215件中 61 - 70件表示
  • 新田義雄 (香川県権令)

    新田義雄 (香川県権令)から見た久米島久米島

    1880年、沖縄県久米島に渡航し病となり、翌年に死去した。新田義雄 (香川県権令) フレッシュアイペディアより)

  • 日振型海防艦

    日振型海防艦から見た久米島久米島

    久米 (くめ) - 艦名は沖縄県の久米島にちなむ。1944年9月25日、日立造船桜島造船所で竣工。1945年1月28日、黄海においてアメリカの潜水艦スペードフィッシュ(SS411)の雷撃で沈没した。日振型海防艦 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメアマガエル

    ヒメアマガエルから見た久米島久米島

    日本固有種で、奄美諸島(喜界島、奄美大島、加計呂間島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島)、沖縄諸島(伊平屋島、具志川島、伊是名島、古宇利島、家島、瀬底島、屋我地島、伊計島、宮城島、平安座島、浜比嘉島、津堅島、久高島、沖縄島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、慶留間島、粟国島、渡名喜島、久米島)、先島諸島(宮古島、伊良部島、石垣島、竹富島、小浜島、西表島、波照間島)に分布する。ヒメアマガエル フレッシュアイペディアより)

  • 稲孫

    稲孫から見た久米島久米島

    穂の中身は、入っていないものも多いため二十一世紀の日本においては、稲刈りはせず田に鋤きこまれるが、過去においては農民の貴重な食糧源になっていた時代がある。低緯度地方では稲孫でも中身が入るため、 東南アジアでは、イネを一回収穫し、2,3か月してからさらに収穫する「ヒコバエ育成農耕」という農耕がある。佐々木高明によれば、ヒコバエが中身を入れた状態で結実する久米島、奄美大島等で、旧暦の12月に播種、1月に移植(田植え)し、6?7月に通常の収穫をしたまま家畜に踏ませ、8月?9月にマタバエ、ヒッツ、ヒツジと呼ばれる稲孫の収穫をする、農耕文化があり、1945年まで行われ、。また佐々木の調査によれば、与那国島で同様の農耕が1981年まで行われていたという。稲孫 フレッシュアイペディアより)

  • 風の中のあいつ (1984年のテレビドラマ)

    風の中のあいつ (1984年のテレビドラマ)から見た久米島久米島

    勝又医院に勤めることになった、底抜けに明るくさわやかで正義感あふれる新米医師・津村一平(渡辺徹)の姿を描く明朗痛快な青春ドラマ。最後は一平が久米島に、恋のライバルである花形進(金田賢一)がニューヨークにそれぞれ旅立つ。勝又梢(榊原郁恵)が、行き先が描かれない飛行機に乗ってどちらかの後を追うというラストとなっている。風の中のあいつ (1984年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 下地原洞人

    下地原洞人から見た久米島久米島

    発見地の下地原洞穴は、久米島の北西部に位置し、海抜40mの石灰岩台地上にある。地元で化石採集をしていた久手堅稔が1977年(昭和52年)に洞窟でシカの化石を発見したことをきっかけに沖縄県立博物館が調査に乗り出し、1978年(第1次)、1982年(第2次)、1986年(第3次)の3回にわたり、横浜国立大学・国立科学博物館の研究者らとの本格的な発掘調査が行われた。その結果、動物の骨とともに50片ほどの化石人骨が見つかった。国立科学博物館の佐倉朔の調査により、人骨は生後1歳未満(8か月?10か月)の乳幼児(新生児)と判明し、年代は出土したカニ化石から1万5,000年?2万年前後と測定された。下地原洞人 フレッシュアイペディアより)

  • 喜舎場朝賢

    喜舎場朝賢から見た久米島久米島

    1879年、廃藩置県による琉球王国の消滅で失職した喜舎場は以後農業に転じ、無禄士族の授産金を集めて久米島で農地開墾事業を行ったり、さまざまな社会問題について東奔西走したりした。喜舎場朝賢 フレッシュアイペディアより)

  • 具志川市

    具志川市から見た久米島久米島

    1908年から1968年までの「具志川村」であった期間には、久米島にも具志川村(現在の久米島町)が存在していた。このため、郵便物などには郡を明記して区別する必要があった。具志川市 フレッシュアイペディアより)

  • 久米島紙幣

    久米島紙幣から見た久米島久米島

    久米島紙幣(くめじましへい)とは第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の1945年に沖縄の久米島を占領したアメリカ軍によって設置された米軍久米島軍政府が発行し短期間流通した援助物資引換券の通称である。また印刷も謄写版(いわゆるガリ版刷り)でなされた急造の粗末なものであった。ほとんどが焼却処分されたため現物は僅かである。久米島紙幣 フレッシュアイペディアより)

  • ポーギー (潜水艦)

    ポーギー (潜水艦)から見た久米島久米島

    1944年1月15日、ポーギーは5回目の哨戒で台湾近海に向かった。2月9日午後、ポーギーはの台湾東方で2隻の護衛艦に護衛され、7隻の輸送船からなるモタ01船団を発見。追跡の上2月10日未明より攻撃を開始し、まず魚雷を3本発射するが命中しなかった。3時間後、駆逐艦に対して魚雷を2本、輸送船に対して魚雷を3本発射。魚雷は、駆逐艦峯風の艦橋直下と後部に命中して撃沈し、輸送船まるた丸(日本海運、5,499トン)にも2本が命中して撃沈した。ポーギーは台湾東方で哨戒を続け、2月13日朝にはの彭佳嶼近海で3隻の輸送船を発見し、浮上攻撃で魚雷を2本発射したが命中した様子はなく、攻撃後に17発の爆雷攻撃を受けたが切り抜けた。2月20日未明、ポーギーはの、北回帰線と交差する八重山諸島の近海でナ180船団を発見。魚雷を2本発射し、2本とも命中したを確認。3時間半後に再び魚雷を3本発射し、1本の命中を確認する。最初の攻撃で輸送船大仁丸(太洋海運、5,154トン)を、二度目の攻撃で輸送船南洋丸(運輸通信省、3,614トン)を撃沈した。3日後の2月23日未明にも、の久米島近海でモタ05船団を発見し、先頭と二番目の輸送船に対して魚雷を4本発射し、30分後にもう4本発射。魚雷は2隻の輸送船、宝嶺丸(東亜海運、5,588トン)と帝坤丸(帝国船舶、5,113トン)に命中し、宝嶺丸は帝坤丸とともに那覇港に曳航されたが、2月25日に港外で荒天を避けるべく避泊中、船体が切断し座礁沈没した。翌2月25日未明には雨の中で沖大東島を艦砲射撃し、見張所に損害を与えた。3月8日、ポーギーは54日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。ポーギー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

215件中 61 - 70件表示

「南部離島のできごと」のニューストピックワード