136件中 11 - 20件表示
  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見たタモリ

    2016年1月9、10両日には、福岡・キャナルシティ劇場にて「博多華丸・大吉結成25周年ライブ」を開催。岡村隆史(ナインティナイン)などコンビにゆかりのある多数の芸人がゲストで登場したほか、タモリ、明石家さんま、ビートたけしらがビデオメッセージで祝福、25周年に花を添えた。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た川平慈英

    頻度は低いが、コントも行っている。漫才と同様に華丸が博多のおじさんを演じるネタや、華丸が得意とする児玉清、川平慈英といったモノマネを取り込んだネタなどがある。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た児玉清

    しかし2005年10月、『とんねるずのみなさんのおかげでした』内のコーナー、「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」の第6回大会に華丸が出場、華丸にとっては「モノマネのレパートリー中、本来4-5番手の戦力」だった『アタック25』における児玉清のモノマネで優勝し、一躍注目を浴びる。その後、第7回大会も優勝し、優勝賞金100万円を獲得、同コーナーでは唯一の連覇達成者となった。結果として、「伝わりづらい面白さ」を活かせる同コーナーが華丸の、ひいては「博多華丸・大吉」の知名度を大きく上げることになった。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た2丁拳銃

    大吉の休業が明けた1998年4月からは『とことんサンデー』と同じ時間帯に同じコンセプトの番組『Hi-Ho!』が開始。しかし、その間に福岡で『吉本超合金』のネット放送が開始され、さらに大阪の芸人が福岡の劇場に出演し始めたことで「大阪の笑い」が福岡に入るようになり、大吉曰く「化けの皮が剥がれる」形で人気が低迷していった。吉本超合金のメインであったFUJIWARAの藤本敏史、原西孝幸や 2丁拳銃の小堀裕之、川谷修士の4人やゲストで活躍していた礼二(中川家)、千原ジュニアらには福岡でも熱狂的なファンがつくようになり、推しメンに失礼になるからと劇場では彼ら以外のお笑いでは笑ってはいけないみたいな空気が支配していくのを感じたという。今まで、博多華丸・大吉のネタで笑ってくれていたお客さんが、全然、笑わなくなった、という。そういう現実をまざまざと見せつけられたためFUJIWARAや2丁拳銃には今でも、劣等感みたいなものがあるという。そんな福岡ではあんなに笑いをとるFUJIWARAが、めちゃ×2イケてるッ!ではスベリキャラの様な扱われ方をされている姿を見て、大吉は全国放送に畏怖を感じていたという。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た松本人志

    千原ジュニアからは「華丸と大吉の顔と名前が逆」と言われている。松本人志は『THE MANZAI 2014』について「群を抜いて面白かった。芸歴が長いとか有名とか関係なく、博多華丸・大吉が優勝する以外に(2014年出場者で)上手いコンビがいなかったから当然の結果。ある意味で若手もベテランも良い勉強になった」と語っている。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た小堀裕之

    大吉の休業が明けた1998年4月からは『とことんサンデー』と同じ時間帯に同じコンセプトの番組『Hi-Ho!』が開始。しかし、その間に福岡で『吉本超合金』のネット放送が開始され、さらに大阪の芸人が福岡の劇場に出演し始めたことで「大阪の笑い」が福岡に入るようになり、大吉曰く「化けの皮が剥がれる」形で人気が低迷していった。吉本超合金のメインであったFUJIWARAの藤本敏史、原西孝幸や 2丁拳銃の小堀裕之、川谷修士の4人やゲストで活躍していた礼二(中川家)、千原ジュニアらには福岡でも熱狂的なファンがつくようになり、推しメンに失礼になるからと劇場では彼ら以外のお笑いでは笑ってはいけないみたいな空気が支配していくのを感じたという。今まで、博多華丸・大吉のネタで笑ってくれていたお客さんが、全然、笑わなくなった、という。そういう現実をまざまざと見せつけられたためFUJIWARAや2丁拳銃には今でも、劣等感みたいなものがあるという。そんな福岡ではあんなに笑いをとるFUJIWARAが、めちゃ×2イケてるッ!ではスベリキャラの様な扱われ方をされている姿を見て、大吉は全国放送に畏怖を感じていたという。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た中川家

