141件中 71 - 80件表示
  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た日本プロサッカーリーグ

    Jリーグのアビスパ福岡の応援の一つに山笠の掛け声をモチーフにしたものがある。これは主にセットプレーや相手ゴール前の攻撃時などのアビスパのチャンスの時に使用される。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た博多織

    飾り山や山笠の人形の衣装の生地は長年、京都の西陣織を使用していたが、2002年(平成14年)より1地元の博多織を人形の衣装の生地に使うようになった。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た福岡中央郵便局

    1962年(昭和37年)に始まった行事で元々は各流独自に他流舁きと称して福岡部に舁き入っていたものをイベント性を高めるために13日にまとめ、福博の知名士(孫正義 等)を台上がりさせたもの。当初は不参加の流もあった。開始当時は蔵本交差点より福岡中央郵便局まで。2009年(平成21年)まで福岡市役所まで来た舁き山は帰り道として、国体道路を通り中洲を経由して各流の地域へ帰っていたが、舁き山が中洲へ向かう際一時通行止めをしなければならず、その度に国体道路は渋滞が発生していたため、解消策として2010年(平成22年)より福岡市役所から呉服町交差点まで明治通りを通る復路が設定された。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た福岡ドーム

    福岡ドーム(福岡YAHOO!JAPANドーム博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た小学生

    戦後に入り1955年(昭和30年)に「博多祇園山笠振興会」が発足、当時より「博多部外」の新天町等でも飾り山行事が行われ1962年(昭和37年)より「博多部外」である福岡市中心部に舁入れる集団山見せなどが行われるようになった。1970年(昭和45年)から子供(小学生)が小型の山笠を舁く「子供山笠」も始まった。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た帆布

    山笠に参加する舁き手たちのスタイルは水法被に締め込みという姿で貫かれ、足元は地下足袋と脚絆である。江戸時代までは締め込み一丁であった。1898年(明治31年)に裸体同然のスタイルが問題だとして県議会で山笠を廃止する案が出されたとき、博多の反対派は玄洋社の進藤喜平太から紹介された古島一雄の助力で水法被を着用することで山笠廃止を撤回させそれ以来現在まで水法被に締め込みのスタイルが続いている。締め込みの材質は大人は薄めの帆布(79A、11〜9号程度)やモスリン、子供はフランネルや重ねた洋服地(シーチング等)、色は千代・東・西・大黒流では白、生成以外は禁止だが中洲・恵比須・土居流では黒・紺が多く子供用は白が多いが黒や赤が使われる場合がある。締め込み以外の褌(六尺、越中、等)の着用は認められていない。さらしの腹巻きをする場合があるが、必ず締め込みとは別々になる。水法被は白地に流(千代、東、中洲)や町(大黒、恵比須、土居、西)の名を意匠化したデザインであり、町内によっては当番法被に似た久留米絣の水法被もある。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た流 (博多)

    安土桃山時代、島津氏と豊臣氏の戦いにより博多の街は焼け野原となったが、豊臣秀吉が帰国の際、博多の街をいくつかの区画毎に「」(ながれ)としてグループ化し復興を行った(太閤町割)。この「流」が博多祇園山笠のグループ単位の発祥である。戦後の一時期、13流に増えたこともあったが現在の「流」は恵比須流・大黒流・土居流・東流・西流・中洲流・千代流の7流である(福神流は過去の不祥事が原因で不参加)。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た長崎文化放送

    KBCは基本がブロックネット(長崎文化放送・熊本朝日放送・大分朝日放送・鹿児島放送・山口朝日放送)とメ?テレ。かつてはABCテレビ・テレビ朝日などでも放送されていたが、九州・中京以外では開催曜日によって視聴不能のケースが多い。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見たさらし

    山笠に参加する舁き手たちのスタイルは水法被に締め込みという姿で貫かれ、足元は地下足袋と脚絆である。江戸時代までは締め込み一丁であった。1898年(明治31年)に裸体同然のスタイルが問題だとして県議会で山笠を廃止する案が出されたとき、博多の反対派は玄洋社の進藤喜平太から紹介された古島一雄の助力で水法被を着用することで山笠廃止を撤回させそれ以来現在まで水法被に締め込みのスタイルが続いている。締め込みの材質は大人は薄めの帆布(79A、11〜9号程度)やモスリン、子供はフランネルや重ねた洋服地(シーチング等)、色は千代・東・西・大黒流では白、生成以外は禁止だが中洲・恵比須・土居流では黒・紺が多く子供用は白が多いが黒や赤が使われる場合がある。締め込み以外の褌(六尺、越中、等)の着用は認められていない。さらしの腹巻きをする場合があるが、必ず締め込みとは別々になる。水法被は白地に流(千代、東、中洲)や町(大黒、恵比須、土居、西)の名を意匠化したデザインであり、町内によっては当番法被に似た久留米絣の水法被もある。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た千代流

    安土桃山時代、島津氏と豊臣氏の戦いにより博多の街は焼け野原となったが、豊臣秀吉が帰国の際、博多の街をいくつかの区画毎に「流」(ながれ)としてグループ化し復興を行った(太閤町割)。この「流」が博多祇園山笠のグループ単位の発祥である。戦後の一時期、13流に増えたこともあったが現在の「流」は恵比須流・大黒流・土居流・東流・西流・中洲流・千代流の7流である(福神流は過去の不祥事が原因で不参加)。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

141件中 71 - 80件表示

「博多祇園山笠」のニューストピックワード