215件中 41 - 50件表示
  • 離島残置工作員

    離島残置工作員から見た久米島久米島

    太平洋戦争中、アメリカ軍の上陸に対し、現地住民を組織してのゲリラ戦を指揮するために配属された陸軍中野学校出身の工作員のことで、身分を秘匿して伊平屋島、伊是名島、粟国島、久米島、多良間島、黒島、西表島、波照間島、与那国島の9島に配置された。離島残置工作員 フレッシュアイペディアより)

  • 俺たちの祭

    俺たちの祭から見た久米島久米島

    沖縄県・久米島で生まれ育った今城隆之は、ある日出張で来た東京で劇団「新樹」の試験を受け合格、入団する。そして、隆之が思いを寄せる新樹の事務員・北見直子や新樹の同期生で隆之に片思いする沢矢津子、アパート「東京ハウス」には隆之の幼馴染みで久米島から一緒に上京してきた小野昭一、漫画家の卵・森田正道、ギター流しのアルバイトをしている花井三四郎。夢を追う彼らの様々な青春群像劇が描かれる。俺たちの祭 フレッシュアイペディアより)

  • 宮里静湖

    宮里静湖から見た久米島久米島

    1907年(明治40年)、沖縄県島尻郡具志川村(現在の久米島町西部)に生まれる。沖縄師範学校で宮良長包に師事し、卒業後は師弟で「船路」「桑の実」などの童謡や故郷の久米島に伝わる琉球民謡「阿嘉の鬚水」を原曲とする「荒磯の歌」、久米島小学校校歌等を発表した。このうち「荒磯の歌」は1964年(昭和39年)に東京教育出版社が刊行した音楽の教科書に掲載されている。後に上京して伊波南哲に見出され詩誌の編集に携わるが、就職のため満州へ渡り現地で応召。ソ連軍の捕虜となり、シベリア抑留を体験するが1945年(昭和20年)に解放されナホトカ経由で舞鶴港へ帰国・復員した。宮里静湖 フレッシュアイペディアより)

  • FM沖縄新川送信所

    FM沖縄新川送信所から見た久米島久米島

    当送信所のエリアは沖縄本島のほか、遠くは久米島や鹿児島県与論島までカバーしている(沖縄本島北部の今帰仁村には中継局が置かれているが、久米島にはFM沖縄の中継局は置かれていない)。FM沖縄新川送信所 フレッシュアイペディアより)

  • フタトガリコヤガ

    フタトガリコヤガから見た久米島久米島

    中国、台湾、インド、南太平洋、オーストラリア、日本(本州、四国、九州、屋久島、沖縄本島、久米島、宮古島、池間島、石垣島、西表島)フタトガリコヤガ フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンエマニエル

    ドラゴンエマニエルから見た久米島久米島

    大学進学を機に久米島から沖縄本島に移住。中学、高校と同級生だった二人で、お笑いコンビを結成。ドラゴンエマニエル フレッシュアイペディアより)

  • 奥武島 (沖縄県久米島町)

    奥武島 (沖縄県久米島町)から見た久米島久米島

    奥武島(おうじま)は、久米島の東800m沖合にある島。沖縄県島尻郡久米島町に属する。周囲約2km。奥武島 (沖縄県久米島町) フレッシュアイペディアより)

  • 具志川城 (久米島町)

    具志川城 (久米島町)から見た久米島久米島

    具志川城(ぐしかわじょう)は、沖縄県久米島にかつて存在した城(グスク)。現在は具志川城跡(ぐしかわじょうせき)となっている。所在地は久米島町仲村渠432および477-1。久米島北西の仲村渠集落の北方、東シナ海へ飛び出した丘の上にあり、三方が崖となっている。1975年に国の史跡に指定された。1999年度から2007年度にかけて、史跡具志川城保存修理事業に伴い、遺構確認の発掘調査が行われた。具志川城 (久米島町) フレッシュアイペディアより)

  • 那覇警察署

    那覇警察署から見た久米島久米島

    那覇警察署(なはけいさつしょ)は沖縄県那覇市与儀にある沖縄県警察管轄の警察署である。県内筆頭の大規模署であり、署長は警視正。管轄は那覇市の大半(小禄地域など一部を除く)とその周辺の離島(久米島・慶良間諸島・粟国諸島・大東諸島)である。那覇警察署 フレッシュアイペディアより)

  • オキナワカラスアゲハ

    オキナワカラスアゲハから見た久米島久米島

    奄美群島(奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島)及び沖縄諸島(沖縄本島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、久米島)に分布している。オキナワカラスアゲハ フレッシュアイペディアより)

215件中 41 - 50件表示

「南部離島のできごと」のニューストピックワード