118件中 21 - 30件表示
  • 土居流

    土居流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    土居流(どいながれ)は、博多祇園山笠の運営における構成単位である流の一つである。福岡市博多区博多地域の南北に伸びる土居町筋に面する町々が区域であり、旧町名では10カ町となる。町名町界整理後の現在の住所では上川端町・冷泉町・下川端町・綱場町・古門戸町・奈良屋町に該当する。土居流 フレッシュアイペディアより)

  • 千代流

    千代流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    千代流(ちよながれ)は、博多祇園山笠の運営における構成単位である流の一つである。御笠川東岸の福岡市博多区千代が区域であり、千代小学校ならびに千代中学校の校区と重なる。町名町界整理前の旧町名では三十数カ町となる。千代流 フレッシュアイペディアより)

  • 福神流

    福神流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    かつては博多祇園山笠に一つの流として参加していたが、明治38年に雷鳴を太鼓の音と間違えて出発し追い山を混乱させ、その責任をとってそれ以来不参加となる。大正2年からは山笠神事の結びにあたる「鎮めの能」の能当番を担っていたが、それも昭和38年で中止。町名町界整理の際に他の流に編入した町もあり、また他流の加勢町として参加している町もある。福神流 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市立千代中学校

    福岡市立千代中学校から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    福岡市博多区北東の街区、歴史的に博多とされた区域からして御笠川を隔てた対岸の区域、博多祇園山笠の千代流としても知られる千代町の中央に所在する。福岡市立千代中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛田神社 (松阪市)

    櫛田神社 (松阪市)から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    理容美容業者の信仰を集め、境内に接した場所には三重県美容業生活衛生同業組合らによって建立された「櫛の碑」がある。7月の博多祇園山笠や10月の博多おくんちなどで知られる福岡県福岡市博多区の櫛田神社は、天平宝字元年(757年)に当社を勧請して創建したと伝えられる。櫛田神社 (松阪市) フレッシュアイペディアより)

  • ASAHI SUPER DRY LIVE POP HAWKS

    ASAHI SUPER DRY LIVE POP HAWKSから見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    福岡県福岡市の福岡 ヤフオク!ドームで開催されるプロ野球・福岡ソフトバンクホークス主催の公式戦のうち、アサヒビールが協賛する数試合「アサヒスーパードライスペシャル」(主に開幕シリーズ・どんたくシリーズ・山笠シリーズ)の試合開始前に開催されていた。ASAHI SUPER DRY LIVE POP HAWKS フレッシュアイペディアより)

  • 芦別健夏山笠

    芦別健夏山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    芦別健夏山笠(あしべつ けんか やまかさ)は、毎年7月に行われる芦別市最大の祭りである芦別健夏まつりの3大行事のひとつ。第3土曜日夕方に追い山が行われる。博多祇園山笠を見て感動した人達の手によって始められた。したがって、芦別の山笠は博多祇園山笠にベースをおいている。基本的には流(ながれ)と呼ばれる地域グループで運営され、芦別健夏山笠振興会がこれらの流を統括する。山笠に関する行事は7月に行われるが、流によっては1年を通して何らかの活動を行っている。芦別健夏山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠行事

    博多祇園山笠行事から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多祇園山笠行事 フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎祇園山笠

    浜崎祇園山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    1753年(宝暦3年)に、浜崎の網元であった中村屋久兵衛が商用で京都に行った際祇園社に参拝し、その帰途に博多祇園山笠の賑いを見物して感動したことから、濱地区が大漁、東地区が商売繁盛、西地区が五穀豊穣を祈願する3台の山笠を、私費を投じて奉納したのが始まりとされる。当初は博多の飾りを借り受けて山笠を作っていたが、やがて浜崎にも人形師が現われ、浜崎系と呼ばれる山笠の形態を完成させていった。浜崎祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 戸畑祇園大山笠

    戸畑祇園大山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多祇園山笠、小倉祇園太鼓とともに福岡県夏の三大祭りの一つとされ、競演会には毎年10数万人の観衆が訪れる。戸畑祇園大山笠 フレッシュアイペディアより)

118件中 21 - 30件表示

「博多祇園山笠」のニューストピックワード