99件中 11 - 20件表示
  • 直方山笠

    直方山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    古来は博多祇園山笠の飾り山笠と同系の背の高いものだったが、明治時代に電線の都合で置き山となり、その後背の低い山笠を運行するようになった。直方山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 津屋崎祇園山笠

    津屋崎祇園山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    前後に6本ずつの担ぎ棒を持つ舁き山笠で、水法被に締め込みを締めた参加者により担ぎ上げられ走って運行されるなど、運行形態は博多祇園山笠に近い。津屋崎祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市立博多中学校

    福岡市立博多中学校から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    春季におこなわれる運動会では、総合学習時間「博たイム」を利用して製作した博多祇園山笠の舁き山笠を生徒たちが舁いてタイムを競うプログラムが組まれている。製作には地域の父兄会「はっぱの会」が協力している。また、2008年からは、追い山の当日などを休校とし、生徒や教職員が山笠の行事に参加。各流に加わらない生徒らも市民ボランティアとして協力する。福岡市立博多中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 福神流

    福神流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    かつては博多祇園山笠に一つの流として参加していたが、明治38年に雷鳴を太鼓の音と間違えて出発し追い山を混乱させ、その責任をとってそれ以来不参加となる。大正2年からは山笠神事の結びにあたる「鎮めの能」の能当番を担っていたが、それも昭和38年で中止。町名町界整理の際に他の流に編入した町もあり、また他流の加勢町として参加している町もある。福神流 フレッシュアイペディアより)

  • 土居流

    土居流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    土居流(どいながれ)は、博多祇園山笠の運営における構成単位である流の一つである。福岡市博多区博多地域の南北に伸びる土居町筋に面する町々が区域であり、旧町名では10カ町となる。町名町界整理後の現在の住所では上川端町・冷泉町・下川端町・綱場町・古門戸町・奈良屋町に該当する。土居流 フレッシュアイペディアより)

  • 西流

    西流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    西流(にしながれ)は、博多祇園山笠や博多松囃子(博多どんたく)の運営における構成単位である流の一つであり、福岡市博多区博多地域の大博通りの西側、南北に伸びる旧西町筋沿いを区域とする。町名町界整理後の現在の住所における冷泉町・店屋町・綱場町・奈良屋町から成る。西流 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市立千代中学校

    福岡市立千代中学校から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    福岡市博多区北東の街区、歴史的に博多とされた区域からして御笠川を隔てた対岸の区域、博多祇園山笠の千代流としても知られる千代町の中央に所在する。福岡市立千代中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 山笠

    山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    「山笠」の呼称は博多祇園山笠から広まったものと考えられている。言葉の由来についてはよくわかっていない。博多において山笠の様式は何度か変化しており、それぞれの段階で他地域に伝播された結果、また各地域で工夫をこらした結果、現在のように多様な姿の山笠が存在している。その他、博多から伝播されたものではないが、呼称だけ博多にならい、祭の際運行するものをそう呼んでいるだけのものもある。山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川法世

    長谷川法世から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    故郷への愛郷心が強く、博多祇園山笠に毎年参加(土居流 中土居町)している。長谷川法世 フレッシュアイペディアより)

  • 芦別健夏山笠

    芦別健夏山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    芦別健夏山笠(あしべつ けんか やまかさ)は、毎年7月に行われる芦別市最大の祭りである芦別健夏まつりの3大行事のひとつ。第3土曜日夕方に追い山が行われる。博多祇園山笠を見て感動した人達の手によって始められた。したがって、芦別の山笠は博多祇園山笠にベースをおいている。基本的には流(ながれ)と呼ばれる地域グループで運営され、芦別健夏山笠振興会がこれらの流を統括する。山笠に関する行事は7月に行われるが、流によっては1年を通して何らかの活動を行っている。芦別健夏山笠 フレッシュアイペディアより)

99件中 11 - 20件表示

「博多祇園山笠」のニューストピックワード