188件中 21 - 30件表示
  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た川原俊夫

    『めんたいぴりり』(テレビ西日本、2013年(平成25年)8月3日、8月5日 - 8月29日:主人公のモデル川原俊夫は中洲流の創設に携わったため)博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見たピース (ミュージシャン)

    『博多追い山青春ならし』(ピース博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た上田雅利

    博多祇園山笠に参加する著名人としては、長谷川法世(漫画家)、博多華丸(博多華丸・大吉)、下畑博文(パタパタママ)、中島浩二(ローカルタレント。KBCテレビ『Duòmo』などに出演)、小松政夫(タレント)、上田雅利(ミュージシャン・チューリップのドラマー)らがいる。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た施餓鬼

    博多祇園山笠の起源については諸説あるが鎌倉時代の1241年(仁治2年)に博多で疫病が流行した際、承天寺の開祖であり当時の住職である聖一国師(円爾)が町民に担がれた木製の施餓鬼棚に乗り水を撒きながら町を清めてまわり疫病退散を祈祷したことを発祥とするのが通説である。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た手拭

    この他、舁き手は階級を表す手拭(てのごい)、役割を表す襷(ねじねじ)を装着、舁き縄を携帯(使わない時は締め込みに挟んでおく)、台上がりは指揮棒(てっぽう)を持つ。鍵、財布、携帯電話、等は必要に応じて信玄袋に入れておく。言わば当番法被=タキシード、水法被=ユニフォーム、てのごい=階級章、ねじねじ=腕章、てっぽう=指揮棒に該当する。これらの衣服、物品は流、又は町内毎に決められており流、又は町内のロゴが入った当番法被、水法被、てのごいは厳重に管理されており一般に市販されることは有り得ずインターネットオークション等で外部の者に譲渡することは認められていない。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見たうまかっちゃん

    1981年(昭和56年)からはRKB子供山笠教室が開始された。小学生の男子児童の参加者300名を放送エリアから幅広く一般募集する。参加者は当日、櫛田神社に集合、主催者が用意した背に「山かき子」、襟に「博多子供やま」、又は「博多子供山笠」、袖に「RKB」のロゴが入った水法被と白の締め込みを着用する(但し締め込みは各自で用意したものでも良い)。世話役はスポンサーのハウス食品が用意した「うまかっちゃん」の赤いロゴが入った水法被を着用。博多小の参加者が舁いて来た舁き山が神社境内に着いたところで、その山を交代で舁く。この様子は後日放送される。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た臨時列車

    九州旅客鉄道(JR九州)は博多駅に朝4時過ぎに到着する臨時普通列車「博多山笠号」を鹿児島本線(門司港発・荒尾発)と福北ゆたか線(直方発)で運転している。また、門司港駅からは特急「きらめき」の臨時便も運転される。なお、2013年(平成25年)以降は鹿児島本線の「博多山笠号」が両方向とも運転区間が短縮され、小倉発・荒木発となっている。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た国際連合教育科学文化機関

    福岡市博多区の博多部(那珂川と御笠川(石堂川)間の区域)で7月に行われる祭礼。参加者や福岡市民などからは「山笠」「ヤマカサ」とも略称される。又、山笠を単にヤマと称する。国の重要無形民俗文化財に指定されている。山笠の掛け声「おっしょい」は1996年(平成8年)に日本の音風景100選に選ばれた。また、2016年(平成28年)12月1日、博多祇園山笠などの「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録された。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た福岡市

    博多祇園山笠(はかたぎおんやまかさ)とは福岡県福岡市の博多区で毎年7月1日から7月15日にかけて開催される700年以上の伝統のある祭である。櫛田神社にまつられる素戔嗚尊に対して奉納される祇園祭のひとつ。正式には櫛田神社祇園例大祭。博多どんたくとともに、博多を代表する祭りである。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見たタオル

    博多祇園山笠をモチーフとし締め込み姿とした「ハローキティ」のキャラクターが描かれたタオルが、2013年(平成25年)7月に発売される予定となっていたが、これについて、尻が見える姿に対し様々な物議が醸されることとなり、これを受け博多祇園山笠振興会が、製造・販売を請け負うあすなろ舎に対し発売に難色を示したことなどで、同年6月28日に発売中止が決まった。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

188件中 21 - 30件表示