215件中 31 - 40件表示
  • こちらお天気情報部

    こちらお天気情報部から見た久米島久米島

    レジャー・スポーツではイルカ観賞(1996年5月3日・1997年6月6日)、ディズニー特集(1996年6月7日)、洞窟探検(1996年6月21日)、シャチ乗り(1996年6月28日)、カヌー(1996年8月2日)、ゾウガメ乗り(1996年8月23日)、スキー(1997年2月28日・3月7日)、ランドヨット(1997年6月20日・6月27日)、ビーチバレー(1997年8月15日)、リュージュ(1997年9月5日)、水上スキー(1997年9月12日)、パラグライダー(1997年9月19日)、スカイダイビング(1997年9月26日)などを特集、地方ロケも日光(1996年10月11日)、京都(1996年11月29日)、安曇野(1997年3月21日)、立山黒部アルペンルート(1997年4月25日)、赤城山(1997年5月16日)、尾瀬(1997年6月6日)、九十九里浜(1997年6月20日)、沖縄・久米島(1997年7月18日・7月25日)、長崎(1997年8月1日)など多く行っていた。こちらお天気情報部 フレッシュアイペディアより)

  • ホシホウジャク

    ホシホウジャクから見た久米島久米島

    日本(北海道、本州、四国、九州、種子島、屋久島、トカラ列島、奄美大島、沖縄本島、久米島、久場島、屋嘉比島、宮古島、石垣島、西表島、与那国島、南大東島、北大東島)、朝鮮半島、中国、台湾、インド北部、スンダ列島、太平洋地域。ホシホウジャク フレッシュアイペディアより)

  • デイゴヒメコバチ

    デイゴヒメコバチから見た久米島久米島

    2004年に行われたデイゴ類に発生するメイガ類の調査時には、デイゴヒメコバチの被害は確認されなかった。しかし、2005年5月に沖縄県石垣島でデイゴに多数の虫こぶが確認された。その後、沖縄本島などでも同様の症状が確認され、これらの虫こぶの解剖や飼育を行った結果、これらの虫こぶからデイゴヒメコバチが発生するのが確認された。石垣島や沖縄本島以外でも、これに続いた調査で波照間島、西表島、宮古島、久米島、竹富島などでデイゴヒメコバチが確認され、2006年には前年には確認されなかった鹿児島県奄美大島、徳之島で確認された。徳之島では街路樹として使われているアメリカデイゴでもデイゴヒメコバチの寄生が確認され、同様に街路樹として使用している鹿児島県の本土や宮崎県などにおいても、移入による被害が懸念されている。デイゴヒメコバチ フレッシュアイペディアより)

  • ウリミバエ

    ウリミバエから見た久米島久米島

    日本では1919年に八重山列島で初めて存在が確認され、その後も1929年に宮古列島、1970年に久米島、1972年に沖縄本島、1973年に与論島と沖永良部島、1974年に奄美群島、1977年に大東諸島と分布が拡大していった。ウリミバエ フレッシュアイペディアより)

  • イトスナヅル

    イトスナヅルから見た久米島久米島

    日本では、沖縄諸島(伊是名島・久米島)に、日本国外ではオーストラリアに分布する。日当りのよい低木林等で、オオマツバシバに寄生する。イトスナヅル フレッシュアイペディアより)

  • オオカサマイマイ

    オオカサマイマイから見た久米島久米島

    北では鹿児島県の薩摩半島、奄美大島、徳之島、それに沖縄本島と近辺の久米島、平安座島、宮城島、伊平屋島、伊是名島に分布する。トカラ列島、屋久島、種子島では報告がない。オオカサマイマイ フレッシュアイペディアより)

  • 具志川村

    具志川村から見た久米島久米島

    具志川村(ぐしかわそん)は沖縄県の久米島にあった村である。仲里村への通勤率は12.7%。久米島の西半分と硫黄鳥島から成る(硫黄鳥島は沖縄県最北端の無人島で、徳之島の西に位置するため飛び地である)。具志川村 フレッシュアイペディアより)

  • リュウキュウヤマガメ

    リュウキュウヤマガメから見た久米島久米島

    日本(沖縄島北部、久米島、渡嘉敷島)固有種。伊江島と慶留間島でも発見例があるが、人為的に移入された個体だと考えられている。リュウキュウヤマガメ フレッシュアイペディアより)

  • オキナワコキクガシラコウモリ

    オキナワコキクガシラコウモリから見た久米島久米島

    オキナワコキクガシラコウモリ(沖縄小菊頭蝙蝠、学名:Rhinolophus pumilus pumilus)は、翼手目キクガシラコウモリ科に属するコウモリ。日本固有亜種(種としても固有種)であり、沖縄島、伊平屋島、渡嘉敷島、久米島、宮城島に生息する。オキナワコキクガシラコウモリ フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・スパイアー

    ライアン・スパイアーから見た久米島久米島

    は楽天の久米島での春季キャンプにテスト生として参加し、2月16日に入団が発表された。地震の影響で他の外国人選手が帰国する中、スパイアーだけは家族を説得して日本に残り、星野仙一監督から「人生を懸けているし、腹が据わっとる」と評価された。開幕戦から抑えとして起用され、初登板初セーブを記録した。しかし、その後勝ちゲームを壊す機会が増え、抑えの座をダレル・ラズナーに譲った。11月22日に戦力外通告を受け、11月29日に自由契約公示がなされた。ライアン・スパイアー フレッシュアイペディアより)

215件中 31 - 40件表示

「南部離島のできごと」のニューストピックワード