141件中 61 - 70件表示
  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た家紋

    山笠期間中は行事参加者の間ではキュウリを食べることが御法度となる。一番根強い説としては「キュウリの切り口が櫛田神社の祇園宮の神紋と似ているから」というものがある。櫛田神社や京都・八坂神社など水天神系の神紋の図柄は木瓜(ボケ)の花である。また、「夏が旬のキュウリを断ってまで祭りに懸ける」という意気込みとの説もある。また、期間中の性交も御法度になる。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た漫画アクション

    『博多っ子純情』(長谷川法世作。1976年(昭和51年)より1983年(昭和58年)まで『漫画アクション』で連載)博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見ためんたいワイド

    「追い山馴し」を中継。『めんたいワイド』がスタートしてからは、そのスペシャル番組という形での放送が多い。ただし、当日が土曜・日曜となる場合は特別編成等の関係で録画放送になったり放送できなくなったりということもある。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た廻し

    千代小、博多小、RKB子供山笠教室や中央区天神の新天町で行なわれる子供山笠は少女も参加できる。これらに参加する少年少女は大人と同様、水法被を羽織った締め込み姿になる。締め込みは大人用とは違い幅18センチ長さ3.5メートルの柔らかい白い布を締めこむ場合が多い。幼児は取り廻し(力士の廻しに付ける下がりに似た物)や伊達下がりを付ける場合がある。子供山笠の様子は新聞やテレビなどで紹介されている。少女に限り半タコ、ブルマー、トランクス、又はそれらの上からの締め込みも認められている。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見たモスリン

    山笠に参加する舁き手たちのスタイルは水法被に締め込みという姿で貫かれ、足元は地下足袋と脚絆である。江戸時代までは締め込み一丁であった。1898年(明治31年)に裸体同然のスタイルが問題だとして県議会で山笠を廃止する案が出されたとき、博多の反対派は玄洋社の進藤喜平太から紹介された古島一雄の助力で水法被を着用することで山笠廃止を撤回させそれ以来現在まで水法被に締め込みのスタイルが続いている。締め込みの材質は大人は薄めの帆布(79A、11〜9号程度)やモスリン、子供はフランネルや重ねた洋服地(シーチング等)、色は千代・東・西・大黒流では白、生成以外は禁止だが中洲・恵比須・土居流では黒・紺が多く子供用は白が多いが黒や赤が使われる場合がある。締め込み以外の褌(六尺、越中、等)の着用は認められていない。さらしの腹巻きをする場合があるが、必ず締め込みとは別々になる。水法被は白地に流(千代、東、中洲)や町(大黒、恵比須、土居、西)の名を意匠化したデザインであり、町内によっては当番法被に似た久留米絣の水法被もある。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た御笠川

    福岡市博多区のおもに博多部(那珂川と御笠川(石堂川)間の区域)で7月に行われる。元来は、祇園祭のひとつであったが、氏子の町内が始めた付け祭りが発展する過程で山笠と呼ばれる山車が登場する様になったため神社の祭りも含めて「博多祇園山笠」と呼ばれるようになった。参加者や福岡市民などからは「山笠」「ヤマ」とも略称される。国の重要無形民俗文化財に指定されている。山笠の掛け声「おっしょい」は1996年(平成8年)に日本の音風景100選に選ばれた。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た福岡市地下鉄箱崎線

    東流(呉服町ビジネスセンター・福岡市地下鉄呉服町駅)博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た走らんか!

    走らんか!』(NHK連続テレビ小説、1995年(平成7年)10月2日 - 1996年(平成8年)3月30日。原作: 長谷川法世)博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た脚絆

    山笠に参加する舁き手たちのスタイルは水法被に締め込みという姿で貫かれ、足元は地下足袋と脚絆である。江戸時代までは締め込み一丁であった。1898年(明治31年)に裸体同然のスタイルが問題だとして県議会で山笠を廃止する案が出されたとき、博多の反対派は玄洋社の進藤喜平太から紹介された古島一雄の助力で水法被を着用することで山笠廃止を撤回させそれ以来現在まで水法被に締め込みのスタイルが続いている。締め込みの材質は大人は薄めの帆布(79A、11〜9号程度)やモスリン、子供はフランネルや重ねた洋服地(シーチング等)、色は千代・東・西・大黒流では白、生成以外は禁止だが中洲・恵比須・土居流では黒・紺が多く子供用は白が多いが黒や赤が使われる場合がある。締め込み以外の褌(六尺、越中、等)の着用は認められていない。さらしの腹巻きをする場合があるが、必ず締め込みとは別々になる。水法被は白地に流(千代、東、中洲)や町(大黒、恵比須、土居、西)の名を意匠化したデザインであり、町内によっては当番法被に似た久留米絣の水法被もある。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た承天寺

    博多祇園山笠の起源については諸説あるが鎌倉時代の1241年(仁治2年)に博多で疫病が流行した際、承天寺の開祖であり当時の住職である聖一国師(円爾)が町民に担がれた木製の施餓鬼棚に乗り水を撒きながら町を清めてまわり疫病退散を祈祷したことを発祥とするのが通説である。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

141件中 61 - 70件表示

「博多祇園山笠」のニューストピックワード