609件中 21 - 30件表示
  • シードッグ (潜水艦)

    シードッグ (潜水艦)から見た南西諸島南西諸島

    9月13日、シードッグは最初の哨戒で東シナ海に向かった。17日にミッドウェー島で給油し、哨戒海域の南西諸島には9月28日に到着した。シードッグはまず喜界島と奄美大島の海岸に沿って哨戒したが、良い成果が得られそうになかったので、わずか1日で沖永良部島から運天港にかけての海域に移動した。10月3日からは中城湾方面の偵察を行い、沖縄島を一周して10月6日には伊平屋島北西海域に到着した。シードッグは以後5日間、沖縄近海で哨戒を続けたが、遭遇した目標はいずれも魚雷を使うには勿体無いものばかりであった。10月10日、シードッグは炎上中の武装トロール船を発見し、接近したのち砲撃を加え、そのまま放置した。10月11日に奄美群島海域に戻り、1週間後にはトカラ列島北方の海域に移動した。シードッグ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の猛暑 (日本)

    2007年の猛暑 (日本)から見た南西諸島南西諸島

    2007年の猛暑(にせんななねんのもうしょ)とは、2007年の夏に日本の広範囲を襲った猛暑である。7月に南西諸島、8月に本州内陸部を中心とした北海道から九州までの地域、9月には瀬戸内海沿岸部と九州北部を中心とした日本全域で、暑さに見舞われた。2007年の猛暑 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ピクーダ (潜水艦)

    ピクーダ (潜水艦)から見た南西諸島南西諸島

    5月4日、ピクーダは2回目の哨戒でパーチ (USS Perch, SS-313) 、ピート (USS Peto, SS-265) とウルフパックを構成しルソン海峡および台湾海峡方面に向かった。5月20日、ピクーダは香港から高雄に向かう88船団を発見。しかし、護衛の砲艦橋立、敷設特務艇円島が先制の爆雷攻撃を行い、いくつかの爆雷がピクーダの司令塔のそばと艦尾至近で爆発。このため、ピクーダは横倒しになりつつ前のめりの体勢で沈んで行き、油圧系統に損傷を負った。しかしピクーダはこの爆雷攻撃に持ちこたえ、修理ののち2日後の5月22日にの地点で再び橋立と交戦。魚雷4本を発射して橋立に命中させて撃沈。さらに筑波丸(東亜海運、3,171トン)にも魚雷を命中させ、筑波丸は後日、アメリカ陸軍航空隊の爆撃機により撃沈された。6月2日には台湾の沿岸を航行する輸送船団を発見。ピクーダはパーチとピートにこの船団に関する情報を送信した後、2隻の護衛艦の間をすり抜けてタンカーを攻撃。全ての護衛艦がピクーダに向かいつつあったとき、3つの命中音が聞こえた。ピクーダは四方八方から降り注ぐ爆雷を巧みに避け、被害を受けなかった。その後はバタン諸島から台湾沿岸に沿って南西諸島方面を経て父島近海を哨戒した。6月22日にミッドウェー島に寄港。6月27日、ピクーダは54日間の行動を終えて真珠湾に帰投。艦長が(アナポリス1927年組)に代わった。ピクーダ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • エンマコオロギ

    エンマコオロギから見た南西諸島南西諸島

    北海道北部と南西諸島を除く日本全国に広く分布する。草原や田畑、人家の周囲などに生息し、個体数も多い。エンマコオロギ フレッシュアイペディアより)

  • ブラーミニメクラヘビ

    ブラーミニメクラヘビから見た南西諸島南西諸島

    長崎県、鹿児島県、トカラ列島より南の南西諸島、八丈島、小笠原諸島、アジア、オセアニア、アフリカ、中央アメリカ 。ブラーミニメクラヘビ フレッシュアイペディアより)

  • 暖冬

    暖冬から見た南西諸島南西諸島

    日本では1987年から1995年にかけて暖冬年が続くようにな、りそれまで頻繁に訪れていた寒冬年が激減し、1996年が寒冬になるまで9年間連続で暖冬が続いた。特に1987年12月下旬 - 1988年1月、1989年、1990年、1992年、1993年、1998年は記録的な暖冬であったためマスメディア等から「暖冬異変」と言われたほどであった。1998年頃からは北日本の暖冬傾向は鈍化し2001年、2003年、2006年が寒冬になる等、北日本では暖冬年も多いが周期的に寒冬年も現れるようになった。東日本と西日本、南西諸島では1990年代ほどの暖冬ではないが依然として暖冬年が多い傾向にある。2000年代では2000年1月、2002年、2004年、2007年、2009年が記録的暖冬となり特に2007年は積雪のほとんどない北日本のスキー場などがマスメディアにより度々報道された。暖冬 フレッシュアイペディアより)

  • 暖春

    暖春から見た南西諸島南西諸島

    3月末 - 4月にかけて北海道を除いて全国的に気温が平年を大幅に上回り西日本、南西諸島では戦後最も気温の高い4月となった。暖春 フレッシュアイペディアより)

  • レンカク

    レンカクから見た南西諸島南西諸島

    日本では迷鳥として本州や四国、九州、南西諸島で数回観察されただけだったが、その後記録が増え南西諸島ではほぼ毎年記録されている。夏から秋にかけての記録が多いが、越冬例もある。レンカク フレッシュアイペディアより)

  • 南九州

    南九州から見た南西諸島南西諸島

    鹿児島県と宮崎県南部は室町時代から明治維新まで島津氏の勢力下にあり、九州内の他の地域とは異なった文化を有している。南西諸島との交流を示す文化も伝わり、食文化、地名など、他の地方とは異なる、琉球諸島と共通の文化も持っている。南九州 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の猛暑 (日本)

    2010年の猛暑 (日本)から見た南西諸島南西諸島

    2010年(平成22年)の梅雨は、奄美・沖縄を除いて平年より梅雨入りが3-14日遅かったものの、6月19日に沖縄が梅雨明けした後7月15日に奄美が、7月17日に北陸、関東甲信、東海、近畿、中国、四国、九州北部が、7月18日に東北が、7月20日に九州南部が梅雨明けし、九州南部(平年より7日遅い)、奄美地方(平年より17日遅い)を除いて、平年と同じか1-9日早い梅雨明けとなった。この梅雨の間、寒気の南下やオホーツク海高気圧の発生は少なく、6月の全国の平均気温は平年比+1.24℃の歴代5位に、特に北日本では平年比+2.1℃の歴代2位となるなど、高温で推移した。梅雨のない北海道では6月26日に各地で季節外れの猛暑日(この年全国初)を記録するなど、最高気温が平年を15℃以上も上回る異常高温も観測された。2010年の猛暑 (日本) フレッシュアイペディアより)

609件中 21 - 30件表示

「南西諸島の気象情報」のニューストピックワード

おすすめ画像