609件中 91 - 100件表示
  • ギョボク

    ギョボクから見た南西諸島南西諸島

    ギョボク(魚木、Crateva religiosa)はフウチョウソウ科の落葉小高木。東南アジア、インド、アフリカなどの熱帯に分布する。日本では鹿児島県本土以南・南西諸島に自生する。ギョボク フレッシュアイペディアより)

  • 笹森儀助

    笹森儀助から見た南西諸島南西諸島

    笹森 儀助(ささもり ぎすけ、弘化2年1月25日(1845年3月3日) - 大正4年(1915年)9月29日)は日本の探検家、政治家、実業家。当時の日本において辺境の地であり、その実体がほとんど分かっていなかった南西諸島や千島列島を調査した他、奄美大島の島司や第2代青森市長も務めている。笹森儀助 フレッシュアイペディアより)

  • 第8飛行師団 (日本軍)

    第8飛行師団 (日本軍)から見た南西諸島南西諸島

    1944年(昭和19年)6月10日、東京の第1航空軍司令部で司令部が編成され、同月中に台湾の台北へ移動した。台湾および南西諸島の航空作戦を担当、台湾沖航空戦では海軍の指揮下で、来襲するアメリカ空母機動部隊航空隊を邀撃した。第8飛行師団 (日本軍) フレッシュアイペディアより)

  • ロック (潜水艦)

    ロック (潜水艦)から見た南西諸島南西諸島

    1944年2月8日、ロックは最初の哨戒で東シナ海方面に向かった。2月29日、ロックは南西諸島付近を航行中にで日本の重要船団を発見した。この船団は、釜山からグアム島へ第29師団の陸軍兵士を輸送する『松輸送』船団の内の一つであり、安芸丸(日本郵船、11,409トン)、東山丸(大阪商船、8,666トン)、崎戸丸(日本郵船、9,247トン)の3隻の優秀貨客船が中心となり、朝霜、岸波、沖波の3隻の駆逐艦で構成されていた。ロックは夜間の2時49分頃に浮上して船団に接近したが、この時ロックの右斜め前方約6キロの地点にいた朝霜に察知され、ロックは照準することなく後部発射管から4発の魚雷を放射状に発射した。その後ロックは朝霜の右舷側に移り、朝霜のサーチライトと12.7センチ砲の発射炎によって照らされながら潜航した。しかし、潜航しかけた時に砲弾が潜望鏡支柱に命中し、潜望鏡が昼間用・夜間用の両方とも破損し。またレーダーマストに浸水するなど大小さまざまな被害を受けていた。この後、4時間に及ぶ爆雷攻撃をしのいだロックは夜になって浮上し、船団発見の旨を報告した。ロックは損傷を修理するためミッドウェー島を経て、35日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。ロック (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 初雪

    初雪から見た南西諸島南西諸島

    ただし、関東地方は初雪の観測が遅く、12月下旬から年明けの1月にかけて…気圧の谷や南岸低気圧によって降雪がもたらされる。小笠原諸島や南西諸島では基本的に観測されない。初雪 フレッシュアイペディアより)

  • フライングフィッシュ (潜水艦)

    フライングフィッシュ (潜水艦)から見た南西諸島南西諸島

    2月22日、フライングフィッシュは9回目の哨戒で南西諸島方面に向かった。3月12日、フライングフィッシュはの北大東島泊地に停泊中の泰仁丸(山本汽船、1,937トン)を撃沈したのに続き、3月16日にはの沖永良部島沖で安山丸(興国汽船、5,493トン)を、4月1日には北大東島に舞い戻り、泊地に停泊中の南丸(拿捕船。2,398トン)をそれぞれ撃沈した。4月11日、フライングフィッシュは49日間の行動を終えてマジュロに帰投した。フライングフィッシュ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ハリバット (潜水艦)

    ハリバット (潜水艦)から見た南西諸島南西諸島

    3月21日、ハリバットは9回目の哨戒で南西諸島方面へ向かった。4月12日、ハリバットはの奄美大島と徳之島を結ぶ海域で護衛艦3隻と輸送船からなる輸送船団を発見した。この船団は鹿児島から那覇に向かっていた鹿004船団で、ハリバットは台中丸(大阪商船、3,213トン)を撃沈した。3隻の護衛艦が18発の爆雷を投下し、気泡の噴出を見て「撃沈確実」と判断したが、実際にはハリバットに被害はなかった。4月27日未明3時には、の沖縄島北北東の海域で門司に向かっていた沖609船団を発見し、伊平屋島東沖で敷設艇鴎に魚雷3本を命中させ、続いて船団から遅れていた玄武丸(日本郵船、1,872トン)に魚雷を2本命中させて撃沈した。航空機が飛来し、潜航中のハリバットを攻撃してきたので、ハリバットは深深度に避退していった。航空機と2隻の護衛艦から実に90発もの爆雷を投下されたものの、ハリバットはその場を難なく立ち去った。鴎は9時ごろには沈没した。4月29日夕刻には久米島沖に浮上して、久米島に対し4インチ砲による艦砲射撃を行い、倉庫や建物を破壊した。5月3日には、最低でも18隻はいると思われたサンパンの集団に遭遇。2隻の250トン級のサンパンを炎上させたり破壊したが、攻撃中にハリバットの乗組員3名が負傷した。5月11日にミッドウェー島に寄港し、負傷者はオークランドの海軍病院に搬送されていった。5月15日、ハリバットは58日間の行動を終えて真珠湾に帰投。サンフランシスコに回航され、ベスレヘム・スチールでオーバーホールに入った。オーバーホールが終わったハリバットは9月20日に真珠湾に戻り、マーク18型電池魚雷を搭載した。ハリバット (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ヤブガラシ

    ヤブガラシから見た南西諸島南西諸島

    日本国外では東アジアから東南アジア、日本国内では北海道西南部から南西諸島まで分布する多年草。道端、林縁、荒れ地などに生え、市街地では公園のフェンスなどによく絡まっている。ヤブガラシ フレッシュアイペディアより)

  • ヒフキアイゴ

    ヒフキアイゴから見た南西諸島南西諸島

    ヒフキアイゴ(火吹藍子、学名Siganus unimaculatus)は、スズキ目・アイゴ科に分類される魚の一種。西太平洋のサンゴ礁域に生息する海水魚で、鮮やかな体色から熱帯魚として飼育されることもある。分布域に入る南西諸島ではガラサーアケーとも呼ばれる。ヒフキアイゴ フレッシュアイペディアより)

  • サダソウ

    サダソウから見た南西諸島南西諸島

    日本では四国以西、九州、南西諸島に、日本国外では台湾に分布する。山地から海岸の岩場や石灰岩地に生育する。切り立った際の側壁などに着生的に生育する。サダソウ フレッシュアイペディアより)

609件中 91 - 100件表示

「南西諸島の気象情報」のニューストピックワード

おすすめ画像