280件中 11 - 20件表示
  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た池田泉州ホールディングス

    泉州銀行(現・池田泉州銀行) - 南海電鉄がかつて大株主であった(現在は池田泉州ホールディングスの完全子会社)。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た京浜急行電鉄

    2008年に東証一部へ再上場してからは、首都圏でも積極的にPRするようになった。最近では東京の南青山で「高野山カフェ」を行う時期がある。また最近では首都圏の鉄道事業者(東京都交通局、京浜急行電鉄、箱根登山鉄道)とのコラボレーションも展開し、互いに吊り広告などで割引切符や沿線にある名所のPRを行っている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た西日本鉄道

    また首都圏各社や九州の大手民鉄である西日本鉄道の鉄道ファン向けイベントでも積極的に出店し、PRを行っている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たダイエー

    ダイエー - 所有していた球団(南海ホークス)の譲渡先南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た富士急行

    2009年から同じ山岳路線を持つ私鉄会社(富士急行・神戸電鉄・大井川鐵道・箱根登山鉄道・叡山電鉄)で全国登山鉄道‰(パーミル)会を結成し、こちらでもコラボレーションによるPRを展開している。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た神戸電鉄

    2009年から同じ山岳路線を持つ私鉄会社(富士急行・神戸電鉄・大井川鐵道・箱根登山鉄道・叡山電鉄)で全国登山鉄道‰(パーミル)会を結成し、こちらでもコラボレーションによるPRを展開している。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た東日本旅客鉄道

    東急車輛製造 - 南海が所有するほとんどの車両はここで製造されている。1968年に、それ以前のほとんどの車両を製造していた帝國車輛工業(堺市、跡地にアリオ鳳が2008年開店)を吸収合併した。東急車輛製造は東京急行電鉄のグループ会社だったが、2012年4月に総合車両製作所が事業を継承して東日本旅客鉄道(JR東日本)のグループ会社となった。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た西日本旅客鉄道

    国社連絡線:和歌山市 - 国社分界点 1.0km(国鉄分割民営化時に西日本旅客鉄道(JR西日本)に施設ごと貸与し、同社の第1種鉄道事業区間となった)南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た和歌山電鐵

    1944年に、元阪和電気鉄道の路線を戦時買収で運輸通信省に譲渡(阪和線となる)した後、戦時企業統合政策(陸上交通事業調整法)により関西急行鉄道(関急)と合併、近畿日本鉄道(鉄道線は難波営業局・軌道線は天王寺営業局の管轄)となる。しかしこの合併は、殆ど接点のない、経緯や社風が全く異なる者同士のものであって、当初から体制に無理が生じていた。当時の関急側の代表者であり、関急成立の立役者である種田虎雄でさえ、「南海との合同だけは、政府から無理強いされたもので、自分が望んだものではなかった」と語っていた。そういう理由もあって、終戦後に難波営業局員主導で分離運動が起こり、1947年に高野下 - 高野山間を運営していた高野山電気鉄道へ旧・南海鉄道の路線を譲渡する形で、南海電気鉄道が発足した(このため法人としての南海電気鉄道の設立日は高野山電気鉄道の設立日である1925年3月28日となっている)。1961年には、貴志川線(2006年に和歌山電鐵へ譲渡)や和歌山軌道線(1971年廃止)を経営していた和歌山電気軌道も統合している。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た箱根登山鉄道

    2008年に東証一部へ再上場してからは、首都圏でも積極的にPRするようになった。最近では東京の南青山で「高野山カフェ」を行う時期がある。また最近では首都圏の鉄道事業者(東京都交通局、京浜急行電鉄、箱根登山鉄道)とのコラボレーションも展開し、互いに吊り広告などで割引切符や沿線にある名所のPRを行っている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

280件中 11 - 20件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード