118件中 41 - 50件表示
  • 石村萬盛堂

    石村萬盛堂から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    本店は博多祇園山笠追い山の廻り止め(決勝点・ゴール地点)に存在するため、山笠中継時はテレビに良く映る。石村萬盛堂 フレッシュアイペディアより)

  • サンセルコ

    サンセルコから見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    サンセルコ広場には博多どんたくの際には本舞台が、博多祇園山笠の際には飾り山が毎年設営される。サンセルコ フレッシュアイペディアより)

  • 川端通商店街

    川端通商店街から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    川端通商店街という呼称は通称の1つであり、商店街内でも「川端商店街」「上川端通」「博多川端」などと統一されていない。商店街の組合も、商店街を横切る北側の道を隔てて上川端商店街振興組合と川端中央商店街振興組合とに分かれており、博多祇園山笠ではそれぞれ別個に飾り山を立てている。このうち上川端商店街の飾り山が走る飾り山である。川端通商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 上田雅利

    上田雅利から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    出身地の博多で毎年夏に行われる博多祇園山笠に毎年参加しており、特に7月15日の「追い山」がテレビ中継された際はその走る姿が毎年目撃される。ちなみに上田の実家が属する流(町の集合体)は福神流であるが、山笠は恵比須流から参加している。また、山笠をモチーフにしたCD『オイサ?幻の福神流?/中州の川』をリリースしており、現在『オイサ』はソロ・アルバム『Gratitude』にボーナス・トラックとして収録されている。さらに2007年7月に再び山笠をモチーフにした『百年山笠/そうたい!!』をリリースしている。上田雅利 フレッシュアイペディアより)

  • 桶屋町 (福岡市)

    桶屋町 (福岡市)から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    住居変更以降の博多祇園山笠の流編成は東流に所属している。それ以前は櫛田流(旧厨子流)に所属していた。櫛田流に所属していた時の水法被後部に白地に大きく青い文字の平仮名で「お」と染められていた。長法被(当番法被ともいう。)は白四角と青四角の格子縞模様であった。桶屋町 (福岡市) フレッシュアイペディアより)

  • 直方山笠

    直方山笠から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    古来は博多祇園山笠の飾り山笠と同系の背の高いものだったが、明治時代に電線の都合で置き山となり、その後背の低い山笠を運行するようになった。直方山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 逸見明正

    逸見明正から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    KBCは「博多祇園山笠」で「追い山」の中継にかかわっているが、逸見は当日櫛田神社境内に流れるアナウンスを2015年まで担当していた。逸見明正 フレッシュアイペディアより)

  • 博多織

    博多織から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    2002年には、博多祇園山笠の人形の衣装の生地として、西陣織から博多織に改められる。博多織 フレッシュアイペディアより)

  • 中島浩二

    中島浩二から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多祇園山笠では、西流に参加している。また、KBCの山笠中継では、追い山のスタート地点からリポートを担当したことが、数回ある。2008年の追い山では、念願の台上がりを務めた。中島浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 円爾

    円爾から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多の勇壮な夏祭りである博多祇園山笠は、円爾が起源とされる。円爾 フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示

「博多祇園山笠」のニューストピックワード