318件中 11 - 20件表示
  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た南海フェリー

    「サザン」 南海本線・和歌山港線での速達列車。南海フェリー徳島航路との接続列車でもある。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た高島屋

    関西大手私鉄では唯一、系列に百貨店を持っていない。難波駅(南海ビルディング)には(系列外の)高島屋が入居しているほか、なんばCITYの開業にあたってセゾングループの支援を受けた。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た関西国際空港

    南海電気鉄道株式会社(なんかいでんきてつどう、)は、大阪ミナミの難波と和歌山・関西空港・高野山などを結ぶ鉄道を経営する大手私鉄。総営業キロは154.0km。一般的には「南海」もしくは「南海電鉄」と略されるほか、「南海電車」の呼称がある。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た福岡ソフトバンクホークス

    純民間資本としては現存する日本最古の私鉄である。社名の「南海」は、堺 - 和歌山間の出願時に紀伊国が属する律令制の南海道に因んで名づけられたことに由来し、のちに淡路・四国航路との連絡も果たした。2015年に迎えた創業130周年を機に定めたブランドスローガンは「愛が、多すぎる。」。かつてはプロ野球球団(南海ホークス、後の福岡ダイエーホークス、福岡ソフトバンクホークス)や、野球場(大阪球場や中百舌鳥球場、いずれも後に解体)を経営していたが、1988年に撤退した。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たなにわ筋線

    新大阪と難波を結んで関空アクセスの利便性を高める路線として1980年代から構想のあったなにわ筋線について、2017年3月、大阪府と大阪市、JR西日本、南海電気鉄道、阪急電鉄の5者が新たな事業計画で大筋合意したと報じられた。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た阪急阪神ホールディングス

    他の在阪の大手私鉄は2016年4月までに阪急阪神ホールディングス・近鉄グループホールディングス・京阪ホールディングスといった純粋持株会社に移行したが、南海は2017年6月現在、在阪の大手私鉄では唯一、純粋持株会社制度を取っておらず、移行の予定もない。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た池田泉州ホールディングス

    泉州銀行(現・池田泉州銀行) - 南海電鉄がかつて大株主であった(現在は池田泉州ホールディングスの完全子会社)。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た紀陽銀行

    紀陽銀行 - 南海電鉄がかつて大株主であった(現在は紀陽ホールディングスの完全子会社)。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た西日本旅客鉄道

    国社連絡線:和歌山市 - 国社分界点 1.0km(国鉄分割民営化時に西日本旅客鉄道(JR西日本)に施設ごと貸与し、同社の第1種鉄道事業区間となった)南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た和歌山電鐵

    1944年に、元阪和電気鉄道の路線を戦時買収で運輸通信省に譲渡(阪和線となる)した後、戦時企業統合政策(陸上交通事業調整法)により関西急行鉄道(関急)と合併、近畿日本鉄道となり、鉄道線は難波営業局、軌道線は天王寺営業局の管轄となった。しかしこの合併は、殆ど接点のない、経緯や社風が全く異なる者同士のものであって、当初から体制に無理が生じていた。当時の関急側の代表者であり、関急成立の立役者である種田虎雄でさえ、「南海との合同だけは、政府から無理強いされたもので、自分が望んだものではなかった」と語っていた。そういう理由もあって、終戦後に難波営業局員主導で分離運動が起こり、1947年に高野下 - 高野山間を運営していた高野山電気鉄道へ旧・南海鉄道の路線を譲渡する形で、南海電気鉄道が発足した(このため法人としての南海電気鉄道の設立日は高野山電気鉄道の設立日である1925年3月28日となっている)。1961年には、貴志川線(2006年に和歌山電鐵へ譲渡)や和歌山軌道線(1971年廃止)を経営していた和歌山電気軌道も統合している。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

318件中 11 - 20件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード