1178件中 81 - 90件表示
  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1944年6月から1947年5月まで、南海鉄道と関西急行鉄道の戦時統合によって設立された近畿日本鉄道が運営していた近畿日本軍→近畿グレートリングとの球団の系譜としての繋がりはなく、現在の福岡ソフトバンクホークスの系譜である。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 関西空港線

    関西空港線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    大阪湾の泉州沖に浮かぶ関西国際空港への空港連絡鉄道である。日根野駅で阪和線から分岐し、大阪方面から同線を経由して空港アクセス列車が乗り入れている。全長3,750mの関西国際空港連絡橋を渡るりんくうタウン駅 - 関西空港駅間は、両駅構内をのぞき南海電気鉄道空港線と線路を共用している。JR西日本のアーバンネットワークの路線に含まれており、ラインカラーは同社のコーポレートカラーである青()が設定されている。関西空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 南海空港線

    南海空港線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    空港線(くうこうせん)は、大阪府泉佐野市の泉佐野駅から同府泉南郡田尻町の関西空港駅までを結ぶ南海電気鉄道の鉄道路線。大阪湾の泉州沖にある関西国際空港へのアクセス路線である。路線シンボルマークは、飛行機をイメージしたもので、ラインカラーは紫。南海空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 南海加太線

    南海加太線から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    加太線(かだせん)は、和歌山県和歌山市の紀ノ川駅から加太駅までを結ぶ南海電気鉄道の鉄道路線。南海加太線 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山電気軌道

    岡山電気軌道から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    また2004年に鉄道事業廃止提出書を提出し、廃止が予定されていた南海電気鉄道の貴志川線の事業を引き継ぐことを2005年4月28日に発表し、子会社の和歌山電鐵が2006年4月1日に貴志川線の事業を南海電気鉄道から引き継いだ。他にも名古屋鉄道の岐阜地区600V線区(岐阜市内線・揖斐線・美濃町線・田神線)や日立電鉄、北海道ちほく高原鉄道の廃止後の受け皿として名前が浮上したが、これらは実現することなく廃線となっている(詳細は「事業撤退が表明された鉄道路線の運行支援」の節を参照)。岡山電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢中川駅

    伊勢中川駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    以上のように、1 - 5番線間には全てホームがあり、2 - 4番線は両側をホームで挟まれる構造になっている。これは、かつて名古屋線が狭軌であった当時に名古屋線・大阪線間の乗り継ぎをスムーズにするための所産であるが、現在も乗り継ぎ機能を十分発揮し、理想的な乗換駅の構内形態として鉄道評論家から賞賛を受けている。また南海泉佐野駅や阪神尼崎駅など、同様の構造を採用した駅もいくつか少ないながらも生まれている。伊勢中川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 高島屋

    高島屋から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    大阪店(大阪市中央区):登記上の本店だが、島屋では本支店の呼称は用いていない。南海電気鉄道難波駅に併設。開業時は「南海タカシマヤ」と呼称。入居する南海ビルディングは南海電気鉄道が所有。久野節(久野節建築事務所)設計、大林組施工のコリント様式の近代名建築であり、日本の百貨店では初めて冷暖房を完備した。昭和初期の竣工。御堂筋の終端に位置し、ミナミの玄関口に位置する。なお、後述する同店の増床・リニューアルが完了したことで、既存の本館と増床分を合わせて売場面積78,000?の規模となり、近畿地区最大級の百貨店へと変貌することとなった。高島屋 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道連絡船

    鉄道連絡船から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    1897年に開設された航路が、国鉄小松島線(当初は施設を航路運行会社の阿波国共同汽船からの借り入れで運行)の開業で事実上の連絡船となったもの。1956年には和歌山側でも南海和歌山港線の(旧)和歌山港駅(後の築港町駅)が開設され(1970年には延伸開業した(新)和歌山港駅へ乗り継ぎ場を移転)、両側において鉄道と接続するようになった。1985年に小松島線が廃止され、1999年には小松島港から徳島港へ徳島側の発着地を変更した。南海電気鉄道の子会社の南海フェリーによって運航されており、南海電気鉄道との通し乗車券も販売されている。船と鉄道の連絡を考慮して組まれたダイヤで運航されている。鉄道連絡船 フレッシュアイペディアより)

  • 泉大津駅

    泉大津駅から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    泉大津駅(いずみおおつえき)は、大阪府泉大津市旭町にある、南海電気鉄道南海本線の駅。駅番号はNK20。泉大津駅 フレッシュアイペディアより)

  • 浪速区

    浪速区から見た南海電気鉄道南海電気鉄道

    明治時代以後は1885年(明治18年)に阪堺鉄道(後の南海鉄道)の難波駅が、1889年(明治22年)には大阪鉄道(後の関西鉄道、現在の西日本旅客鉄道)の湊町駅(現在のJR難波駅)が開業し、奈良県や和歌山県の木材や農産物などが集まった。木津には大きな市場(現在の木津地方卸売市場)ができ、日本橋以南の堺筋は松坂屋ほか商店、古物商や古本屋が軒を並べる繁華街となった。また1903年(明治36年)の第5回内国勧業博覧会以後は新世界がレジャーセンターになるなど遊興地としても栄えた。一方、市街地の拡大に伴い、大正時代には堺筋の裏側に長町スラムが広がっていたため、当時の大阪市は画期的な鉄筋アパートを建設するなどこの地域の社会改善、住宅改良に力を入れた。スラムは西成区釜ヶ崎に移転し、現在のあいりん地区となった。浪速区 フレッシュアイペディアより)

1178件中 81 - 90件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード