141件中 81 - 90件表示
  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た浦安の舞

    献花献茶式(本装束の浦安の舞が登場、唯一の典雅・可憐系?)博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た日本の音風景100選

    福岡市博多区のおもに博多部(那珂川と御笠川(石堂川)間の区域)で7月に行われる。元来は、祇園祭のひとつであったが、氏子の町内が始めた付け祭りが発展する過程で山笠と呼ばれる山車が登場する様になったため神社の祭りも含めて「博多祇園山笠」と呼ばれるようになった。参加者や福岡市民などからは「山笠」「ヤマ」とも略称される。国の重要無形民俗文化財に指定されている。山笠の掛け声「おっしょい」は1996年(平成8年)に日本の音風景100選に選ばれた。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た西流

    安土桃山時代、島津氏と豊臣氏の戦いにより博多の街は焼け野原となったが、豊臣秀吉が帰国の際、博多の街をいくつかの区画毎に「流」(ながれ)としてグループ化し復興を行った(太閤町割)。この「流」が博多祇園山笠のグループ単位の発祥である。戦後の一時期、13流に増えたこともあったが現在の「流」は恵比須流・大黒流・土居流・東流・西流・中洲流・千代流の7流である(福神流は過去の不祥事が原因で不参加)。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た東区 (福岡市)

    7月1日夕方: 当番町のお汐井取り(東区箱崎浜)博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見たブルマー

    千代小、博多小、RKB子供山笠教室や中央区天神の新天町で行なわれる子供山笠は少女も参加できる。これらに参加する少年少女は大人と同様、水法被を羽織った締め込み姿になる。締め込みは大人用とは違い幅18センチ長さ3.5メートルの柔らかい白い布を締めこむ場合が多い。幼児は取り廻し(力士の廻しに付ける下がりに似た物)や伊達下がりを付ける場合がある。子供山笠の様子は新聞やテレビなどで紹介されている。少女に限り半タコ、ブルマー、トランクス、又はそれらの上からの締め込みも認められている。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た土居流

    安土桃山時代、島津氏と豊臣氏の戦いにより博多の街は焼け野原となったが、豊臣秀吉が帰国の際、博多の街をいくつかの区画毎に「流」(ながれ)としてグループ化し復興を行った(太閤町割)。この「流」が博多祇園山笠のグループ単位の発祥である。戦後の一時期、13流に増えたこともあったが現在の「流」は恵比須流・大黒流・土居流・東流・西流・中洲流・千代流の7流である(福神流は過去の不祥事が原因で不参加)。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た疫病

    博多祇園山笠の起源については諸説あるが鎌倉時代の1241年(仁治2年)に博多で疫病が流行した際、承天寺の開祖であり当時の住職である聖一国師(円爾)が町民に担がれた木製の施餓鬼棚に乗り水を撒きながら町を清めてまわり疫病退散を祈祷したことを発祥とするのが通説である。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た走れ!山笠

    山笠中継として最も歴史があるのはKBC『走れ!山笠』で、福岡進出時に一時中洲のビルに局舎を構えていたことがきっかけとなっている。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た福神流

    安土桃山時代、島津氏と豊臣氏の戦いにより博多の街は焼け野原となったが、豊臣秀吉が帰国の際、博多の街をいくつかの区画毎に「流」(ながれ)としてグループ化し復興を行った(太閤町割)。この「流」が博多祇園山笠のグループ単位の発祥である。戦後の一時期、13流に増えたこともあったが現在の「流」は恵比須流・大黒流・土居流・東流・西流・中洲流・千代流の7流である(福神流は過去の不祥事が原因で不参加)。博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠から見た博多駅

    博多駅商店連合会(博多駅・博多口)博多祇園山笠 フレッシュアイペディアより)

141件中 81 - 90件表示

「博多祇園山笠」のニューストピックワード