前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た日本テレビ放送網

    おもいッきりDON!(日本テレビ、火曜日レギュラー、2009年3月31日?9月29日)博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見たナインティナイン

    1989年、ともに福岡大学に進学し、落語研究会に所属したことにより知り合う(後に2人とも大学を中退)。地元のタウン誌に活動が紹介され、それを見た別のプロダクションにコンビ名「ヨッチャン・オカチャン」を付けられ東京でやらないかと誘われるが、怪しいプロダクションだったためそこはやめる。その後、1990年4月、地元で開催されたオーディション番組『激辛!?お笑いめんたい子』(テレビ西日本)に「岡崎君と吉岡君」の名で漫才コンビとして出場、それがきっかけとなり、同5月吉本興業福岡事務所の1期生のオーディションに合格。初代吉本福岡事務所長の「芸人は本名ではなく芸名で」という方針で、当初「華丸・大吉」としてデビュー、その後、「芸名(平仮名で)7文字が売れる」ので「さらにめでたい名前をつけよう」という意向で、「鶴屋華丸・亀屋大吉」(つるやはなまる・かめやだいきち)と改名する。福岡吉本1期生で竹山隆範が同期に当たる。また、NSC大阪校では9期生の面々(ナインティナイン、宮川大輔、ほっしゃん。、矢野・兵動ら)が同期生にあたると思っていたが、その後、『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』で実は千原兄弟やFUJIWARAなどのNSC8期生と同期であることが発覚した。しかし大吉は番組を見るまで知らず(福岡時代を芸歴に入れず)に今に至っているため、「今更千原兄弟さんやFUJIWARAさんにタメ口なんて無理」と、あくまで自分の同期は9期生であるとしており、また彼らも認識は改めていない。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見たハウス食品

    ウコンの力『エチケットクール新発売篇』(ハウス食品、2007年5月 - )博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た児玉清

    2005年10月、『とんねるずのみなさんのおかげでした』内のコーナー、博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜の第6回大会に華丸が出場、児玉清のモノマネで優勝し、注目を浴びる(その後、第7回大会も優勝し、連覇する)。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た宮川大輔 (タレント)

    1989年、ともに福岡大学に進学し、落語研究会に所属したことにより知り合う(後に2人とも大学を中退)。地元のタウン誌に活動が紹介され、それを見た別のプロダクションにコンビ名「ヨッチャン・オカチャン」を付けられ東京でやらないかと誘われるが、怪しいプロダクションだったためそこはやめる。その後、1990年4月、地元で開催されたオーディション番組『激辛!?お笑いめんたい子』(テレビ西日本)に「岡崎君と吉岡君」の名で漫才コンビとして出場、それがきっかけとなり、同5月吉本興業福岡事務所の1期生のオーディションに合格。初代吉本福岡事務所長の「芸人は本名ではなく芸名で」という方針で、当初「華丸・大吉」としてデビュー、その後、「芸名(平仮名で)7文字が売れる」ので「さらにめでたい名前をつけよう」という意向で、「鶴屋華丸・亀屋大吉」(つるやはなまる・かめやだいきち)と改名する。福岡吉本1期生で竹山隆範が同期に当たる。また、NSC大阪校では9期生の面々(ナインティナイン、宮川大輔、ほっしゃん。、矢野・兵動ら)が同期生にあたると思っていたが、その後、『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』で実は千原兄弟やFUJIWARAなどのNSC8期生と同期であることが発覚した。しかし大吉は番組を見るまで知らず(福岡時代を芸歴に入れず)に今に至っているため、「今更千原兄弟さんやFUJIWARAさんにタメ口なんて無理」と、あくまで自分の同期は9期生であるとしており、また彼らも認識は改めていない。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見たパンクブーブー

    また、福岡吉本出身の芸人の兄貴分的存在であり、多くの後輩から慕われている。特にパンクブーブーとは交流が深く、彼らの実力と才能をいち早く見抜いた芸人の一人でもある。確かな実力を有しながらもなかなか売れなかった彼らを不憫に思い、大吉は七夕の短冊に「パンクブーブーに光が当たりますように」と書いたことがある。その年にパンクブーブーはM-1王者に輝いた。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た藤井フミヤ藤井 フミヤ

    長らく福岡で活躍していたため、東京進出まであまり視聴者には知名度が無かったものの、福岡に仕事でやってくる芸能人・業界人とは親交が深い。華丸は藤井フミヤと飲み友達であり、前述のつんくを始め、三沢光晴や下柳剛など各界に友人知人がいる。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た今田耕司

    今田耕司(二人の東京進出当初、よく面倒を見てくれていたらしい)博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た氷川きよし

    うまかっちゃん(ハウス食品、九州地区限定、以前は華丸のみ出演で氷川きよしと共演していた)博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た竹山隆範カンニング竹山

    1989年、ともに福岡大学に進学し、落語研究会に所属したことにより知り合う(後に2人とも大学を中退)。地元のタウン誌に活動が紹介され、それを見た別のプロダクションにコンビ名「ヨッチャン・オカチャン」を付けられ東京でやらないかと誘われるが、怪しいプロダクションだったためそこはやめる。その後、1990年4月、地元で開催されたオーディション番組『激辛!?お笑いめんたい子』(テレビ西日本)に「岡崎君と吉岡君」の名で漫才コンビとして出場、それがきっかけとなり、同5月吉本興業福岡事務所の1期生のオーディションに合格。初代吉本福岡事務所長の「芸人は本名ではなく芸名で」という方針で、当初「華丸・大吉」としてデビュー、その後、「芸名(平仮名で)7文字が売れる」ので「さらにめでたい名前をつけよう」という意向で、「鶴屋華丸・亀屋大吉」(つるやはなまる・かめやだいきち)と改名する。福岡吉本1期生で竹山隆範が同期に当たる。また、NSC大阪校では9期生の面々(ナインティナイン、宮川大輔、ほっしゃん。、矢野・兵動ら)が同期生にあたると思っていたが、その後、『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』で実は千原兄弟やFUJIWARAなどのNSC8期生と同期であることが発覚した。しかし大吉は番組を見るまで知らず(福岡時代を芸歴に入れず)に今に至っているため、「今更千原兄弟さんやFUJIWARAさんにタメ口なんて無理」と、あくまで自分の同期は9期生であるとしており、また彼らも認識は改めていない。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「博多華丸・大吉」のニューストピックワード