前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示
  • 沖縄方言

    沖縄方言から見た久米島久米島

    沖縄方言(おきなわほうげん)または沖縄語(おきなわご)、沖縄中南部諸方言(おきなわちゅうなんぶしょほうげん)は、琉球語(琉球方言)のうち、沖縄諸島中南部で話される方言(言語)の総称である。話される範囲には沖縄本島中南部と慶良間諸島、久米島、渡名喜島、粟国島、奥武島、浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島が含まれる。ウチナーグチ(沖縄口)とも言う。沖縄方言 フレッシュアイペディアより)

  • 不妊虫放飼

    不妊虫放飼から見た久米島久米島

    日本では、沖縄のウリミバエに対してこの方法が行われ、成功を収めている。ウリミバエは腰がくびれ、一見ハチのように見える1cm足らずのミバエで、キュウリやゴーヤーなどウリ類を中心とした果実に親が産卵し、幼虫は果実の内部を食い荒らす。もともと日本にはいなかったが、台湾から侵入したらしく、20世紀初頭に八重山で見つかり、1970年には沖縄本島周辺の離島である久米島で発見された。このため、沖縄からはウリ類などの本土への出荷ができず、また、このままでは本土への侵入も懸念されることから、復帰記念事業の一つとして久米島でのウリミバエの不妊虫法飼法による根絶が行われることになった。なお、ウリミバエは次第に北上して1980年頃には奄美群島を含む琉球列島全域に見られるようになった。不妊虫放飼 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の年表

    沖縄県の年表から見た久米島久米島

    1511年 尚真王が久米島を制圧。沖縄県の年表 フレッシュアイペディアより)

  • ヒルギモドキ

    ヒルギモドキから見た久米島久米島

    東アフリカ熱帯域から南アジア、オーストラリアの熱帯および亜熱帯の海岸に広く分布し、日本国内では、南西諸島(沖縄本島・久米島?・宮古島・石垣島・小浜島・西表島・与那国島)に分布する。分布の北限は沖縄本島である。ヒルギモドキ フレッシュアイペディアより)

  • 平成19年台風第11号

    平成19年台風第11号から見た久米島久米島

    平成19年台風第11号(へいせい19ねんたいふうだい11ごう、アジア名:ナーリー〔Nari、命名国:韓国、意味:百合〕)は2007年(平成19年)9月に発生し、日本に接近して韓国に上陸した台風である。急激に発達した後、久米島を直撃し、猛烈な風の被害をもたらした。平成19年台風第11号 フレッシュアイペディアより)

  • 平成13年台風第16号

    平成13年台風第16号から見た久米島久米島

    9月6日に沖縄県石垣島近海で発生した台風16号は当初は東進していたが太平洋高気圧の壁に阻まれて進路が定まらなくなり、9月8日頃に沖縄本島を通過し、9月7日から8日にかけて暴風にさらされた。沖縄本島通過後は進路を西寄りに変えて9月9日には遠ざかったが、東シナ海で再び沖縄本島方面へ進路を変え9月11日に強い勢力で再び接近した。台風は9月11日から13日にかけて沖縄近海でほぼ停滞し、沖縄本島や久米島・慶良間諸島では長時間にわたり暴風にさらされた。その後、台風は南西諸島から遠ざかったが、東シナ海をゆっくりとした速度で南西進するなど複雑な動きを続け、9月16日に台湾に上陸して熱帯低気圧に変わったが、9月20日に再び発達して台風の勢力となり中国華南に上陸して消滅した。平成13年台風第16号 フレッシュアイペディアより)

  • ナミゲンゴロウ

    ナミゲンゴロウから見た久米島久米島

    沖縄島、伊是名島、久米島、池間島、石垣島、西表島、与那国島、南大東島、中国、東南アジア、インド、アッサムに分布に分布。体長27 - 33?。ナミゲンゴロウ フレッシュアイペディアより)

  • カワラナデシコ

    カワラナデシコから見た久米島久米島

    日本では本州以西四国、九州に広く分布するほか、沖縄諸島(久米島・渡名喜島)に少数が自生する。日本国外では朝鮮、中国、台湾に分布する。主に日当たりの良い草原や河原に生育するが、路傍や山地の斜面、海岸の砂浜等でも生育する。カワラナデシコ フレッシュアイペディアより)

  • 渡名喜村

    渡名喜村から見た久米島久米島

    那覇市(沖縄本島南部)の北西約60km、久米島・慶良間諸島・粟国島のほぼ中間に位置する有人島の渡名喜島と無人島の入砂島の2島からなる。渡名喜村 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の歴史

    沖縄県の歴史から見た久米島久米島

    沖縄県にいつ頃から人類が現れたのかは不明だが、現在の南西諸島は、最終氷期にはアジアと陸続きであり、その頃に様々な動物と共に移り住んできたものであろう。県内最古の人骨は那覇市で見つかった山下洞人で、今からおよそ3万2千年前のものだと推測されている。また、1967年に具志頭村(現在の八重瀬町)で発見された港川人骨はおよそ1万8000年前のものとされ、日本で初めて見つかった完全な形に近い旧石器時代人骨として有名である。化石人骨は沖縄本島を中心に、久米島、伊江島、宮古島からもみつかっている。沖縄県の歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示

「南部離島のできごと」のニューストピックワード