503件中 11 - 20件表示
  • 築地市場

    築地市場から見た卸売卸売

    築地市場(つきじいちば、つきじしじょう)とは、東京都中央区築地にある公設の卸売市場。東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場のひとつだが、その規模は日本はおろか世界最大(広さでは大田市場のほうが広いが、取引金額は大田市場より大きい)であり、代表的な卸売市場である。この項では外郭に存在する築地場外市場商店街(通称:場外、場外市場、築地場外、築地場外市場)についても記述する。なお、ニュース番組等で、しばしば築地市場の場所を指して「つきじしじょう」と呼ぶことがあるが、場所を指す場合は「しじょう」ではなく「いちば」である。築地市場 フレッシュアイペディアより)

  • 商社

    商社から見た卸売卸売

    商社(しょうしゃ)とは、輸出入貿易ならびに国内における物資の販売を業務の中心にした、商業を営む業態の会社である。幅広い商品・サービスを取り扱う総合商社と特定の分野に特化した専門商社に区分される。広義の卸売業である。特に総合商社は日本特有の形態とされる。商社 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県

    香川県から見た卸売卸売

    坂出市には瀬戸内工業地域の一翼を担う番の州臨海工業団地があり、造船、石油などの企業が立地している。また、四国地方に対する物資の集散地となっている高松市には運輸、卸売を主とした企業が朝日町、福岡町、木太町北部、郷東町、香西地区などの沿岸部に集積し、食品や印刷など市場指向型、軽工業系の工場もその周辺に位置している。香川県 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市

    仙台市から見た卸売卸売

    主な産業は、東北全体を商圏とする「卸売業」、仙台都市圏を中心に南東北全体に商圏を広げつつある「小売業」、及び、「サービス業」が中核をなす。中でも、「卸売・小売業」は仙台市だけで東北六県全体の年間販売額の40%近くを占める。また、東北地方の情報集散地としての役割も担っているため、「出版・印刷業」や「IT関連業種」などの情報関連産業も多く立地している。仙台市 フレッシュアイペディアより)

  • 支店経済都市

    支店経済都市から見た卸売卸売

    第二次産業がはっきりと日本を支えていた高度経済成長期には、内需の商品全国販売拠点都市が「支店経済都市」と呼ばれ、外需(加工貿易)における販売拠点は「海外拠点」と呼ばれた。都市化が進み、第三次産業が労働者人口の半数を越えるようになった1970年代になると、各地に卸売企業が育ち、小売・サービスにおける地元企業・商店も活性化した。そのため、中小企業の小資本経済を無視し、大企業の大資本経済において、第二次産業と第三次産業のどちらの比率が大きいかで「支店経済都市」が定義されるようになり、現代まで続く「支店経済都市」の用法として定着した。支店経済都市 フレッシュアイペディアより)

  • 長野アークス

    長野アークスから見た卸売卸売

    協同組合長野アークス(ながの-、英称:Nagano ARCS)は、長野県長野市にある卸売センター。「アークス」は当卸売センターの所在地の正式の町名でもある(住居表示実施済み区域)。郵便番号は380-0918。長野アークス フレッシュアイペディアより)

  • 青果物

    青果物から見た卸売卸売

    卸売市場・中央卸売市場(卸売青果物 フレッシュアイペディアより)

  • 神都薬品

    神都薬品から見た卸売卸売

    神都薬品株式会社(しんとやくひん)は、かつて宮崎県橘通5-105に本社を置き、主として医療用医薬品卸売業を営んでいた会社である。 現在は葦の会グループ「アステム」である。神都薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 村木薬品

    村木薬品から見た卸売卸売

    村木薬品株式会社(むらきやくひん)は、青森県十和田市東23-10-1に本社を置き、主として動物用医薬品の卸売を行っていた会社であった。現在は「バイタルネット株式会社」である。村木薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 山王薬品

    山王薬品から見た卸売卸売

    有限会社 山王薬品(さんおうやくひん)は、島根県松江市に本社を置く、医薬品・防疫剤の卸売業者であった。現在は「常盤薬品」である。山王薬品 フレッシュアイペディアより)

503件中 11 - 20件表示

「卸売業」のニューストピックワード