    大吉の休業が明けた1998年4月からは『とことんサンデー』と同じ時間帯に同じコンセプトの番組『Hi-Ho!』が開始。しかし、その間に福岡で『吉本超合金』のネット放送が開始され、さらに大阪の芸人が福岡の劇場に出演し始めたことで「大阪の笑い」が福岡に入るようになり、大吉曰く「化けの皮が剥がれる」形で人気が低迷していった。吉本超合金のメインであったFUJIWARAの藤本敏史、原西孝幸や 2丁拳銃の小堀裕之、川谷修士の4人やゲストで活躍していた礼二(中川家)、千原ジュニアらには福岡でも熱狂的なファンがつくようになり、推しメンに失礼になるからと劇場では彼ら以外のお笑いでは笑ってはいけないみたいな空気が支配していくのを感じたという。今まで、博多華丸・大吉のネタで笑ってくれていたお客さんが、全然、笑わなくなった、という。そういう現実をまざまざと見せつけられたためFUJIWARAや2丁拳銃には今でも、劣等感みたいなものがあるという。そんな福岡ではあんなに笑いをとるFUJIWARAが、めちゃ×2イケてるッ!ではスベリキャラの様な扱われ方をされている姿を見て、大吉は全国放送に畏怖を感じていたという。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た爆笑問題

    立川談志からは、東京MXテレビで談志が仕切っていたネタ見せ番組に出演した際、ガチガチに緊張しながらネタを披露した後、「まあ、内容として、こういう優しいネタを選んでて。俺はとっても文化的には好きだなあ。あとで、いいアドバイスしてやるよ」と声をかけられた。その後、収録後の打ち上げで別室に呼ばれ「いいか。よく聞け。これは過去、爆笑問題にしか言っていない。――絶対に、解散するなよ」とアドバイスされたという。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た矢部浩之

    同期のナインティナインとは、1995年に彼らが福岡を訪問し『めちゃ?モテたいッ!』『とことんサンデー』に互いがゲスト出演して以来の付き合いで、公私ともに仲が良く、特に同い年(同学年)でもある岡村隆史と大吉は互いに親友と認め合っている。『THE MANZAI 2014』では、ナインティナインは司会を務めつつも華丸・大吉を応援しており、矢部浩之は「本当にさすがだな」、岡村も「めちゃめちゃ格好よかったです」と優勝を喜んだ。放送終了後には、大吉は「ようやく背中が見えた同期」こと岡村と、華丸は矢部とそれぞれ祝杯を挙げた。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸・大吉

    博多華丸・大吉から見た宮迫博之

    2008年9月4日放送の『アメトーーク』の企画「中学の時イケてないグループに属していた芸人」には大吉が出演。後に番組の流行語大賞を獲得した「焼却炉の魔術師」のエピソードなど、ネガティブなトークが注目されたことで同番組への出演回数が増え、「大吉先生」と称されるキャラクターやトークの巧さが世間に認知されるようになる。大吉自身は、2012年4月から『たまむすび』(TBSラジオ)の水曜レギュラーに抜擢されたこともブレイクの要因と考えている。また『アメトーーク』では、2012年3月8日放送の「小忙しい芸人」にて、営業先での「華丸・大吉あるある」トークが盛り上がり、宮迫博之の「今度、華丸・大吉芸人やろうや」という提案に当人以外の出演者や多くの視聴者が賛同した。このことから、2012年5月17日と24日の放送で華丸・大吉と彼らに所縁のある芸人が集結した「華丸・大吉芸人」の企画が実現した。さらに、2012年の年末には「多くの芸人に愛され、視聴者に暖かい笑いを送り続けた」との理由で、二人に同年のアメトーーク大賞が授与された。博多華丸・大吉 フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示

「博多華丸・大吉」のニューストピックワード