ行は4の破裂が弱まって5になりやすい。一方、これの矯正意識から、誤ってラ行をダ行に、ダ行をザ行に変えてしまうことがある。泉州と紀州を走る南海電気鉄道の案内放送では、関西国際空港開港時に改められるまで、「でん車輌だ席指定、特急サダン、和歌山港ゆきでごだいます」のような発音が聞かれた(南海電気鉄道参照)。 紀州弁 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪鉄道 (2代目)

    大阪鉄道 (2代目)から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1944年(昭和19年)6月 関急は南海鉄道(南海)と合併、近畿日本鉄道(近鉄)が発足(旧南海鉄道の路線は1947年(昭和22年)6月に、再び南海電気鉄道へ分離された)。大阪鉄道 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 交通機関の喫煙規制

    交通機関の喫煙規制から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    関東地方の大手私鉄(東武鉄道・西武鉄道・京成電鉄・京王電鉄・小田急電鉄・東京急行電鉄・京浜急行電鉄・相模鉄道)と新京成電鉄・北総鉄道は、健康増進法が施行された2003年に、喫煙場所を全廃して駅構内を禁煙としている。つくばエクスプレスは2005年開業時当初から、東海地区は名古屋鉄道が2005年1月29日から、九州地区は西日本鉄道が2010年3月27日から、関西地区は2011年から南海電気鉄道・山陽電気鉄道・神戸電鉄・北神急行電鉄・大阪府都市開発・ 阪神電気鉄道が駅構内を全て禁煙とし、阪急電鉄は喫煙場所以外で駅構内全て禁煙で、近畿日本鉄道・京阪電気鉄道は分煙している。交通機関の喫煙規制 フレッシュアイペディアより)

  • 四国の鉄道

    四国の鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    四国島内で最初の鉄道は1888年(明治21年)10月28日に松山(現松山市) - 三津間で開業した伊予鉄道である。日本国内では4番目の私鉄であった。なお、現在まで存続している鉄道会社としては阪堺鉄道(現在の南海電気鉄道の源流)につぎ2番目に古い。四国の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 阪堺電気軌道701形電車

    阪堺電気軌道701形電車から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    阪堺電気軌道モ701形電車(はんかいでんききどうモ701がたでんしゃ)は、1987年に登場した、阪堺電気軌道が保有する路面電車用電車。阪堺電気軌道としてはモ351形以来24年ぶりとなる新車で、南海電気鉄道(南海)から大阪軌道線が分離した後、初めての新車。阪堺電気軌道の主力車両である。阪堺電気軌道701形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 伊太祈曽駅

    伊太祈曽駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    2006年(平成18年)4月1日に当駅が南海電鉄から和歌山電鐵に譲渡されたが、その際に伊太祁曽駅から現駅名に改称された。和歌山電鐵は、駅名標やパンフレット等の表記について、折を見て修正していく方針としており、駅名標、案内サイン等は旧駅名がそのまま存在している。伊太祈曽駅 フレッシュアイペディアより)

  • 集電装置

    集電装置から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    C形: A形を基本に改良を施したもので、戦前の日本国内電気鉄道向けパンタグラフのデファクトスタンダードとして、改良を重ねつつ同社製品の顧客であった南海・京阪・阪和・名鉄などの各社に大量納入された。なお、鉄道省でも上述の通りPS2として初期モデルが制式採用されている。集電装置 フレッシュアイペディアより)

  • スイスホテル南海大阪

    スイスホテル南海大阪から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    スイスホテル南海大阪(スイスホテルなんかいおおさか、Swissôtel Nankai Osaka)は、大阪市中央区難波五丁目の南海なんば駅上に建てられた「南海サウスタワービル(地上36階・高さ147メートル)」内に所在するシティホテルである。ビルの所有者は南海電気鉄道。スイスホテル南海大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 田中市兵衛

    田中市兵衛から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    三菱UFJフィナンシャル・グループ・みどり会に属する双日、ユニチカ、南海電気鉄道や 他、日本生命保険、日本興亜損害保険、阪神電気鉄道、三井倉庫ホールディングス、商船三井、東洋紡、関西電力 何れも第四十二国立銀行が手掛けた事業、関わった事業である。 また田中は 日本銀行創業期に、政治家として、また株主として大きく貢献した。田中市兵衛 フレッシュアイペディアより)

1314件中 51 - 60件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード