99件中 31 - 40件表示
  • RKBラジオ ホリデースペシャル

    RKBラジオ ホリデースペシャルから見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    ☆7月15日・・・オイサ!オイサ!RKBオールナイト山笠中継RKBラジオ ホリデースペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 嫌日流

    嫌日流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    ふんどしは「セックスに都合のいい下品な服」と見下しており、「子供たちにも着用させている」とも書かれている(現代の日本で子供にふんどしをはかせるのは、「博多祇園山笠」や「ちびっこ相撲」など、伝統的な一部のイベントのみである)。嫌日流 フレッシュアイペディアより)

  • 上田雅利

    上田雅利から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    出身地の博多で毎年夏に行われる博多祇園山笠に毎年参加しており、特に7月15日の「追い山」がテレビ中継された際はその走る姿が毎年目撃される。ちなみに上田の実家が属する流(町の集合体)は福神流であるが、山笠は恵比須流から参加している。また、山笠をモチーフにしたCD『オイサ?幻の福神流?/中州の川』をリリースしており、現在『オイサ』はソロ・アルバム『Gratitude』にボーナス・トラックとして収録されている。さらに2007年7月に再び山笠をモチーフにした『百年山笠/そうたい!!』をリリースしている。上田雅利 フレッシュアイペディアより)

  • 恵比須流

    恵比須流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    恵比須流(えびすながれ)は古くは石堂流といい、博多祇園山笠や博多松囃子(博多どんたく)の運営における構成単位である流の一つである。福岡市博多区博多地域の御笠川沿いや綱場町の一部など東西横筋を区域とし、町名町界整理後の現在の住所においては上呉服町・中呉服町・下呉服町・綱場町が区域となる。恵比須流 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡大空襲

    福岡大空襲から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    戦災による人的被害のみならず各流の山笠台や法被等が焼失したため、同年の博多祇園山笠は中止となった。終戦後の翌1946年5月25日には「第一回奈良屋復興祭」が開催され、ベニヤ板に太閤豊臣秀吉を描いた子供山笠が焼け野原を舁き回ったが、山笠の本格的な再開は1948年までかかった。福岡大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 野村正育

    野村正育から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多祇園山笠2011 進行(2011年7月15日早朝)野村正育 フレッシュアイペディアより)

  • 戸畑祇園大山笠

    戸畑祇園大山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多祇園山笠、小倉祇園太鼓とともに福岡県夏の三大祭りの一つとされ、競演会には毎年10数万人の観衆が訪れる。戸畑祇園大山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 千代流

    千代流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    千代流(ちよながれ)は、博多祇園山笠の運営における構成単位である流の一つである。御笠川東岸の福岡市博多区千代が区域であり、千代小学校ならびに千代中学校の校区と重なる。町名町界整理前の旧町名では三十数カ町となる。千代流 フレッシュアイペディアより)

  • 東流

    東流から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    東流(ひがしながれ)は、博多祇園山笠や博多松囃子(博多どんたく)の運営における構成単位である流の一つである。福岡市博多区博多地域の大博通りの東側、南北に伸びる旧東町筋沿いを区域とし、昭和41年(1966年)の町名町界整理により旧東町流を中心に再編されて発足した。現在の住所における御供所町・上呉服町・中呉服町・下呉服町・博多駅前一丁目から成る。旧町名での参加が多く18カ町から構成される。東流 フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎祇園山笠

    浜崎祇園山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    1753年(宝暦3年)に、浜崎の網元であった中村屋久兵衛が商用で京都に行った際祇園社に参拝し、その帰途に博多祇園山笠の賑いを見物して感動したことから、濱地区が大漁、東地区が商売繁盛、西地区が五穀豊穣を祈願する3台の山笠を、私費を投じて奉納したのが始まりとされる。当初は博多の飾りを借り受けて山笠を作っていたが、やがて浜崎にも人形師が現われ、浜崎系と呼ばれる山笠の形態を完成させていった。浜崎祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「博多祇園山笠」のニューストピックワード