156件中 41 - 50件表示
  • オキナワウラジロガシ

    オキナワウラジロガシから見た久米島久米島

    日本の固有種で、奄美大島、徳之島、沖縄島、久米島、石垣島、西表島の湿潤で肥沃な非石灰岩地に分布する。オキナワウラジロガシ フレッシュアイペディアより)

  • 久米島切手

    久米島切手から見た久米島久米島

    久米島切手(くめじまきって)とは、沖縄県の久米島において第二次世界大戦直後(1945年10月?1946年5月)に暫定的に発行された臨時の郵便切手である。中央の郵政当局の許可無く行われたものであるが、従来の日本の郵便切手の使用がアメリカ軍から禁止されたうえに、かわりとなるべき切手も用意できなかったため、この処置となった。久米島切手 フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・スパイアー

    ライアン・スパイアーから見た久米島久米島

    は楽天の久米島での春季キャンプにテスト生として参加し、2月16日に入団が発表された。地震の影響で他の外国人選手が帰国する中、スパイアーだけは家族を説得して日本に残り、星野仙一監督から「人生を懸けているし、腹が据わっとる」と評価された。開幕戦から抑えとして起用され、初登板初セーブを記録した。しかし、その後勝ちゲームを壊す機会が増え、抑えの座をダレル・ラズナーに譲った。11月22日に戦力外通告を受け、11月29日に自由契約公示がなされた。ライアン・スパイアー フレッシュアイペディアより)

  • グレイバック (SS-208)

    グレイバック (SS-208)から見た久米島久米島

    ところで、日本側の記録の一部『佐世保鎮守府戦時日誌』および『佐世保防備戦隊戦時日誌』によれば、タモ05船団が潜水艦の攻撃を受けて錫蘭丸が沈没したのは2月27日21時5分ごろと記録されている。その前日の2月26日には、朝から複数回にわたる航空機による対潜攻撃が記録されている。まず朝7時23分ごろ、那覇航空隊の陸上攻撃機1機がの地点で針路90度、推定速度10ノットで航行する浮上潜水艦を発見し、250キロ爆弾を2発投下して潜水艦から20メートルと50メートルのところに落ち、その効果は不明だったことを報告。この攻撃報告を受けて発進した4機の九七式艦攻のうちの1機が、8時40分ごろにの久米島近海にて針路80度、推定速度15ノットで航行する浮上潜水艦を発見して爆撃し、司令塔直後の艦の中心線付近に250キロ爆弾1発を命中させ、機を引き起こした際に爆発が起こって潜水艦は轟沈。直後8時50分にも2機の九七式艦攻が到着して油の噴出点を爆撃して油泡がさらに湧出し、流れ出た油は幅100メートル、長さ約250メートルから300メートルの範囲に広がり、油は14時30分頃に至っても多量に噴出していたとある。グレイバック (SS-208) フレッシュアイペディアより)

  • ひまわりっ 〜健一レジェンド〜

    ひまわりっ 〜健一レジェンド〜から見た久米島久米島

    宴会で酔った勢いで、所長(支店長)にむかって、うっかり「マメモヤシ」と言ってしまったため、那覇支店久米島出張所に飛ばされてしまった。ひまわりっ 〜健一レジェンド〜 フレッシュアイペディアより)

  • ガードフィッシュ (潜水艦)

    ガードフィッシュ (潜水艦)から見た久米島久米島

    9月30日、ガードフィッシュは2回目の哨戒で東シナ海に向かった。10月19日午前、の久米島近海を航行中のガードフィッシュは、輸送船伏見丸を発見し、魚雷を6本発射して最低1本を命中させて損傷を与えたと評価された。浮上のまま追跡を続けていたが、やがて哨戒機に発見され急速潜航を行った。直後に至近弾を受けたが、大した被害も受けず振り切った。2日後の10月21日、ガードフィッシュはの地点で輸送船7隻からなる第279船団を発見し、先頭の6,700トン輸送船に対して魚雷を4本発射し、2本が輸送船日穂丸(日産汽船、6,363トン)に命中して日穂丸を撃沈。続く攻撃で8,700トン級タンカーに対して魚雷を3本発射し、約2分後には救命ボートを降ろしているかのような光景が見られた。8,700トン級タンカーは後日、4,000トン級輸送船に修正された上で撃沈が認定されたが、該当する戦果はなかった。11月2日には鳥島の写真撮影を行い、南西諸島の南側を通過した。11月28日、ガードフィッシュは59日間の行動を終えて真珠湾に帰投。二度にわたる哨戒任務での傑出した戦果によって、ガードフィッシュは殊勲部隊章を受章した。ガードフィッシュ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ポーギー (潜水艦)

