318件中 81 - 90件表示
  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た現金自動預け払い機

    東京スター銀行 - 2013年まで主要駅構内に、ATM網「駅の銀行ATM・ひきだし上手」を展開していた。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た便所

    2007年より駅の便所に無水小便器(米国ファルコン・ウォーターフリー・テクノロジーズ社製)を設置している。これにより水道使用量の削減、それに伴い二酸化炭素排出の削減を実現させている。この無水小便器は、2011年に新造された12000系の車内トイレにも設置された。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た株主優待

    1972年6月1日に制定された2代目の社章(作者・信貴徳三)は、旧社章の「羽車」の意匠を残しつつ、当時のコーポレートカラーであった緑色を取り入れ、より直線的なデザインとなった。後述の3代目のロゴマーク制定後も株主優待乗車証・社員証や土地境界標などにおいて、正式な社章として使用が継続されている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たnimoca

    3月23日 Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、nimoca、はやかけん、SUGOCAがIC乗車カード全国相互利用開始で利用可能に。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たKitaca

    3月23日 Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、nimoca、はやかけん、SUGOCAがIC乗車カード全国相互利用開始で利用可能に。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たSuica

    3月23日 Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、nimoca、はやかけん、SUGOCAがIC乗車カード全国相互利用開始で利用可能に。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た淡路島

    純民間資本としては現存する日本最古の私鉄である。社名の「南海」は、堺 - 和歌山間の出願時に紀伊国が属する律令制の南海道に因んで名づけられたことに由来し、のちに淡路・四国航路との連絡も果たした。2015年に迎えた創業130周年を機に定めたブランドスローガンは「愛が、多すぎる。」。かつてはプロ野球球団(南海ホークス、後の福岡ダイエーホークス、福岡ソフトバンクホークス)や、野球場(大阪球場や中百舌鳥球場、いずれも後に解体)を経営していたが、1988年に撤退した。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見たPASMO

    3月23日 Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、nimoca、はやかけん、SUGOCAがIC乗車カード全国相互利用開始で利用可能に。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た南海高野線

    1898年に新設会社の南海鉄道が阪堺鉄道の事業を譲り受け、1909年には競合路線を有していた浪速電車軌道、1915年には同じく阪堺電気軌道、そして1922年には根津嘉一郎から譲られる形で大阪高野鉄道を、1940年には交通統制のため競合会社の阪和電気鉄道、1942年には加太電気鉄道を合併した。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た2009年

    2009年から同じ山岳路線を持つ私鉄会社(富士急行・神戸電鉄・大井川鐵道・箱根登山鉄道・叡山電鉄)で全国登山鉄道‰(パーミル)会を結成し、こちらでもコラボレーションによるPRを展開している。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

318件中 81 - 90件表示

「南海電気鉄道」のニューストピックワード