厚ヶ瀬美姫 ニュース&Wiki etc.

厚ヶ瀬 美姫(あつがせ みき、1991年2月12日 - )は、日本の女子プロ野球選手。大阪府枚方市出身。球界のミキティとも呼ばれる。 (出典:Wikipedia)

「厚ヶ瀬美姫」Q&A

  • Q&A

    女子プロ野球ファンの方。 深澤美和 野々村聡子 合田智子 萩原麻子 各選手が戦…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2011年12月26日 15:59

  • Q&A

    女版イチローて、誰ですか? 厚ヶ瀬 美姫選手? どっかのスポーツニュースでやってたの…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2011年4月21日 16:16

  • Q&A

    女子プロ野球の厚ヶ瀬美姫選手に投球の記録が残っているのですが、 第何戦に投げたか知っ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2010年8月3日 11:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「厚ヶ瀬美姫」のつながり調べ

  • 野口霞

    野口霞から見た厚ヶ瀬美姫

    中学校卒業後女子野球部のある神村学園高校に入学。神村学園では中野菜摘、厚ヶ瀬美姫とならんで神村学園三人娘と呼ばれた。2008年のIBAF女子ワールドカップでは日本代表として出場し防御率0.00、勝率10割、MVPの三冠を達成し世界一に大きく貢献した。この活躍を受け佐賀市特別賞を受賞した。(野口霞 フレッシュアイペディアより)

  • 深澤美和

    深澤美和から見た厚ヶ瀬美姫

    専門学校卒業後は教員を目指すつもりだったが、両親の後押しで2009年の日本女子プロ野球機構のトライアウトを受験し、合格。同年12月に行われたドラフト会議で京都アストドリームスから内野手部門4順目で指名を受け、加入が決定。プロ1年目は主にセカンドとして全試合に出場し、打率.282を記録した。同年オフに中村茜と共に、小久保志乃・松本育代との交換トレードで兵庫スイングスマイリーズに移籍した。兵庫の二塁手には(3割5分ほど打っていた松本育代の故障もあって)深澤と同等の成績を残した田中幸夏がいたた。また、兵庫の選手は夜学の専門学校に、京都の選手は午後授業の専門学校に通わされる形でスタートしたのに、チーム移籍後もチームメートとは違う時間帯にもとの学校に通い続けさせられることになり、負担も増えた。 2011年、田中との競争に敗れ、正遊撃手厚ヶ瀬がマウンドに立つ際の控え内野手との位置づけで開幕を迎えるが、開幕早々に投手・厚ヶ瀬が不振により登板機会がなくなり、深澤には出番がほとんどなくなった。結局2年目の深澤はわずか18試合の出場に留まった。2シーズンフルにつかって、最後の最後のほうでようやく初ヒットを記録できた兵庫での同僚野々村よりは実績の上でかなり格上であった。しかし同年12月13日、日本女子プロ野球機構より野々村と一緒に二人だけの退団が発表され1、同月16日に、戦力外が理由であったことが発表された2。(ただし、その間に、もう一人、投手の萩原麻子が実力不足を理由とする「練習生への降格」になるとの発表があったり、のちに、京都側で選手都合による退団が発表されるなど、リーグ全体で実力を審議したとか、ウェーバー制度を整備した上での戦力外通告だったなどとは言い切れない要素が多々でている)(深澤美和 フレッシュアイペディアより)

「厚ヶ瀬美姫」のニューストピックワード