156件中 71 - 80件表示
  • 平成5年台風第13号

    平成5年台風第13号から見た久米島久米島

    8月30日に沖ノ鳥島近海で発生した台風第13号は西寄りに進みながら発達し、9月1日には進路を北寄りに変え、9月2日には中心気圧925hPa、最大風速50m/sの大型で非常に強い勢力となって北上を続けた。最大勢力で台風が直撃した久米島では最大瞬間風速、53.9m/s、最大風速36.5m/sを観測したが、その瞬間に風速計が破壊され、非公式にはさらに強い強風が観測されている(自衛隊の風速計では100m/sを超えていたとされる)。台風は勢力を保ちつつ九州に接近し、翌3日16時前に中心気圧930hPa、最大風速50m/sという記録的な勢力で薩摩半島南部に上陸した。台風の進路がやや東に寄ったため九州の大部分は可航半円に入り、台風の勢力程は強い強風は吹かなかったが、それでも最大瞬間風速50m/s以上を観測している。また、台風の上陸地点に近かった鹿児島県枕崎市では939.7hPaの最低海面気圧を観測した。鹿児島県では集中豪雨により地盤が弱っているところに台風の大雨が降ったので土砂災害により33名もの犠牲者が出た。台風は上陸後は急速に勢力を弱めながら、四国、中国地方を通って日本海に出、4日21時に温帯低気圧に変わった。平成5年台風第13号 フレッシュアイペディアより)

  • 石井忠躬

    石井忠躬から見た久米島久米島

    晩年は、義弟鍋島直彬が沖縄県令となると、直彬に従って沖縄に赴任。久米島や宮古島の役場長として離島経営に従事した。石井忠躬 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメハギ属

    ヒメハギ属から見た久米島久米島

    リュウキュウヒメハギ Polygala longifolia Poir. -一年草。沖縄の久米島に分布。絶滅危惧IA類(CR)。外国では中国南部、インドシナ、インド、マレーシアに分布する。ヒメハギ属 フレッシュアイペディアより)

  • 亀甲墓

    亀甲墓から見た久米島久米島

    地方では、久米島にある仲村家(屋号・山根)の小港松原墓が1718年に造墓されている。この墓は蔡温(当時・末吉親雲上)が、1716年、中国へ行く途中暴風のために久米島に立ち寄った折、風水を見て墓地を選定したことが墓碑に記されている。マユの下に垂木がついた珍しいタイプの亀甲墓で、首里・那覇から石工を呼び寄せて造ったらしく、身分は平民(百姓)とはいえ代々地頭代(村長)を務めてきた地方の名家の財力が偲ばれる。亀甲墓 フレッシュアイペディアより)

  • 蔡温

    蔡温から見た久米島久米島

    康熙55年(1716年)、尚敬王就任に伴う冊封使を求める使節団の副使に選ばれ、2月25日に35歳で申口座(三司官への取り次ぎ役)、7月23日には末吉地頭職となった。11月15日に那覇を発ち北京へ向かったが、途中で暴風に遭い12月2日に久米島へ漂着した。翌年の1月20日に久米島を発ち、2月2日から7月12日まで福州に滞在し、10月28日に北京へ到着した。翌年1月8日に北京王府へ貢物を納め、2月27日に勅書を受け取った。2月29日に北京を発ち、福州を経て8月9日に帰国した。蔡温 フレッシュアイペディアより)

  • デイゴヒメコバチ

    デイゴヒメコバチから見た久米島久米島

    2004年に行われたデイゴ類に発生するメイガ類の調査時には、デイゴヒメコバチの被害は確認されなかった。しかし、2005年5月に沖縄県石垣島でデイゴに多数の虫こぶが確認された。その後、沖縄本島などでも同様の症状が確認され、これらの虫こぶの解剖や飼育を行った結果、これらの虫こぶからデイゴヒメコバチが発生するのが確認された。石垣島や沖縄本島以外でも、これに続いた調査で波照間島、西表島、宮古島、久米島、竹富島などでデイゴヒメコバチが確認され、2006年には前年には確認されなかった鹿児島県奄美大島、徳之島で確認された。徳之島では街路樹として使われているアメリカデイゴでもデイゴヒメコバチの寄生が確認され、同様に街路樹として使用している鹿児島県の本土や宮崎県などにおいても、移入による被害が懸念されている。デイゴヒメコバチ フレッシュアイペディアより)

  • 軍用手票

    軍用手票から見た久米島久米島

    このように軍隊が所属する国家の通貨制度とは分離して軍票を使用する制度を用いるのは、自国の通貨を使用すると通貨供給量が激増し、結果的にはインフレーションで経済破綻する恐れがあるほか、敵国に自国通貨が渡ると工作資金になる危険性があるなど、戦略面からの要請があるためである。また手形であるため、手持の貴金属による支払いに比べ、実際の経済力以上の物資の徴発が可能でもある。また西南戦争時の西郷札のように反政府軍が勝手に印刷し流通させたものや、沖縄県の久米島を占領したアメリカ軍の一部隊が軍中枢の許諾なしに謄写版で印刷し勝手に発行した久米島紙幣もある。軍用手票 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇警察署

    那覇警察署から見た久米島久米島

    那覇警察署(なはけいさつしょ)は沖縄県那覇市与儀にある沖縄県警察管轄の警察署である。県内筆頭の大規模署であり、署長は警視正。管轄は那覇市の大半(小禄地域など一部を除く)とその周辺の離島(久米島・慶良間諸島・粟国諸島・大東諸島)である。那覇警察署 フレッシュアイペディアより)

  • 久米商船

    久米商船から見た久米島久米島

    那覇港(泊ふ頭)と久米島や渡名喜島とを結ぶフェリー航路を運航している。久米商船 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球石灰岩

    琉球石灰岩から見た久米島久米島

    サンゴ礁は浅い海で形成されるため琉球石灰岩地層が存在する場所は形成時に海水面付近であったことを示しており、南西諸島で起きた地殻変動の影響を知るための指標の一つになっている。例えば沖縄島と久米島の間にある慶良間諸島付近では海面下80m付近に琉球石灰岩の地層があり、この付近で沈降が起きたことを示している。琉球石灰岩 フレッシュアイペディアより)

156件中 71 - 80件表示

「南部離島のできごと」のニューストピックワード