156件中 61 - 70件表示
  • FM久米島

    FM久米島から見た久米島久米島

    久米島に所在する企業などが出資し、2012年開局。FM久米島 フレッシュアイペディアより)

  • 俺たちの祭

    俺たちの祭から見た久米島久米島

    沖縄県・久米島で生まれ育った今城隆之は、ある日出張で来た東京で劇団「新樹」の試験を受け合格、入団する。そして、隆之が思いを寄せる新樹の事務員・北見直子や新樹の同期生で隆之に片思いする沢矢津子、アパート「東京ハウス」には隆之の幼馴染みで久米島から一緒に上京してきた小野昭一、漫画家の卵・森田正道、ギター流しのアルバイトをしている花井三四郎。夢を追う彼らの様々な青春群像劇が描かれる。俺たちの祭 フレッシュアイペディアより)

  • 於茂登岳

    於茂登岳から見た久米島久米島

    古くから霊山として信仰の中心的存在となり、山名の「ウムトゥ」は「島の大本」を意味するともいう。於茂登の神・ウムトゥテラシィへの通し願いが島内の多くの御嶽で行われ、名蔵村の御嶽はオモト岳の神の拝礼所とある。また、首里の弁ヶ岳、於茂登岳、久米島の三神は姉妹であり、日本から渡来したともいう。二番目の神は妹と一緒に久米島を居所としたが、自分の山が妹のいる山より低かったので、八重山に移って於茂登岳に垂迹して島の守護神になったと伝わる。弘治13年(1500年)のオヤケアカハチの乱の際には、久米島の神女が琉球王国の軍に帯同し、於茂登岳の神を説得して帰順させたという。於茂登岳 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥島 (沖縄県)

    鳥島 (沖縄県)から見た久米島久米島

    久米島の北約28kmに位置する、琉球石灰岩でできた砂地の島。島の全域が町有地となっている。鳥島 (沖縄県) フレッシュアイペディアより)

  • ウリミバエ

    ウリミバエから見た久米島久米島

    日本では1919年に八重山列島で初めて存在が確認され、その後も1929年に宮古列島、1970年に久米島、1972年に沖縄本島、1973年に与論島と沖永良部島、1974年に奄美群島、1977年に大東諸島と分布が拡大していった。ウリミバエ フレッシュアイペディアより)

  • ハリバット (潜水艦)

    ハリバット (潜水艦)から見た久米島久米島

    3月21日、ハリバットは9回目の哨戒で南西諸島方面へ向かった。4月12日未明、ハリバットはの奄美大島と徳之島を結ぶ海域で護衛艦3隻と貨客船および輸送船からなる、鹿児島から那覇に向かっていた鹿004船団を発見した。ハリバットは魚雷を3本発射し、やがて閃光が望見された。魚雷は貨客船台中丸(大阪商船、3,213トン)に命中してこれを撃沈した。3隻の護衛艦が18発の爆雷を投下し、気泡の噴出を見て「撃沈確実」と判断したが、実際にはハリバットに被害はなかった。4月27日未明には、沖縄島北北東の海域で門司に向かっていた沖609船団を発見し、3時に至りの伊平屋島東沖で2つの目標に対して魚雷を3本ずつ計6本発射し、やがて魚雷命中の閃光が見えた。最初の攻撃を受け、敷設艇鴎は反撃の爆雷攻撃を開始する。約1時間後、船団から遅れていた輸送船玄武丸(日本郵船、1,872トン)に対して魚雷を3本発射し、うち2本命中させて撃沈した。9時過ぎには三度目の攻撃で魚雷を4本発射し、うち2本が鴎に命中して鴎を撃沈した。やがて航空機が飛来し、潜航中のハリバットを攻撃してきたので、ハリバットは深深度に避退していった。航空機と2隻の護衛艦から実に90発もの爆雷を投下されたものの、ハリバットはその場を難なく立ち去った。4月29日夕刻には久米島沖に浮上して、久米島の陸上施設に対し4インチ砲による艦砲射撃を行い、倉庫や建物を破壊した。5月3日午後には、の地点で「18隻の貨物サンパンの艦隊」、実際には南方行きの機帆船団に遭遇。2隻の250トン級のサンパンを炎上させたり破壊したが、攻撃中にハリバットの乗組員3名が負傷した。この攻撃により機帆船第五昇運丸が沈没した。5月11日にミッドウェー島に寄港し、負傷者はオークランドの海軍病院に搬送されていった。5月15日、ハリバットは58日間の行動を終えて真珠湾に帰投。サンフランシスコに回航され、ベスレヘム・スチールでオーバーホールに入った。オーバーホールが終わったハリバットは9月20日に真珠湾に戻り、を搭載した。ハリバット (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 美しい日本の歩きたくなるみち500選

