99件中 61 - 70件表示
  • 博多人形

    博多人形から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    発祥には諸説があり、陶師(すえし)の中ノ子家、博多祇園山笠の小堀流山笠人形の流れを汲む白水家、瓦職人の正木宗七(惣七)の3説が有力とされていたが、現在では学術的研究が進み、1600年代に博多の町で陶師を営んでいた中ノ子家より転業した中ノ子安兵衛・吉兵衛親子と、小堀流山笠人形の流れを汲む白水家との複合的要因が最も有力とされている。「中ノ子」の苗字由来にはこれまで諸説ある。博多人形 フレッシュアイペディアより)

  • 中島浩二

    中島浩二から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多祇園山笠では、西流に参加している。また、KBCの山笠中継では、追い山のスタート地点からリポートを担当したことが、数回ある。2008年の追い山では、念願の台上がりを務めた。中島浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛田神社 (松阪市)

    櫛田神社 (松阪市)から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    理容美容業者の信仰を集め、境内に接した場所には三重県美容業生活衛生同業組合らによって建立された「櫛の碑」がある。7月の博多祇園山笠や10月の博多おくんちなどで知られる福岡県福岡市博多区の櫛田神社は、天平宝字元年(757年)に当社を勧請して創建したと伝えられる。櫛田神社 (松阪市) フレッシュアイペディアより)

  • FUKUOKA OPEN TOP BUS

    FUKUOKA OPEN TOP BUSから見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    全長11.98メートル、全幅2.49メートル、全高3.35メートルで、車体形状は博多祇園山笠の舁き山をモチーフとしている。車体塗装は0010が博多の街並みや博多祇園山笠をあしらった赤色(アーバンレッド)地、0011がシーサイドももちの風景をあしらった青色(マリンブルー)地である。0010はベイサイド・博多街なかコースと福岡きらめき夜景コースに、0011はシーサイドももち・福岡城址コースと福岡きらめき夜景コースに使用される。FUKUOKA OPEN TOP BUS フレッシュアイペディアより)

  • 7月

    7月から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    7月15日 - 博多祇園山笠(博多)追山7月 フレッシュアイペディアより)

  • 小呂島

    小呂島から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    祭礼として、毎年7月15日に山笠が行なわれる。福岡本土の博多祇園山笠とは違い、朝夕の2回練り歩くのが特徴である。また、8月18日には「ゴホーラク」という神楽が奉納されるが、かつては「万年願(マンネンガン)」という名で歌舞伎役者を招いての指導による歌舞伎を奉納するものであったという。小呂島 フレッシュアイペディアより)

  • 女人禁制

    女人禁制から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    博多祇園山笠(福岡県) - ただし小学生以下の女児は男性同様の扮装(締め込み)で参加を認められる。女人禁制 フレッシュアイペディアより)

  • 小松 政夫

    小松政夫から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    地元の博多祇園山笠には、現在でもしばしば参加している。かつては出身の岡流に属していたが、岡流が途絶えた後は、知り合いの多い中洲流に参加している。小松政夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴乃子

    鶴乃子から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    石村萬盛堂の本店は、博多祇園山笠の追い山の廻り止め(決勝点)のすぐそばにあり、毎年7月15日の追い山のテレビ中継では、店頭の「萬盛堂」の大看板が全国のお茶の間に映る。鶴乃子 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛田神社 (福岡市)

    櫛田神社 (福岡市)から見た博多祇園山笠博多祇園山笠

    櫛田神社は、古くより博多の氏神・総鎮守として信仰を集めている神社である。7月の博多祇園山笠や10月の博多おくんちなどの祭事をおこなう。5月の博多松囃子(博多どんたく)は厳密には櫛田神社の祭事ではないものの、松囃子一行は櫛田神社から出発するしきたりになっている。旧社格は県社。地元の博多の人々からは「お櫛田さん」と愛称で呼ばれている。櫛田神社 (福岡市) フレッシュアイペディアより)

99件中 61 - 70件表示

「博多祇園山笠」のニューストピックワード