215件中 11 - 20件表示
  • 硫黄鳥島

    硫黄鳥島から見た久米島久米島

    14世紀後半から明王朝へ進貢する硫黄の産地として知られ、琉球王国が滅亡する19世紀中頃まで、琉球と明・清朝の朝貢関係を繋ぐ重要な島であった。1903年(明治36年)の久米島移住後も硫黄採掘が行われたが、1959年(昭和34年)の噴火により住民は島外へ移住、1967年(昭和42年)にも採掘従事者も撤退し、それ以降は完全な無人島となった。硫黄鳥島 フレッシュアイペディアより)

  • ナナフシ

    ナナフシから見た久米島久米島

    分布:日本(九州(大隅半島)、沖縄本島、久米島、宮古島、西表島)、中国、台湾。ナナフシ フレッシュアイペディアより)

  • 渡名喜村

    渡名喜村から見た久米島久米島

    那覇市(沖縄本島南部)の北西約60km、久米島・慶良間諸島・粟国島のほぼ中間に位置する有人島の渡名喜島と無人島の入砂島の2島からなる。渡名喜村 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の年表

    沖縄県の年表から見た久米島久米島

    1511年 尚真王が久米島を制圧。沖縄県の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見た久米島久米島

    2月1日の沖縄県久米島での春季キャンプで本格的に始動。2月26日、新大分球場にて球団として初のオープン戦となる読売ジャイアンツ戦が行われ、4対3で勝利した。オープン戦は16試合で7勝8敗1分だった。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の歴史

    沖縄県の歴史から見た久米島久米島

    沖縄県にいつ頃から人類が現れたのかは不明だが、現在の南西諸島は、最終氷期にはアジアと陸続きであり、その頃に様々な動物と共に移り住んできたものであろう。県内最古、かつ日本最古の人骨は那覇市で見つかった山下洞人で、今からおよそ3万2千年前のものだと推測されている。また、1967年に具志頭村(現在の八重瀬町)で発見された港川人骨はおよそ1万8000年前のものとされ、日本で初めて見つかった完全な形に近い旧石器時代人骨として有名である。化石人骨は沖縄本島を中心に、久米島(下地原洞人)、伊江島(ゴヘス洞人)、宮古島(ピンザアブ洞人)、石垣島(白保竿根田原洞人)からも見つかっている。沖縄県の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 寒波

    寒波から見た久米島久米島

    1977年2月中旬(低温・大雪) - 全国的な異常低温。沖縄県では当時唯一の降雪記録となる久米島でみぞれを観測。西日本平野部でも広範囲で最高気温0に達せず真冬日。五二豪雪(昭和52年豪雪)の一連の寒波の中で最も強烈なものであり、多くの観測地点で最低気温の極値を更新(右図 赤字)した。1981年の寒波及び2016年の寒波とともに戦後最強クラスの寒波である。八戸市で92cm、むつ市170cm、屋久島で2cm(以上歴代1位)、鳥取市で105cm(歴代2位)の積雪を記録した。寒波 フレッシュアイペディアより)

  • 奥武島

    奥武島から見た久米島久米島

    久米島の東にある島で久米島町に属する。久米島とは海中道路(橋)で結ばれている。奥武島 フレッシュアイペディアより)

  • オキナワウラジロガシ

    オキナワウラジロガシから見た久米島久米島

    日本の固有種で、奄美大島、徳之島、沖縄島、久米島、石垣島、西表島の湿潤で肥沃な非石灰岩地に分布する。オキナワウラジロガシ フレッシュアイペディアより)

  • 今帰仁朝義

    今帰仁朝義から見た久米島久米島

    1757年(乾隆22)4月12日 久米島の具志川間切を加授される。今帰仁朝義 フレッシュアイペディアより)

215件中 11 - 20件表示

「南部離島のできごと」のニューストピックワード