609件中 101 - 110件表示
  • リュウキュウヒキノカサ

    リュウキュウヒキノカサから見た南西諸島南西諸島

    日本の固有変種で、南西諸島の喜界島、徳之島、沖永良部島、沖縄島、伊江島及び瀬底島に分布する。やや湿った原野や林縁、路傍等に生育する。リュウキュウヒキノカサ フレッシュアイペディアより)

  • 迅鯨 (潜水母艦)

    迅鯨 (潜水母艦)から見た南西諸島南西諸島

    1944年(昭和19年)8月11日 呉港を出港し南西諸島方面の輸送作戦に従事迅鯨 (潜水母艦) フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬庄三郎

    渡瀬庄三郎から見た南西諸島南西諸島

    前者の例としては、渡瀬線の発見がよく知られている。渡瀬は南西諸島の生物相を検討するうち、屋久島・種子島と奄美群島の間(厳密にはトカラ列島の悪石島と小宝島の間)に、生物地理区の旧北区と東洋区を分割する分布境界線が存在することに気づき、1926年(大正元年)にこれを発表した。この分布境界線は、現在も渡瀬線(渡瀬ライン)の名で知られている。渡瀬庄三郎 フレッシュアイペディアより)

  • キュウセン

    キュウセンから見た南西諸島南西諸島

    北海道・函館市以南、朝鮮半島、東シナ海、南シナ海沿岸まで分布するが、南西諸島には分布しない。ベラの仲間としては低温に強く、温帯域に分布できる数少ないベラの一つである。キュウセン フレッシュアイペディアより)

  • ヒメハマナデシコ

    ヒメハマナデシコから見た南西諸島南西諸島

    日本固有種で、本州(和歌山県)、四国(愛媛県)、九州(長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)及び南西諸島(種子島?徳之島、伊江島、西表島)に分布する。日当たりの良い海岸の砂浜や岩場に生育する。ヒメハマナデシコ フレッシュアイペディアより)

  • タンカン

    タンカンから見た南西諸島南西諸島

    中国の広東省が原産地で、奄美大島を始めとする南西諸島へ1896年(明治39年)頃に台湾から移植された。1929年(昭和9年)頃に本格的な栽培が始まった。タンカンには「短桶」(タンカン)の字があてられており、中国で行商人の持ち歩いた桶がこの由来とされる。また「桶柑」とも表記される。現在の主な産地は沖縄県と鹿児島県の屋久島、奄美大島である。タンカン フレッシュアイペディアより)

  • オガタマノキ

    オガタマノキから見た南西諸島南西諸島

    日本列島の本州の関東中南部以西と四国の海岸部、九州の低地、南西諸島に分布し、原名変種は日本固有。八重山にはタイワンオガタマ(var. formosana Kanehira)があり、この種は台湾、フィリピンにも分布する。ただし、別種とする判断もある。オガタマノキ フレッシュアイペディアより)

  • 検疫所

    検疫所から見た南西諸島南西諸島

    日本に植物を輸出する国々へ植物防疫官を派遣し、消毒や輸出検疫が適正に行われているかを確認する「海外検疫」、南西諸島などにおける、アリモドキゾウムシをはじめとした重要病害虫の防除根絶などの「国内防疫」も、植物防疫所の重要な業務である。検疫所 フレッシュアイペディアより)

  • シラスゲ

    シラスゲから見た南西諸島南西諸島

    中国からヒマラヤ、南はマレーシアまで分布がある。日本では北海道から南西諸島にわたるほぼ全域に分布する。シラスゲの名は白菅で、葉の裏が白いことから。シラスゲ フレッシュアイペディアより)

  • ミカドアゲハ

    ミカドアゲハから見た南西諸島南西諸島

    アオスジアゲハに似るが、翅を縦に貫く青帯が不連続でまばらであることで区別可能であり、色彩的にも同種の青帯が通常水色よりやや緑がかっているのに対し、本種のそれはかなり薄いことから区別できる。ただし、南西諸島産亜種のそれはアオスジアゲハに近い色調になるので若干注意が必要となる。一方で屋久島産亜種は青みが全く抜けてクリーム色に近い。なお大きさも同種よりも少し大きいため、少し慣れれば飛翔中であっても判別できる。ミカドアゲハ フレッシュアイペディアより)

609件中 101 - 110件表示

「南西諸島の気象情報」のニューストピックワード

おすすめ画像