1178件中 61 - 70件表示
  • でんでんタウン

    でんでんタウンから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    「日本橋」や「ポンバシ」と通称されることも多いが、北はなんさん通り、南は阪神高速1号環状線えびす町入口付近までにおいて堺筋(日本橋筋)の周辺に展開しているため、最寄り駅は中央区日本橋に位置する日本橋駅や近鉄日本橋駅ではなく、大阪市営地下鉄堺筋線で一駅南の恵美須町駅や南海難波駅となる。メインストリートとなる堺筋には大型量販店等が軒を並べ、LED電光掲示板・防犯カメラが設置されたアーケードと歩道も整備されており、雨天でも傘が不要。でんでんタウン フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山公園動物園

    和歌山公園動物園から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海和歌山市駅から和歌山バス『公園前』下車すぐ和歌山公園動物園 フレッシュアイペディアより)

  • ミナミ

    ミナミから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    島之内・道頓堀・難波・千日前といった地域に広がる繁華街の総称で、これらの地域が大阪市の中心業務地区である船場の南側に位置することや、大半がかつて存在した南区の区域にあたることからミナミと呼ばれている。一般的に道頓堀を東西基軸、心斎橋筋(戎橋以南は戎橋筋)を南北基軸として、北は長堀通、南は南海難波駅、西は西横堀川(現在は埋立。阪神高速1号環状線北行き)、東は堺筋までを指すことが多い。ミナミ フレッシュアイペディアより)

  • 急行形車両

    急行形車両から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    そのほかに小田急電鉄・富士急行・南海電気鉄道・島原鉄道が国鉄への直通準急・急行列車向けに準急形・急行形気動車を保有したことがある。小田急が独自設計であったほかは国鉄の準急形・急行形車両に準じて製作されたが、国鉄にはない両運転台車も製作された。直通列車廃止後はほとんどが他社に譲渡されて地域輸送に使用されたが、島原鉄道のものは直通列車廃止後も自社線内の地域輸送で使用され、2000年まで使用された。急行形車両 フレッシュアイペディアより)

  • 狭山駅

    狭山駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    狭山駅(さやまえき)は、大阪府大阪狭山市池尻中1丁目にある、南海電気鉄道高野線の駅。狭山駅 フレッシュアイペディアより)

  • 関西鉄道

    関西鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    合併によって近畿地方での存在感が高まるにつれ、周辺の私鉄が関西鉄道に合流する動きがでてきた。1904年に紀和鉄道が合併した後、同年に近畿鉄道合同委員会を設け南和鉄道、奈良鉄道が合流した。南海鉄道は委員会に加わったものの合流に至らなかった。関西鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪鉄道 (2代目)

    大阪鉄道 (2代目)から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1944年(昭和19年)6月 関急は南海鉄道(南海)と合併、近畿日本鉄道(近鉄)が発足(旧南海鉄道の路線は1947年(昭和22年)6月に、再び南海電気鉄道へ分離された)。大阪鉄道 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 京阪1900系電車

    京阪1900系電車から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    なお、京阪以外での採用例は、南海電気鉄道阪堺線(→阪堺電気軌道)モ501形・351形と路面電車では長期使用が続けられている例が複数あるものの、高速鉄道では京阪神急行電鉄(→阪急電鉄)が1300・2000・2100・2300の各系列にそれぞれ若干数を使用したに留まり、その意味でも京阪の車両を特徴付ける台車といえる。京阪1900系電車 フレッシュアイペディアより)

  • スト権スト

    スト権ストから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海:増発はしない予定だが、駅員は非番を動員して増員。事前の人出予想は2割増を見込んだ。スト権スト フレッシュアイペディアより)

  • 特急形車両

    特急形車両から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    有料特急としては、東武鉄道「スペーシア」や小田急電鉄「特急ロマンスカー」、西武鉄道「レッドアロー」、京成電鉄「スカイライナー」、名古屋鉄道「ミュースカイ」(名鉄特急)、近畿日本鉄道「アーバンライナー」(近鉄特急)、南海電気鉄道「ラピート」の様に観光地や空港を結ぶ路線の場合にはその会社の顔として特急形車両を保有している。特急形車両 フレッシュアイペディアより)

1178件中 61 - 70件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード