609件中 41 - 50件表示
  • ハダック (潜水艦)

    ハダック (潜水艦)から見た南西諸島南西諸島

    8月12日、ハダックはとの地点で貨物船に対して2度の攻撃を行い、撃沈を報じた。ハダックは南西諸島を抜けて台湾近海に移動した。8月22日、ハダックはの基隆沖で、海軍徴用船辰鳳丸(辰馬本家商店、6,334トン)を撃沈した。4日後の8月26日にはの地点で帝春丸(帝国船舶、2,251トン)をレーダー探知による攻撃で撃沈した。その後ハダックは台湾東岸、南西諸島方面を哨戒した。9月19日、ハダックは52日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した。ハダック (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ウスコミミガイ

    ウスコミミガイから見た南西諸島南西諸島

    岩手県以南の本州・四国・九州・南西諸島、および朝鮮半島南部に分布する。日本の海産オカミミガイ類としてはナギサノシタタリ Microtralia alba に次いで分布域が広いが、日本以外での分布は他種に比べて狭い。ウスコミミガイ フレッシュアイペディアより)

  • マキスジコミミガイ

    マキスジコミミガイから見た南西諸島南西諸島

    インド太平洋の熱帯・亜熱帯海域に広く分布する。日本での分布域は房総半島以南の本州・四国・九州・南西諸島である。日本の海産オカミミガイ類としては分布域・生息地とも多い方である。マキスジコミミガイ フレッシュアイペディアより)

  • 隆起線文土器

    隆起線文土器から見た南西諸島南西諸島

    隆起線文土器(りゅうきせんもんどき)は、口縁部や胴の上部に粘土帯をめぐらせる手法で、北海道や南西諸島を除く縄文時代草創期初頭の一群の土器をいう。隆起線文土器 フレッシュアイペディアより)

  • オニアジ

    オニアジから見た南西諸島南西諸島

    アフリカ東岸・南日本・オーストラリアまでのインド太平洋熱帯海域に分布する。日本近海では、黒潮の影響が強い本州南部まで分布するが、南西諸島以北では稀である。沿岸表層性で、群れを作って遊泳する。食性は肉食で、主に小魚を捕食する。オニアジ フレッシュアイペディアより)

  • スジユムシ

    スジユムシから見た南西諸島南西諸島

    太平洋、インド洋、地中海に広く分布する。日本では本州南岸以南、南西諸島に分布する。スジユムシ フレッシュアイペディアより)

  • ハマダイ

    ハマダイから見た南西諸島南西諸島

    アフリカ東岸から南日本、ハワイ、ロード・ハウ島、オーストラリア北岸まで、インド太平洋の熱帯海域に広く分布する。日本では本州中部以南で見られ、伊豆諸島や南西諸島の近海で多く漁獲されている。水深200-500mほどの大陸棚上の深みに生息し、海底の岩礁域付近を遊泳する。ハマダイ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の気象・地象・天象

    2005年の気象・地象・天象から見た南西諸島南西諸島

    今冬は、前年(2004年)12月の気温が異様に高く、1月・2月はたびたびの寒波襲来により、気温が異様に低い月となった。新潟県では新潟県中越地震の被災地に19年ぶりの豪雪が襲い、多数の死傷者を出した。しかし、平均気温からみると北日本と西日本では「並冬」、東日本と南西諸島は「暖冬」となり、結果的に「暖冬」となった。2005年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の気象・地象・天象

    2008年の気象・地象・天象から見た南西諸島南西諸島

    年初の冬(前年12月?2月)の気温は北日本?西日本で平年並み、南西諸島はやや暖冬となり、前年より寒い冬となった。12月は東日本以西、1月は西日本と南西諸島で暖冬となったが、2月は一転して低温となった地域が多く、北日本を除いて8年ぶりに寒い2月となった。この冬は爆弾低気圧や極低気圧の出現が多く、北海道から本州日本海側では暴風、高波、大雪による被害が発生した他、南岸低気圧の影響で関東地方から西日本の太平洋側でも積雪に見舞われたが、強い寒気の流入が少なかったため日本海側の降雪量は平年を下回った。2008年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の気象・地象・天象

    2009年の気象・地象・天象から見た南西諸島南西諸島

    7月22日 - 21世紀最長の皆既日食を観測。インド北部から始まった皆既日食は、中国の武漢、上海を通り日本の南西諸島、硫黄島付近へと移動。北硫黄島付近の洋上では最も長い6分39秒間観測した。一方、陸上では最も長い6分25秒間観測できるとされたトカラ列島の悪石島では、風雨が強まり、天候に恵まれなかったが、日本の陸地で皆既日食が見られるのは1963年7月21日の北海道以来46年ぶり。次回、日本で見られるのは26年後の2035年9月で、北陸地方や北関東で見られる。。2009年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

609件中 41 - 50件表示

「南西諸島の気象情報」のニューストピックワード

おすすめ画像