前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示
  • 博多どんたく

    博多どんたくから見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多どんたく(はかたどんたく)は福岡県福岡市で毎年5月3日と5月4日に開催される祭りである。動員数は200万人を越え、新潟県上越市の「高田城百万人観桜会」、青森県弘前市の「弘前さくらまつり」や広島県広島市の「ひろしまフラワーフェスティバル」と並び、動員数で国内最大級の祭である。また博多祇園山笠、箱崎宮放生会とともに福岡博多を代表する祭りの一つとして、またゴールデンウィークの代表的な催物の一つとして知られている。博多どんたく フレッシュアイペディアより)

  • 博多

    博多から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    ターミナル駅であり他県との玄関口となる博多駅をはじめ、博多どんたく・博多祇園山笠・博多ラーメン・博多明太子など全国的に知られた祭事や土産品や施設などに「博多」という言葉が用いられる。そのため、九州外での認知度としては「福岡」よりも「博多」の方が高い事がままある。東日本方面で福岡方面を指す場合、「福岡のほう」と言うよりも「博多のほう」と言う方が通りが良いのも否定できない。全国区で活躍するタレントや歌手が自らの出身を分かりやすく「博多」と言うこともその証左である。博多 フレッシュアイペディアより)

  • 博多っ子純情

    博多っ子純情から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    福岡県福岡市博多区の古くからの町人街を舞台とし、主人公の郷六平とそのガールフレンド小柳類子の、中学生から大学生になるまでの青春群像を縦軸に、博多祇園山笠などに代表される人情味あふれる古き良き時代の博多の風物を横軸にした作品である。六平の父は博多人形師で、福岡県出身のバンド、チューリップも登場する。連載開始当初は、西鉄福岡市内線(1979年廃止)の路面電車も作品内に度々登場した。博多っ子純情 フレッシュアイペディアより)

  • ふんどし

    ふんどしから見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    福岡市博多区で毎年7月に行われる博多祇園山笠や、その他の裸祭りの装束として使われる褌。締め方や材質は、博多では廻しに近い(但し、生地の厚さは晒と廻しの中間くらい、薄めの帆布や重ねた木綿の洋服地)が、前垂れを出す場合が多い。博多以外では5mの、さらしを廻しと同様に締め込む場合が多い。何れの場合も横褌の幅を広くし(7〜12cm)、後の結び目を廻しと同様にする。廻し、六尺褌、九尺褌、晒一反を指す場合もある。ふんどし フレッシュアイペディアより)

  • 新天町 (福岡市)

    新天町 (福岡市)から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    1988年(昭和63年) - 子供山笠の活動を始める。新天町 (福岡市) フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    1241年 博多祇園山笠が始まる福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒流

    大黒流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    大黒流(だいこくながれ)は、福岡市博多区の一地域である博多の一部であり、豊臣秀吉の「太閤町割り」天正15年(1587年)に由来する流のひとつである。明治初期までは洲崎町流と称しており、名称は大黒天(大国主命・おおくにぬしのみこと)に由来している。毎年5月には博多松囃子、7月には博多祇園山笠の当番を務めている。大黒流 フレッシュアイペディアより)

  • 流 (博多)

    流 (博多)から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    時代を経て現在では行政上の意味はなくなったが、博多松囃子や博多祇園山笠といった大規模な祭事はこの流単位で執り行われている。流 (博多) フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市立博多小学校

    福岡市立博多小学校から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多祇園山笠の時期に、実物の3分の2のサイズの舁き山笠を担いで校区を回る。名前は博多流。櫛田入りも実際の山笠同様に行うが、スタート地点は山止めではなく、太鼓台下からである(ゴール地点も太鼓台下。太鼓台下についた時点での櫛田入りタイムを出す)。なお2007年までの最速タイムは2005年度(平成17年度)の22秒である。またこの山笠はRKB子供山笠教室でも使用される。ほとんど実際の山笠同様に行う。福岡市立博多小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 田中諭吉

    田中諭吉から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    1961年1月に西日本新聞を定年退職し、その後は広告代理店の西広、大広に勤務した。この時期、1961年2月に節分の櫛田神社におたふく面を「福くぐり」として設置したのをはじめ、博多祇園山笠での「集団山見せ」(1962年開始)、櫛田神社の常設山笠、太宰府天満宮の曲水の宴(1963年開始)など、地域の催事について企画提案をおこない、実現させている。1970年、69歳で逝去。田中諭吉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示

「博多祇園山笠」のニューストピックワード