    美しい日本の歩きたくなるみち500選から見た久米島久米島

    久米島・五枝の松から比屋定バンタを探訪のみち美しい日本の歩きたくなるみち500選 フレッシュアイペディアより)

  • 対馬丸

    対馬丸から見た久米島久米島

    一方、アメリカ潜水艦「ボーフィン」 (USS Bowfin, SS-287) は7月16日に6回目の哨戒で真珠湾を出撃して東シナ海で行動しており、8月10日朝には南大東島に停泊中の機帆船2隻を雷撃で破壊していた。その後は奄美大島、徳之島、伊平屋島、与論島近海で哨戒を行った。8月19日朝には沖縄本島北西海域で前述の609船団を発見しており、浮上攻撃を試みるも逃げられている。8月20日は漁船を見たのみで、8月21日は久米島北西海域で哨戒を行った。アメリカ海軍は暗号解読などにより、ナモ103船団の予定航路をおおよそ把握していた。はたして、8月22日4時10分頃、「ボーフィン」はレーダーによりナモ103船団を探知する。「ボーフィン」は潜航状態で観測を行ったが、哨戒機2機が「機械的な旋回飛行」しかしなかったとはいえ常時張り付いていたことと、強烈なジャミングを発していたことから、「重大任務の船団」と識別して夜間攻撃を行うことに決めた。対馬丸 フレッシュアイペディアより)

  • 牧志恩河事件

    牧志恩河事件から見た久米島久米島

    琉球王府内の反薩摩派は、薩摩の政変を注意深く見極め、島津久光が積極的に介入はしないと確信し、親薩摩派(斉彬派)への報復に動きだした。1859年、収賄や国王廃立の謀反容疑で、三司官の小禄良忠、王族の玉川王子朝達、牧志、恩河らが逮捕、尋問された。それぞれに拷問が加えられ自白を強要される。玉川王子も拷問にかけられるところを、津波古政正(東国興)が反対し、王母に訴えて刑を免れさせた。翌年、牧志が自白したとされ、牧志は久米島に10年の流刑、恩河は同じく6年、小禄は伊江島に500日、玉川王子は蟄居の身となった。恩河は刑確定まで獄中にあったが、同年、拷問で衰弱し流刑前に死亡した。牧志恩河事件 フレッシュアイペディアより)

  • 牧志朝忠

    牧志朝忠から見た久米島久米島

    琉球王府内の反薩摩派は、薩摩の政変を注意深く見極め、島津久光が積極的に介入はしないと確信し、親薩摩派(斉彬派)への報復に動きだした。1859年、座喜味罷免後の三司官選挙での不正、薩摩との贈収賄や公金横領、国王廃立の謀反といった容疑で、三司官の小禄良忠(馬克承)、王族の玉川王子朝達、牧志、恩河らが逮捕、尋問された(牧志恩河事件)。それぞれに拷問が加えられ自白を強要される。玉川王子も拷問にかけられるところを、津波古政正(東国興)が反対し、王母に訴えて刑を免れさせた。翌年、牧志が選挙での不正を自白し、牧志は久米島に10年の流刑、恩河は同じく6年、小禄は伊江島に500日、玉川王子は蟄居の身となった。恩河は刑確定まで獄中にあったが、同年、拷問で衰弱し流刑前に死亡した。牧志は刑確定後も牢獄に収監されたままであった。牧志朝忠 フレッシュアイペディアより)

156件中 61 - 70件表示

「南部離島のできごと」のニューストピックワード