280件中 61 - 70件表示
  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たアメリカ同時多発テロ事件

    不審物を発見した場合の申告放送を、他社では「乗務員、または駅係員に云々」が南海では「車掌、または駅係員に云々」と放送している。この案内放送は南海、他社線を含め、地下鉄サリン事件発生後から行われその後途絶えたが、アメリカ同時多発テロ事件発生後再び復活した。なお南海では、地下鉄サリン事件時代から「車掌、または駅係員」と放送している。ちなみに、先述した2004年のアナウンス用語改訂に伴い、それまで使っていた「持ち主不明の荷物がありましたら」という表現を「不審な荷物がございましたら」という表現に改めている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た株主優待

    1972年6月1日に制定された2代目の社章は、旧社章の「羽車」の意匠を残しつつ、当時のコーポレートカラーであった緑色を取り入れ、より直線的なデザインとなった。株主優待乗車証・社員証や土地境界標などにおいて、現在も正式な社章として使用が継続されている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たなにわ筋線

    地下駅がなく、地下鉄乗り入れ対応車両も保有していない。大手私鉄でこの両方が該当するのは、南海のほかには西日本鉄道のみである。将来的になにわ筋線の計画が具体化すれば、同線への乗り入れが計画されていることからこの状況が変わる可能性があるが、現段階では建設の有無も含めて白紙の状態である。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た大阪市

    南海電気鉄道株式会社(なんかいでんきてつどう、英称:Nankai Electric Railway Co., Ltd.)は、大阪の難波から和歌山・関西空港・高野山などを結ぶ大手私鉄。大阪府と和歌山県を基盤としている。総営業キロは154.0km。車両数は704両。一般的には「南海」もしくは「南海電鉄」と略されるほか、「南海電車」の呼称がある。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たピクトグラム

    南海電鉄の駅では、平成に入ってから、非常に多種多様なピクトグラム(図記号)を用いた案内サイン看板を使用し始めるようになった。その見易さや分かり易さから、社団法人日本サインデザイン協会が主催するコンテストで表彰を受けるなど、高い評価を受けている。近年設置されている駅サインのうちの一部のピクトグラムは、財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が制定した「一般案内用統一図記号ガイドライン」に準拠したものも使われ始めているが、一方で、独特の斬新なデザインを取り入れた矢印の記号などは現在でも使われている。これらの駅サインに関するマニュアルは、1989年に同社内で制定されたが、このマニュアルに沿った駅サインが設置されている駅は、同社の厳しい財政事情が影響してか、主要駅を中心にまだ少数にとどまっている。なお、南海が2008年3月28日に発表した『2010年までの3か年事業計画(堅進126計画)』において、提供するサービスの品質向上の一環として「案内サイン及び放送等の多言語化の推進」に取り組むとしている。韓国語・中国語を併記した案内表示や交通エコロジー・モビリティ財団の標準案内記号の導入に関しては、バリアフリー等の改良工事が終わった駅から順次導入されてはいるが、他社と比べると大幅に遅れており、中には筆文字の駅名標など他の大手私鉄ではとうの昔に消えてしまったクラシックなものも残り、その格差は大きいと言える。これは駅名標に限らず駅施設全体にも言え、バリアフリーの駅舎がある一方で木造駅舎や構内踏切などが残存している駅もいまだ多く、乗降客の少ない駅を中心にバリアフリーなどの改良工事がなかなか進んでいないのも実情である。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た通天閣

    2012年は通天閣開業100周年の年ということもあって「新世界キン肉マンプロジェクト」が開催され、子会社の阪堺電気軌道のほかJR西日本とも共同PRが行われている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た名古屋証券取引所

    本社は大阪府大阪市浪速区の今宮戎駅北西側に立地する南海なんば第1ビルに所在。東証1部、大証1部、名証1部上場企業。グループスローガンは「Fine & Bright NANKAI - お客さまとともに」。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た和歌山市

    南海電気鉄道株式会社(なんかいでんきてつどう、英称:Nankai Electric Railway Co., Ltd.)は、大阪の難波から和歌山・関西空港・高野山などを結ぶ大手私鉄。大阪府と和歌山県を基盤としている。総営業キロは154.0km。車両数は704両。一般的には「南海」もしくは「南海電鉄」と略されるほか、「南海電車」の呼称がある。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たICOCA

    7月1日 PiTaPa導入。南海は南海グループカード minapitaを発行。同時にICOCAも利用可能に。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た休暇

    運転士と車掌とのペアは「乗組制」を敷いており、一旦組むとどちらかが他の部署への異動や退職、運転士への昇進や運転士か車掌のどちらかが休暇をとらない限り、そのペアでずっと組む珍しいシステムを敷いている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

280件中 61 - 70件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード