609件中 81 - 90件表示
  • 昆虫類レッドリスト (環境省)

    昆虫類レッドリスト (環境省)から見た南西諸島南西諸島

    2000年版から2007年版にかけて絶滅のおそれのある種の数が68種増えたが、このうち38種はコウチュウ目である。小笠原諸島や南西諸島等の島嶼地域において絶滅のおそれが高いと考えられているが、要因として特定外来生物に指定されたグリーンアノール等の外来種の影響があげられている。ゲンゴロウ類でカテゴリーランクが上がった種が多いが、要因として生息環境の悪化や採取による影響があげられている。昆虫類レッドリスト (環境省) フレッシュアイペディアより)

  • 伊七型潜水艦

    伊七型潜水艦から見た南西諸島南西諸島

    開戦時、両艦とも第六艦隊第二潜水戦隊(伊7は戦隊旗艦)に所属しハワイ作戦に参加。伊7はその後、インド洋、アリューシャン、ソロモン、再びアリューシャンと転戦し1943年(昭和18年)キスカ島へ輸送作戦中に戦没。伊8は北米西岸、ソロモンと転戦し1943年(昭和18年)にドイツ派遣。帰国後はインド洋での通商破壊戦に従事。1945年(昭和20年)に入り南西諸島方面へ出撃したが沖縄沖で戦没した。伊七型潜水艦 フレッシュアイペディアより)

  • モンパノキ

    モンパノキから見た南西諸島南西諸島

    日本では、南西諸島の奄美群島以南および小笠原諸島に普通に自生する。種子島にもかつて自生していたが、野生の株は絶滅している。海岸の砂礫地や砂浜を好み、ハマスーキ、ガンチョーギ、ソーギキ、スビキ、シサザキ等、島によって多様な地方名を持つ。モンパノキ フレッシュアイペディアより)

  • ボーフィン (潜水艦)

    ボーフィン (潜水艦)から見た南西諸島南西諸島

    7月16日、ボーフィンは6回目の哨戒で南西諸島方面に向かった。8月9日まではどんな目標にも遭遇しなかったが、その8月9日に南大東島に向かう4隻の船を発見。ボーフィンは4隻が係留した直後に魚雷を6本発射、機帆船静洋丸(不詳)と報国丸(不詳)を撃沈した。その他の魚雷は、その爆発でバスを海中に吹き飛ばしたかのように見え、別の魚雷は岸壁に命中して爆発した。8月19日には、沖縄島北西で609船団に接触し、浮上攻撃を試みたものの逃げられた。この609船団の顔ぶれは対馬丸(日本郵船、6,754トン)、和浦丸(三菱汽船、6,804トン)、暁空丸(拿捕船、6,854トン)と砲艦宇治、駆逐艦蓮、梅であった。609船団は第62師団を沖縄に輸送し、梅以外の5隻はナモ103船団として2日後の8月21日18時35分に那覇を出航した。対馬丸には児童787人を含む、疎開する民間人1,484人が乗船した。この前後、ボーフィンは久米島北方海域を浮上して哨戒していた。ボーフィン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ヨタカ

    ヨタカから見た南西諸島南西諸島

    夏季に中華人民共和国東部、ロシア南東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季になるとインドネシアやフィリピン、インドシナ半島へ南下し越冬する。南アジアやマレー半島では周年生息する。日本では夏季に九州以北に繁殖のため飛来する(夏鳥)。伊豆諸島や南西諸島では渡りの途中に飛来する(旅鳥)。ヨタカ目では本種のみが日本に飛来する。ヨタカ フレッシュアイペディアより)

  • インドクジャク

    インドクジャクから見た南西諸島南西諸島

    オーストラリア、日本(南西諸島の一部)、ニュージーランドなどへ移入。インドクジャク フレッシュアイペディアより)

  • 喜界島地震

    喜界島地震から見た南西諸島南西諸島

    喜界島地震(きかいじまじしん)は、1911年(明治44年)6月15日23時26分、鹿児島県喜界島南方(北緯28度、東経130度)で発生した。規模はM8.0。名瀬測候所で震度6に相当する揺れ(烈)を観測したほか、那覇測候所などでも震度5相当(強)の揺れがあった。この地震で喜界島で1人が死亡するなど、計12人が犠牲となった。家屋の損壊も多く、沖縄本島まで被害が及んだ。また加計呂麻島鎮西村(現瀬戸内町)には津波が押し寄せたという。ただし今村・飯田の津波等級では0(1m程度)にとどまる。この地震は南西諸島で発生した地震としては有史以来最大規模のものである。喜界島地震 フレッシュアイペディアより)

  • ウスバカミキリ

    ウスバカミキリから見た南西諸島南西諸島

    日本全土に分布し、主に6?8月の間に発生する。また、同じ亜属に属し近縁なトゲウスバカミキリは南西諸島と八丈島に分布し、7月下旬が成虫の活動する最盛期である。ウスバカミキリ フレッシュアイペディアより)

  • 昭和54年台風第16号

    昭和54年台風第16号から見た南西諸島南西諸島

    この台風の特徴は南西諸島の東を進んでいるときは非常にゆっくりとした速度で進んでいたのに対し、本土に近づくと一気に加速した点にある。室戸市付近に上陸する頃は時速45キロ、東北地方を縦断する頃には時速90キロにも達していた。昭和54年台風第16号 フレッシュアイペディアより)

  • トラウト (SS-202)

    トラウト (SS-202)から見た南西諸島南西諸島

    2月29日、トラウトが行動する海域の近くで哨戒中のロック (USS Rock, SS-274) が南西諸島付近を航行中にで日本の重要船団を発見した。この船団は、釜山からグアム島へ第29師団の陸軍兵士を輸送する『松輸送』船団の内の一つであり、安芸丸(日本郵船、11,409トン)、東山丸(大阪商船、8,666トン)、崎戸丸(日本郵船、9,247トン)の3隻の優秀貨客船が中心となり、朝霜、岸波、沖波の3隻の駆逐艦で構成されていた。ロックは夜間の2時49分頃に浮上して船団に接近したが、この時ロックの右斜め前方約6キロの地点にいた朝霜に察知され、ロックは照準することなく後部発射管から魚雷4本を放射状に発射した。その後ロックは朝霜の右舷側に移り、朝霜のサーチライトと5インチ砲の発射炎によって照らされながら潜航した。しかし、潜航しかけた時に砲弾が潜望鏡支柱に命中し、潜望鏡が昼間用・夜間用の両方とも破損し。またレーダーマストに浸水するなど大小さまざまな被害を受けていた。この後、4時間に及ぶ爆雷攻撃をしのいだロックは夜になって浮上し、船団発見の旨を報告した。この報告を受信して船団を攻撃したのがトラウトであった。トラウト (SS-202) フレッシュアイペディアより)

609件中 81 - 90件表示

「南西諸島の気象情報」のニューストピックワード

おすすめ画像