318件中 61 - 70件表示
  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た種田虎雄

    1944年に、元阪和電気鉄道の路線を戦時買収で運輸通信省に譲渡(阪和線となる)した後、戦時企業統合政策(陸上交通事業調整法)により関西急行鉄道(関急)と合併、近畿日本鉄道となり、鉄道線は難波営業局、軌道線は天王寺営業局の管轄となった。しかしこの合併は、殆ど接点のない、経緯や社風が全く異なる者同士のものであって、当初から体制に無理が生じていた。当時の関急側の代表者であり、関急成立の立役者である種田虎雄でさえ、「南海との合同だけは、政府から無理強いされたもので、自分が望んだものではなかった」と語っていた。そういう理由もあって、終戦後に難波営業局員主導で分離運動が起こり、1947年に高野下 - 高野山間を運営していた高野山電気鉄道へ旧・南海鉄道の路線を譲渡する形で、南海電気鉄道が発足した(このため法人としての南海電気鉄道の設立日は高野山電気鉄道の設立日である1925年3月28日となっている)。1961年には、貴志川線(2006年に和歌山電鐵へ譲渡)や和歌山軌道線(1971年廃止)を経営していた和歌山電気軌道も統合している。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た寺田甚吉

    寺田甚吉 - 元社長で近畿日本鉄道設立時に会長南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た伴久美子

    昭和30年代から40年代には、「♪なぁーん なぁーん 南海電車…」というフレーズで知られる、三木鶏郎作詞・作曲、唄・伴久美子によるコマーシャルソング「南海電車の歌」が使用されていた。なお、同じ三木鶏郎の作品としては、「京阪特急」や「近鉄特急」など、他の民鉄各社でもそれぞれ使用された。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た三木鶏郎

    昭和30年代から40年代には、「♪なぁーん なぁーん 南海電車…」というフレーズで知られる、三木鶏郎作詞・作曲、唄・伴久美子によるコマーシャルソング「南海電車の歌」が使用されていた。なお、同じ三木鶏郎の作品としては、「京阪特急」や「近鉄特急」など、他の民鉄各社でもそれぞれ使用された。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た四国

    純民間資本としては現存する日本最古の私鉄である。社名の「南海」は、堺 - 和歌山間の出願時に紀伊国が属する律令制の南海道に因んで名づけられたことに由来し、のちに淡路・四国航路との連絡も果たした。2015年に迎えた創業130周年を機に定めたブランドスローガンは「愛が、多すぎる。」。かつてはプロ野球球団(南海ホークス、後の福岡ダイエーホークス、福岡ソフトバンクホークス)や、野球場(大阪球場や中百舌鳥球場、いずれも後に解体)を経営していたが、1988年に撤退した。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たなんばパークス

    MBSメディアホールディングス - 主要株主の一社で、傘下の毎日放送でのホークス戦試合中継数が南海ホークス時代から他局より多く繋がりが深かった。ちなみに2003年まで、南海は当時の毎日放送の第10位の大株主でもあった(コーナン出版『日本民間放送年鑑2003』より)。また、南海ホークスの本拠地だった大阪球場跡地のなんばパークスに傘下の毎日放送(MBSラジオ)のサテライトスタジオがあった。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たa-nation

    近年はやや増加傾向にはあるが、催し物による臨時列車の本数や頻度が少ない。特に岸和田だんじり祭・春木だんじり祭の開催日(毎年敬老の日直前の土曜・日曜日)や正月三が日(この時は特急以外の昼間時間帯の全列車が住吉大社駅に停車する。一部時刻変更あり)においては南海線を中心に激しく混雑するものの、大晦日から元日にかけての終夜運転の列車を除いて臨時列車をほとんど走らせない(ただし、南海線では2扉車の普通電車を4扉車に変更(加えて編成両数を4両から6両に変更する場合もあり)する。また、関西国際空港開港以前には、岸和田だんじり祭・春木だんじり祭の2日間、泉大津 - 羽倉崎間で臨時の普通列車を走らせていたことはある。このため、岸和田駅上り線ホームのフラップ式行先表示機には「普通 泉大津」「各駅にとまります」と書かれたパターンが残っている)。2008年には、沿線で行われた野外コンサート「a-nation'08」への対応で、難波 - 高石間の臨時準急が多数運転された。また、泉大津フェニックスでの野外ロック・フェスティバル(「RUSH BALL」や「OTODAMA 音泉魂」など)開催時には特急サザンを泉大津駅に臨時停車する場合がある。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たmanaca

    3月23日 Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、nimoca、はやかけん、SUGOCAがIC乗車カード全国相互利用開始で利用可能に。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たキン肉マン

    2012年は通天閣開業100周年の年ということもあって「新世界キン肉マンプロジェクト」が開催され、子会社の阪堺電気軌道のほかJR西日本とも共同PRが行われている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た格安航空会社

    Peach Aviation - 関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)。機内で難波駅までの特急「ラピート」の特急券付きの割引切符を発売している。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

318件中 61 - 70件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード