609件中 61 - 70件表示
  • サンフランシスコ (重巡洋艦)

    サンフランシスコ (重巡洋艦)から見た南西諸島南西諸島

    6日後、第38任務部隊は出撃し、1945年1月2日から3日と9日に台湾を、1月5日から7日にはルソン島をそれぞれ攻撃し、日本機は戦闘機によって一掃された。第38任務部隊はバシー海峡を越えて南シナ海に入り、5日間にわたって軽巡洋艦香椎などの艦船やインドシナ半島方面の日本軍施設を叩きのめした。1月15日から16日には香港、アモイ、汕頭を攻撃し、1月20日にルソン海峡を東航して台湾攻撃に向かった。1月21日に神風の攻撃によりラングレー (SS Langley, CVL-27) およびタイコンデロガ (USS Ticonderoga, CV-14) が損傷を受けたが、翌1月22日には南西諸島を攻撃し、1月26日にウルシーに帰投した。サンフランシスコ (重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • オークランド (軽巡洋艦)

    オークランド (軽巡洋艦)から見た南西諸島南西諸島

    1945年1月11日、オークランドはサンフランシスコに到着し、3月4日までオーバーホールに入った。オーバーホール終了後真珠湾に向かったオークランドは、9日に到着。オアフ島南方洋上で最終的な訓練を行った後、来る沖縄戦のため14日にウルシーに向けて出港した。30日にウルシーに到着したオークランドは、翌日他の艦艇と共に出撃し、4月2日に第58.4任務群に合流した。以後5日間、第58.4任務群は南西諸島中、もっとも西方にある先島諸島に対する攻撃を行った。4月10日、オークランドは第58.3任務群に配置換えとなり、翌4月11日には急降下爆撃機の攻撃を撃退した。オークランド (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • サンフアン (軽巡洋艦)

    サンフアン (軽巡洋艦)から見た南西諸島南西諸島

    サンフアンは3月22日にホーネットと顔を合わせ、4月30日まで南西諸島近海で行動した。ホーネットの艦載機は4月21日に南大東島を空襲したほか、4月7日の坊の岬沖海戦では戦艦大和の撃沈に一役買った。その9日後に一旦ウルシーに戻った後、再度南西諸島近海に戻って沖縄戦の支援に従事した。サンフアンは6月13日に修理のためレイテ湾に帰投し、7月1日からの日本本土への攻撃では第38.1任務群(少将)に属し、空母ベニントン (USS Bennington, CV-20) の護衛に就いた。8月15日の日本の降伏後、サンフアンは8月27日に相模湾に第3艦隊の他の艦艇と共に入港した。サンフアン (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 小川清

    小川清から見た南西諸島南西諸島

    昭和20年5月11日 菊水6号作戦発令。神風特別攻撃隊第7昭和隊として、鹿屋基地を午前6時40分に飛び立ち沖縄南西諸島沖東方122kmで午前10時9分、「ワレ突入ス」との無線の後、友軍機(安則盛三中尉搭乗であると思われるが確証はない)に続いて米空母バンカーヒルに500kg爆弾を投下後、体当たり特攻をして戦死。バンカーヒルは炎上し死者は396名、負傷者264名を出した。これによりバンカーヒルは戦線を離脱した。二階級特進し、海軍大尉となり、正七位勲五等功三級金鵄勲章を受ける。両親への遺書小川清 フレッシュアイペディアより)

  • キオビエダシャク

    キオビエダシャクから見た南西諸島南西諸島

    キオビエダシャク(黄帯枝尺、学名:Milionia basalis)はシャクガ科のガ。イヌマキの害虫として知られる。幼虫はシャクトリムシ様の外見をし、頭や尻、側面は橙色、他の部分は灰色と黒色の斑模様。振動に敏感で、イヌマキの木を揺すると、お尻から出した糸にぶら下がって降りてくる。成虫は濃い紺色、羽根には黄色の帯があり、この帯が名前の由来。南西諸島に多い蛾で九州でも生息域を拡大させている。生育域の拡大は温暖化と関係あるとされているが、1950年代に大発生した記録もある。キオビエダシャク フレッシュアイペディアより)

