609件中 31 - 40件表示
  • 琉球諸島

    琉球諸島から見た南西諸島南西諸島

    琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)は、南西諸島の中の沖縄県に属する部分の総称。これを現在の沖縄県と同範囲にするかどうかは諸説あり、奄美群島を含めたり、大東諸島、尖閣諸島を含めない場合もある。琉球諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海

    東シナ海から見た南西諸島南西諸島

    東シナ海(ひがしシナかい、中国語名「東海」)は、太平洋西部の海。南西諸島とユーラシア大陸で挟まれている。東シナ海 フレッシュアイペディアより)

  • 南日本

    南日本から見た南西諸島南西諸島

    狭義では九州(特に南九州(熊本県及び宮崎県並びに鹿児島県本土))及び南西諸島(主に沖縄県全域及び鹿児島県大島支庁管内)を指すが、中国地方のうち広域九州圏に当たる山口県・広島県西部(旧安芸国)及び島根県西部(旧石見国)並びに南四国(徳島県及び高知県)を含める場合もある。また、九州及び南西諸島(主に沖縄県全域及び鹿児島県大島支庁管内)は、広義の西日本に含まれる。南日本 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の歴史

    日本の歴史から見た南西諸島南西諸島

    約1万2千年前頃、最終氷期が終わり急激な温暖化による海面上昇が始まると、日本列島はアジア大陸から分離した。これにより、人々の文化や生活に大きな変化が生じ、南西諸島を除いて、次の縄文時代へ移行していった。日本の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • クチナシ

    クチナシから見た南西諸島南西諸島

    東アジア(中国、台湾、インドシナ半島等)に広く分布し、日本では本州の静岡県以西、四国、九州、南西諸島の森林に自生する。クチナシ フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た南西諸島南西諸島

    1946年1月29日:「連合国軍最高司令官総司令部覚書」677号(SCAPIN677 (Supreme Command for Allied Powers Instruction Note No.677))「若干の外郭地域を政治上行政上日本から分離することに関する覚書」により、尖閣諸島を含む南西諸島の施政権が日本から連合国に移される。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の歴史

    沖縄県の歴史から見た南西諸島南西諸島

    沖縄県にいつ頃から人類が現れたのかは不明だが、現在の南西諸島は、最終氷期にはアジアと陸続きであり、その頃に様々な動物と共に移り住んできたものであろう。県内最古の人骨は那覇市で見つかった山下洞人で、今からおよそ3万2千年前のものだと推測されている。また、1967年に具志頭村(現在の八重瀬町)で発見された港川人骨はおよそ1万8000年前のものとされ、日本で初めて見つかった完全な形に近い旧石器時代人骨として有名である。化石人骨は沖縄本島を中心に、久米島、伊江島、宮古島からもみつかっている。沖縄県の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年

    2003年から見た南西諸島南西諸島

    1993年以来10年ぶりの冷夏。各地で梅雨明けが大幅に遅れ、関東地方の梅雨明けは8月にずれ込んだ。南西諸島、九州南部を除き全国的に冷夏となった。本州の8月の最高気温が20℃以下の日があった。秋は顕著な暖秋で、9月、10月が厳しい残暑となった他、11月は記録的な極端な高温となった。2003年 フレッシュアイペディアより)

  • 方言札

    方言札から見た南西諸島南西諸島

    ブルボン王朝の方言札制度は、大日本帝国(第二次世界大戦前の日本)でも実施され、東北・九州・南西諸島に顕著な例が見られた。これは、第二次世界大戦後の高度経済成長期まで続いた。方言札 フレッシュアイペディアより)

  • オカヤドカリ

    オカヤドカリから見た南西諸島南西諸島

    世界では、台湾以南のインドや太平洋諸島等の広範囲に分布する。日本では、主に小笠原諸島と南西諸島に分布し、九州南部(大分県以南)や四国南部、紀伊半島南部の太平洋岸にも分布する。これは南西諸島以南で繁殖の際に放たれた幼生が黒潮に乗って北上し、偶然定着できたものと考えられている。オカヤドカリ フレッシュアイペディアより)

609件中 31 - 40件表示

「南西諸島の気象情報」のニューストピックワード

おすすめ画像