1314件中 71 - 80件表示
  • 関西空港線

    関西空港線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    大阪湾の泉州沖に浮かぶ関西国際空港への空港連絡鉄道である。日根野駅で阪和線から分岐し、大阪方面から同線を経由して空港アクセス列車が乗り入れている。全長3,750 mの関西国際空港連絡橋を渡るりんくうタウン駅 - 関西空港駅間は、ホーム部など両駅構内の一部を除き南海電気鉄道(南海)空港線と線路を共用している。JR西日本のアーバンネットワークの路線に含まれており、ラインカラーは同社のコーポレートカラーである青()が設定されている。路線記号は S 。関西空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 南海空港線

    南海空港線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    空港線(くうこうせん)は、大阪府泉佐野市の泉佐野駅から同府泉南郡田尻町の関西空港駅までを結ぶ南海電気鉄道の鉄道路線。大阪湾の泉州沖にある関西国際空港へのアクセス路線である。路線シンボルマークは、飛行機をイメージしたもの(15px)で、ラインカラーは紫。南海空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 関西空港交通

    関西空港交通から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    関西空港交通株式会社(かんさいくうこうこうつう)は、南海電鉄グループのバス会社で、主に関西国際空港と近畿圏、東海圏、中国・四国地方を結ぶリムジンバス、貸切バスを運行している。関西空港交通 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本ツーリスト

    近畿日本ツーリストから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1944年(昭和19年)6月 - 関西急行鉄道と南海電気鉄道の合併 による「近畿日本鉄道」への社名変更(同6月1日付)に伴い有限会社近畿日本交通社に改称。近畿日本ツーリスト フレッシュアイペディアより)

  • 関西鉄道

    関西鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    合併によって近畿地方での存在感が高まるにつれ、周辺の私鉄が関西鉄道に合流する動きがでてきた。1904年に紀和鉄道が合併した後、同年に近畿鉄道合同委員会を設け南和鉄道、奈良鉄道が合流した。南海鉄道は委員会に加わったものの合流に至らなかった。関西鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道駅

    日本の鉄道駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    浜寺公園駅(明治40年、南海電気鉄道日本の鉄道駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東京馬車鉄道

    東京馬車鉄道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    東京馬車鉄道(とうきょうばしゃてつどう)は、1880年(明治13年)に設立され、かつて東京府東京市において馬車鉄道を運営していた会社。日本初の馬車鉄道であると共に、日本初の私鉄でもある。ただし馬車鉄道であることから、文献では後に開業し蒸気機関を採用した日本鉄道や大阪堺間鉄道(後に阪堺鉄道、南海鉄道、近畿日本鉄道を経て現・南海電気鉄道)を日本初の私鉄と記すものも多い。東京馬車鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海バス

    南海バスから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海バス株式会社(なんかいバス)は、南海電気鉄道自動車部より2001年10月に南海電気鉄道の100%子会社として分離し、発足したバス会社。南海バス フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    南海在籍時代、川勝傳オーナーに「南海を和歌山か四国に移転させませんか?」と提案したことがあった。理由は大阪府・兵庫県に南海を含めて4球団(大阪 - 南海・近鉄、兵庫 - 阪神・阪急)では観客とファンの奪い合いになることもあり、それであれば親会社である南海電鉄沿線の和歌山県かプロ野球のない四国地方への移転をすれば地域に密着した球団になるとの考えからだった。なお、青木一三は著書の中で、川勝オーナーが2度にわたって愛媛県を本拠としていた来島どっくグループ総帥の坪内寿夫に球団売却を持ちかけたと記しているが、その時期は野村の退任後である。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • とくしまCITY

    とくしまCITYから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    2004年(平成16年)9月30日 - 南海電気鉄道が運営から撤退。とくしまCITY フレッシュアイペディアより)

1314件中 71 - 80件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード