前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • 南部忠平

    南部忠平から見た南部忠平記念陸上競技大会南部忠平記念陸上競技大会

    現在、南部の功績をたたえて毎年7月にグランプリシリーズとして南部忠平記念陸上競技大会という大会が開催されている。この大会はオリンピック並びに世界陸上競技選手権の追加代表の選考に使われることが多く、非常に重要な大会となっている。南部忠平 フレッシュアイペディアより)

  • 小松隆志

    小松隆志から見た南部忠平記念陸上競技大会南部忠平記念陸上競技大会

    安芸高校3年の国民体育大会で三段跳に出場し、15メートル81の日本高校新記録をマークして優勝。1994年、日本選手権で初優勝。広島アジア大会では16m88をマークして銀メダルを獲得した。1996年、アトランタオリンピックへの出場が有力視されていたが、コンディショニングに失敗し選考会であった日本選手権で3位に終わり、オリンピック出場を逸した。2000年のシドニーオリンピックも落選した。その後は、地元で開催されるよさこい高知国体に出場するために現役を続行。2002年、調整なしで臨んだ日本選手権でまさかの優勝。釜山アジア大会日本代表に選出された。アジア大会では銅メダルを獲得。しかし、アジアで3位になったにもかかわらず、最も力を入れていたその年の高知国体では優勝を逸し、3位に終わった。2004年、日本選手権で準優勝し、アテネオリンピック出場の芽が出たが、最終選考会だった南部記念陸上で結果を残せず、またしても落選した。小松隆志 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋光

    土屋光から見た南部記念南部忠平記念陸上競技大会

      日本インカレ:第1位・南部記念第:1位・スーパー陸上:第3位土屋光 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋忠司

    大橋忠司から見た南部記念南部忠平記念陸上競技大会

    2008年、織田記念で17m54をプットして3位に入った。5月に行われた東日本陸上では、17m43、山梨選手権でも17m43をプットし安定し、日本選手権では、17m18で3位に入賞した。続く南部記念では、17m16で2位になった。ハムストリングの傷みも良くなりトワイライトゲームズで、日本歴代6位になる17m84をプットして優勝した。秋シーズンには、スーパー陸上でアテネ五輪金メダリスト、U・ビロノグ選手、北京五輪金メダリスト、トマッシュ選手に次ぐ3位に入賞し、秋シーズンに入った。そして山形県天童市で行われた全日本実業団でベストを1cm更新する17m85をプットし初優勝を飾った。続く、大分国体成年男子砲丸投げでまたしても1cm更新する17m86で7.26Kで初の日本一になった。そして今シーズン最終戦浜松中日カーニバルで日本歴代5位の17m94をプットしてシーズンを終えた。大橋忠司 フレッシュアイペディアより)

  • 南部忠平記念

    南部忠平記念から見た南部忠平記念陸上競技大会南部忠平記念陸上競技大会

    南部忠平記念 フレッシュアイペディアより)

  • 大前祐介

    大前祐介から見た南部記念南部忠平記念陸上競技大会

    大学を卒業した現在では富士通へ所属している。2006年9月10日に行われた南部記念100mで優勝し、アジア大会のリレーの代表として選ばれた(本人は初めての日本代表と認識しているそうだ)。本大会では4×100mリレーの第3走者として出場し、銀メダルを獲得した。大前祐介 フレッシュアイペディアより)

  • 杉林孝法

    杉林孝法から見た南部忠平記念陸上競技大会南部忠平記念陸上競技大会

    ミキハウスに所属していた2000年7月、南部忠平記念において、日本歴代2位となる17m02を記録し、シドニーオリンピックに出場する。2001年と2003年の世界選手権、2004年のアテネオリンピックにも出場したが、いずれも予選落ちだった。杉林孝法 フレッシュアイペディアより)

  • 太田陽子

    太田陽子から見た南部記念南部忠平記念陸上競技大会

    1m95(2002年。日本歴代2位タイ。南部記念陸上にて樹立)太田陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋萌木子

    高橋萌木子から見た南部忠平記念陸上競技大会南部忠平記念陸上競技大会

    2004年に早稲田中を卒業し、埼玉栄高等学校へ入学。高校3年間でインターハイの100mでは史上初となる三連覇を成し遂げた。また、2006年のインターハイでは他に200mでも優勝こそ同学年のライバル中村宝子に譲ったものの、記録は23秒71で、当時の高校記録およびジュニア日本記録を更新する走りを見せた。さらにリレーでも2種目に出場し、この大会だけで対校得点29点分に貢献した。2006年9月の南部記念では11秒54を記録し、100mでも高校記録を更新。こちらは正真正銘の高校記録保持者となった。高橋萌木子 フレッシュアイペディアより)

  • 桝見咲智子

    桝見咲智子から見た南部記念南部忠平記念陸上競技大会

    2008年の日本選手権では6m57の好記録で第一人者の池田らをおさえて優勝。しかし、北京五輪参加標準Bに到達していなかったため南部記念にかけたが、6m70を叩き出した池田に敗れ、B標準も突破できなかったため、北京オリンピック代表入りはならなかった。(この時桝見がB標準を突破して優勝し、池田がB標準以下にとどまれば、A標準を持つ池田に優先して桝見が代表になったといわれている。)桝見咲智子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示

「南部忠平記念陸上大会」のニューストピックワード