  • イワサキセダカヘビ

    イワサキセダカヘビから見た南西諸島南西諸島

    日本固有種であり南西諸島の石垣島と西表島に棲息が確認されている。イワサキセダカヘビ フレッシュアイペディアより)

  • 民間医療

    民間医療から見た南西諸島南西諸島

    伝統的な民間医療の中には科学的には全く効果が無いとされているものがある。、そもそも、古代には巫医・僧医など医学知識を有した宗教者が医療行為を行っており(弓削道鏡が孝謙上皇の治療を行ってその寵愛を受けた故事は彼が僧医としての性格を有していたことを示す)、今日におけるシャーマン・祈祷師も治療に先立ってある種の診察行為を行っている。もっとも、こうした治療行為には詐欺などの要素が介在する可能性が高く、現在では法的な取締の対象とされる場合が多い。ただし、今日でも「無病息災」を神社仏閣に祈るという形で信仰と医療との結びつきの残滓が残されている。更に現在でも南西諸島などでは「医者が半分、カミサマが半分」と言われるように信仰・呪術的な療法を相互補完的に捕らえる考え方が根強く残っており、実際に現代医学から見放されたあるいは治療効果が乏しい患者に対する受け入れ先としての役割を完全に喪失した訳ではない。民間医療 フレッシュアイペディアより)

  • 平成13年台風第16号

    平成13年台風第16号から見た南西諸島南西諸島

    平成13年台風第16号(へいせい13ねんたいふうだい16ごう、アジア名:ナーリー〔Nari、命名国:韓国、意味:百合〕)は2001年9月に発生し、沖縄近海で複雑な進路を取った後、台湾に上陸した台風である。沖縄近海で長時間に渡って複雑な進路を取ったため、南西諸島に被害をもたらした。平成13年台風第16号 フレッシュアイペディアより)

  • ソードフィッシュ (サーゴ級潜水艦)

    ソードフィッシュ (サーゴ級潜水艦)から見た南西諸島南西諸島

    12月22日、ソードフィッシュは13回目の哨戒で南西諸島近海に向かった。ミッドウェー島で給油し12月26日に同島を出航した。この哨戒でのソードフィッシュは通常の哨戒任務に加え、来る沖縄戦に備えた沖縄島の海岸線の写真偵察を行う任務が与えられていた。1945年1月2日、ソードフィッシュは南西諸島海域での任務の遂行を、第38任務部隊の沖縄に対する空襲が完了するまで保留する様命じられる。ソードフィッシュは北緯30度、東経132度を中心とする屋久島近海海域を中心に哨戒する様命じられた。これらの任務に関して1月3日に行われた通信が、ソードフィッシュからの最後の通信となった。1月9日、一連の空襲が終わったことに伴い、ソードフィッシュは特別任務遂行のため沖縄近海への復帰を命じられた。任務は担当海域到着後7日以内に完了するものと考えられ、ソードフィッシュは1月11日に海域に到着した。任務完了後、ソードフィッシュは無線での連絡ができない場合、サイパン島もしくはミッドウェー島に向かう予定であった。サイパン島に向かう場合は1月18日が到着予定日であったが、当時には姿を見せなかった。さらに2月15日になっても両島においてソードフィッシュは確認できず、無線連絡も取れなかった。ソードフィッシュは1945年2月15日をもって喪失が認定された。ソードフィッシュ (サーゴ級潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 根こそぎ動員

    根こそぎ動員から見た南西諸島南西諸島

    おもに本土における根こそぎ動員と満州地域における根こそぎ動員があった。その他沖縄県などの南西諸島でも、鉄血勤皇隊など、沖縄戦前後に15歳未満から65歳以上まで戦闘員として徴用されたことを言うが、義勇兵役法成立以前の防衛召集によるものである。根こそぎ動員 フレッシュアイペディアより)

609件中 61 - 70件表示

「南西諸島の気象情報」のニューストピックワード

おすすめ画像