1314件中 61 - 70件表示
  • 鉄道ニュース546

    鉄道ニュース546から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    第25回 2015年05月15日 南海電気鉄道 渡邊浩伸鉄道ニュース546 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ドリーム観光

    日本ドリーム観光から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    4月 - 南海鉄道系列の千日土地建物株式会社として設立日本ドリーム観光 フレッシュアイペディアより)

  • ミナミ

    ミナミから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    島之内・道頓堀・難波・千日前といった地域に広がる繁華街の総称で、これらの地域が大阪市の中心業務地区である船場の南側に位置することや、大半がかつて存在した南区の区域にあたることからミナミと呼ばれている。一般的に道頓堀通を東西基軸、心斎橋筋(戎橋以南は戎橋筋)を南北基軸として、北は長堀通、南は南海難波駅、西は西横堀川(現在は埋立。阪神高速1号環状線北行き)、東は堺筋までを指すことが多い。ミナミ フレッシュアイペディアより)

  • 阪堺電気軌道161形電車

    阪堺電気軌道161形電車から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1928年(昭和3年)に南海鉄道が投入した車両である。161 - 170が同年に川崎車輛(現・川崎重工業車両カンパニー)で、171 - 176が1931年(昭和6年)に田中車両(現:近畿車輛)と大阪鉄工所(現:日立造船)で製造された。阪堺電気軌道161形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 列車愛称

    列車愛称から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    また私鉄では、大阪電気軌道・参宮急行電鉄(大軌・参急、いずれも現在の近畿日本鉄道・近鉄の前身)の伊勢神宮参拝客用の列車に「いすず」・「神風」、京阪電気鉄道(京阪)の琵琶湖観光客用の列車に「びわこ」、愛知電気鉄道(愛電、現在の名古屋鉄道・名鉄の前身の一つ)の都市間特急列車に「あさひ」などといった愛称が、いずれも昭和前期に付けられていたといわれる。なかには、阪和電気鉄道(阪和、現在のJR西日本阪和線を当時運営していた私鉄)・南海鉄道(南海、現在の南海電気鉄道)の両者から国鉄紀勢西線(現在の紀勢本線)に直通する温泉客用の列車に付けられた「黒潮号」という、国鉄・私鉄をまたぐ愛称も存在した。列車愛称 フレッシュアイペディアより)

  • 南海ビルディング

    南海ビルディングから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    大阪市街の南玄関である南海電気鉄道難波駅に併設されたターミナルビルで、御堂筋の南端に位置する。乳白色のテラコッタタイルによるコリント様式の近代建築。久野節(久野節建築事務所)の設計、大林組の施工で、1932年に竣工した。南海ビルディング フレッシュアイペディアより)

  • 大阪電気軌道

    大阪電気軌道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    大阪府・奈良県境の生駒山地を直線的に越えるため、当初は鋼索鉄道(ケーブルカー)や索道(ロープウェイ)の利用さえも検討されたが、これでは高速都市間電車としての機能が失われることから、箕面有馬電気軌道(現:阪急阪神ホールディングス)の設立にもかかわった同社の筆頭取締役の岩下清周(後に大軌社長)の発案などにより、結局生駒山を複線規格の生駒トンネル(3,388m、当時日本第2位の長さ)で開削し、急勾配区間を大出力モーター搭載の300馬力電車で克服する、という大規模かつ先進的な策で攻略することにした。また計画も、全線が複線電化の標準軌(この当時の関西私鉄は、南海鉄道を除いて全てこの規格であった)路線に変更された。大阪電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 根津嘉一郎 (初代)

    根津嘉一郎 (初代)から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    東武鉄道や南海鉄道(現・南海電気鉄道)など日本国内の多くの鉄道敷設や再建事業に関わった。「鉄道王」と呼ばれることで有名。根津嘉一郎 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山駅

    和歌山駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    和歌山県の県庁所在地である和歌山市のJR・和歌山電鐵側における玄関口であり、東西南北に路線が伸びるターミナル駅となっている。地元では同市内にある南海電鉄の和歌山市駅と区別するため、当駅を「和駅」(わえき)、和歌山市駅を「市駅」(しえき)と通称で呼び分けている。和歌山駅 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道の車両番号

    鉄道の車両番号から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    車番表示の書体は概ね標準的なゴシック体だが、各鉄道営業体に特有の書体を用いる場合もある(阪神電気鉄道、南海電気鉄道、神戸市営地下鉄、名古屋鉄道、東京メトロなど)。細かく見れば、同じゴシック体のようでも各営業体で微妙に異なるのが分かる。またJR各社も、車種片仮名や数字の書式については旧国鉄時代のものを引き継いできたが、21世紀初頭になって西日本旅客鉄道(JR西日本)(207系以降の新型車両、221系は車内ナンバープレートのみ、87系気動車および35系客車を除く)でのゴナ(および683系・287系・改造諸系列(103・113・201系30/40N更新車含む)などのモリサワ新ゴ)体、東日本旅客鉄道(JR東日本)・近畿日本鉄道(21000系以降の特急形および30000系「ビスタEX」、シリーズ21以降の通勤形)、北総鉄道の7300形にまで採用されていたヘルベチカ、など、新型車両での別書体採用、従来型車両での書体変更も見られるようになった。鉄道の車両番号 フレッシュアイペディアより)

1314件中 61 - 70件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード