215件中 111 - 120件表示
  • インドハッカ

    インドハッカから見た久米島久米島

    日本では、飼育下から逃げ出したものが野生化し、繁殖しているが、まだ問題となる個体数は認められていない。本州ではこれまで千葉県、神奈川県のほか、埼玉県の記録がある。また、四国や九州、南西諸島の久米島、与那国島でも記録され、石垣島においても繁殖が認められている。これらは本来の自然分布域に比較的近いため、自然の飛来例であるか移入個体例であるか確定は困難だが、八重山諸島の個体については、台湾で移入繁殖した個体が渡来しているものと考えられる。インドハッカ フレッシュアイペディアより)

  • 平成27年台風第9号

    平成27年台風第9号から見た久米島久米島

    沖縄本島と宮古島地方に暴風警報が、沖縄本島の12市町村に大雨洪水警報が発表された。強風にあおられて転倒するなど重軽傷者27名。本部町謝花で9日0時から10日22時までに274.5ミリ、座間味村の慶良間空港では9日23時からの24時間で189.5ミリの降水を計測、南城市玉城で49.9メートル、久米島の久米島空港で44.8メートルの最大瞬間風速を記録し、航空機・船舶の欠航、道路・橋の通行止めなどが行なわれた。平成27年台風第9号 フレッシュアイペディアより)

  • リュウキュウマツ

    リュウキュウマツから見た久米島久米島

    銘木として観賞されているものに久米島の五枝の松がある。リュウキュウマツ フレッシュアイペディアより)

  • 平成28年台風第18号

    平成28年台風第18号から見た久米島久米島

    台風は発達しながら北西に進み、3日15時には久米島の南で中心気圧915ヘクトパスカルの猛烈な勢力に発達した。18時にはさらに発達して905ヘクトパスカル、最大風速60メートルに達し、「中心気圧910ヘクトパスカル以下または最大風速60メートル以上」という基準を満たしたため、気象庁は19時2分に沖縄本島地方に大雨、暴風、波浪、高潮の特別警報を発表した。平成28年台風第18号 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメハギ属

    ヒメハギ属から見た久米島久米島

    リュウキュウヒメハギ Polygala longifolia Poir. -一年草。沖縄の久米島に分布。絶滅危惧IA類(CR)(2012年環境省レッドリスト)。国外では中国南部、インドシナ、インド、マレーシアに分布する。ヒメハギ属 フレッシュアイペディアより)

  • ハリバット (潜水艦)

    ハリバット (潜水艦)から見た久米島久米島

    3月21日、ハリバットは9回目の哨戒で南西諸島方面へ向かった。4月12日未明、ハリバットはの奄美大島と徳之島を結ぶ海域で護衛艦3隻と貨客船および輸送船からなる、鹿児島から那覇に向かっていた鹿004船団を発見した。ハリバットは魚雷を3本発射し、やがて閃光が望見された。魚雷は貨客船台中丸(大阪商船、3,213トン)に命中してこれを撃沈した。3隻の護衛艦が18発の爆雷を投下し、気泡の噴出を見て「撃沈確実」と判断したが、実際にはハリバットに被害はなかった。4月27日未明には、沖縄島北北東の海域で門司に向かっていた沖609船団を発見し、3時に至りの伊平屋島東沖で2つの目標に対して魚雷を3本ずつ計6本発射し、やがて魚雷命中の閃光が見えた。最初の攻撃を受け、敷設艇鴎は反撃の爆雷攻撃を開始する。約1時間後、船団から遅れていた輸送船玄武丸(日本郵船、1,872トン)に対して魚雷を3本発射し、うち2本命中させて撃沈した。9時過ぎには三度目の攻撃で魚雷を4本発射し、うち2本が鴎に命中して鴎を撃沈した。やがて航空機が飛来し、潜航中のハリバットを攻撃してきたので、ハリバットは深深度に避退していった。航空機と2隻の護衛艦から実に90発もの爆雷を投下されたものの、ハリバットはその場を難なく立ち去った。4月29日夕刻には久米島沖に浮上して、久米島の陸上施設に対し4インチ砲による艦砲射撃を行い、倉庫や建物を破壊した。5月3日午後には、の地点で「18隻の貨物サンパンの艦隊」、実際には南方行きの機帆船団に遭遇。2隻の250トン級のサンパンを炎上させたり破壊したが、攻撃中にハリバットの乗組員3名が負傷した。この攻撃により機帆船第五昇運丸が沈没した。5月11日にミッドウェー島に寄港し、負傷者はオークランドの海軍病院に搬送されていった。5月15日、ハリバットは58日間の行動を終えて真珠湾に帰投。サンフランシスコに回航され、ベスレヘム・スチールでオーバーホールに入った。オーバーホールが終わったハリバットは9月20日に真珠湾に戻り、を搭載した。ハリバット (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ガードフィッシュ (潜水艦)

    ガードフィッシュ (潜水艦)から見た久米島久米島

    9月30日、ガードフィッシュは2回目の哨戒で東シナ海に向かった。10月19日午前、の久米島近海を航行中のガードフィッシュは、輸送船伏見丸を発見し、魚雷を6本発射して最低1本を命中させて損傷を与えたと評価された。浮上のまま追跡を続けていたが、やがて哨戒機に発見され急速潜航を行った。直後に至近弾を受けたが、大した被害も受けず振り切った。2日後の10月21日、ガードフィッシュはの地点で輸送船7隻からなる第279船団を発見し、先頭の6,700トン輸送船に対して魚雷を4本発射し、2本が輸送船日穂丸(日産汽船、6,363トン)に命中して日穂丸を撃沈。続く攻撃で8,700トン級タンカーに対して魚雷を3本発射し、約2分後には救命ボートを降ろしているかのような光景が見られた。8,700トン級タンカーは後日、4,000トン級輸送船に修正された上で撃沈が認定されたが、該当する戦果はなかった。11月2日には鳥島の写真撮影を行い、南西諸島の南側を通過した。11月28日、ガードフィッシュは59日間の行動を終えて真珠湾に帰投。二度にわたる哨戒任務での傑出した戦果によって、ガードフィッシュは殊勲部隊章を受章した。ガードフィッシュ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 蔵元 (琉球王国)

    蔵元 (琉球王国)から見た久米島久米島

    蔵元(くらもと)は、宮古諸島、八重山諸島及び久米島に置かれた琉球王国の地方政庁である。蔵許とも表記する。蔵元 (琉球王国) フレッシュアイペディアより)

  • 中島俊哉

    中島俊哉から見た久米島久米島

    楽天球団職員(ジュニアコーチ)就任。同年2月にはレポーターとしてチームの久米島キャンプに同行した。中島俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメハルゼミ

    ヒメハルゼミから見た久米島久米島

    沖縄本島・伊平屋島・久米島・沖永良部島に分布する固有亜種。基亜種よりやや小さい。鳴き声は基亜種と比べもともとのテンポが速く、しかもだんだんと速まっていく。ヒメハルゼミ フレッシュアイペディアより)

215件中 111 - 120件表示

「南部離島のできごと」のニューストピックワード