    ポーギー (潜水艦)から見た久米島久米島

    1944年1月15日、ポーギーは5回目の哨戒で台湾近海に向かった。2月9日午後、ポーギーはの台湾東方で2隻の護衛艦に護衛され、7隻の輸送船からなるモタ01船団を発見。追跡の上2月10日未明より攻撃を開始し、まず魚雷を3本発射するが命中しなかった。3時間後、駆逐艦に対して魚雷を2本、輸送船に対して魚雷を3本発射。魚雷は、駆逐艦峯風の艦橋直下と後部に命中して撃沈し、輸送船まるた丸(日本海運、5,499トン)にも2本が命中して撃沈した。ポーギーは台湾東方で哨戒を続け、2月13日朝にはの彭佳嶼近海で3隻の輸送船を発見し、浮上攻撃で魚雷を2本発射したが命中した様子はなく、攻撃後に17発の爆雷攻撃を受けたが切り抜けた。2月20日未明、ポーギーはの、北回帰線と交差する八重山諸島の近海でナ180船団を発見。魚雷を2本発射し、2本とも命中したを確認。3時間半後に再び魚雷を3本発射し、1本の命中を確認する。最初の攻撃で輸送船大仁丸(太洋海運、5,154トン)を、二度目の攻撃で輸送船南洋丸(運輸通信省、3,614トン)を撃沈した。3日後の2月23日未明にも、の久米島近海でモタ05船団を発見し、先頭と二番目の輸送船に対して魚雷を4本発射し、30分後にもう4本発射。魚雷は2隻の輸送船、宝嶺丸(東亜海運、5,588トン)と帝坤丸(帝国船舶、5,113トン)に命中し、宝嶺丸は帝坤丸とともに那覇港に曳航されたが、2月25日に港外で荒天を避けるべく避泊中、船体が切断し座礁沈没した。翌2月25日未明には雨の中で沖大東島を艦砲射撃し、見張所に損害を与えた。3月8日、ポーギーは54日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。ポーギー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ミゾカクシ

    ミゾカクシから見た久米島久米島

    奄美大島と久米島に特産で見られる。ミゾカクシ フレッシュアイペディアより)

  • パファー (潜水艦)

    パファー (潜水艦)から見た久米島久米島

    12月16日、パファーは6回目の哨戒で南西諸島方面に向かった。1945年1月4日、パファーはの与論島近海で2隻の輸送船団を発見し、三度にわたって魚雷を1本ずつ発射、500トン級を撃沈した。1月10日早朝には、の久米島の西方で輸送船団を発見し、魚雷を3本発射して全ての命中を確認。次いで魚雷を4本発射し、1本の命中と判断、さらに魚雷を4本発射して3本を2隻の「吹雪型駆逐艦」に命中させて1隻撃沈、1隻撃破と判断。午後にも攻撃を行い、魚雷を6本発射して1本を輸送船に命中させ撃沈したと判断された。一連の攻撃で、第42号海防艦を轟沈させ、第30号海防艦の艦首にも魚雷を命中させて大破させた。翌1月11日にもの地点で海防艦を発見し、魚雷を2本発射したが命中しなかった。なお、この哨戒では沖縄本島周辺のレーダー調査も行われた。1月17日、パファーは30日間の行動を終えてグアムアプラ港に帰投した。パファー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 楽天わしづかみ

    楽天わしづかみから見た久米島久米島

    また、2009?11年度はキャンプ期間中は毎日「楽天キャンプわしづかみ」を久米島から送り、シーズン中も月一回の放送が行われていた。2012年から楽天主管試合の中継はJ SPORTSに移行したため放送終了。楽天わしづかみ フレッシュアイペディアより)

156件中 41 - 50件表示

「南部離島のできごと」のニューストピックワード