前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • 深澤美和

    深澤美和から見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    専門学校卒業後は教員を目指すつもりだったが、両親の後押しで2009年の日本女子プロ野球機構のトライアウトを受験し、合格。同年12月に行われたドラフト会議で京都アストドリームスから内野手部門4順目で指名を受け、加入が決定。プロ1年目は主にセカンドとして全試合に出場し、打率.282を記録した。同年オフに中村茜と共に、小久保志乃・松本育代との交換トレードで兵庫スイングスマイリーズに移籍した。兵庫の二塁手には(3割5分ほど打っていた松本育代の故障もあって)深澤と同等の成績を残した田中幸夏がいたた。また、兵庫の選手は夜学の専門学校に、京都の選手は午後授業の専門学校に通わされる形でスタートしたのに、チーム移籍後もチームメートとは違う時間帯にもとの学校に通い続けさせられることになり、負担も増えた。 2011年、田中との競争に敗れ、正遊撃手厚ヶ瀬がマウンドに立つ際の控え内野手との位置づけで開幕を迎えるが、開幕早々に投手・厚ヶ瀬が不振により登板機会がなくなり、深澤には出番がほとんどなくなった。結局2年目の深澤はわずか18試合の出場に留まった。2シーズンフルにつかって、最後の最後のほうでようやく初ヒットを記録できた兵庫での同僚野々村よりは実績の上でかなり格上であった。しかし同年12月13日、日本女子プロ野球機構より野々村と一緒に二人だけの退団が発表され1、同月16日に、戦力外が理由であったことが発表された2。(ただし、その間に、もう一人、投手の萩原麻子が実力不足を理由とする「練習生への降格」になるとの発表があったり、のちに、京都側で選手都合による退団が発表されるなど、リーグ全体で実力を審議したとか、ウェーバー制度を整備した上での戦力外通告だったなどとは言い切れない要素が多々でている)深澤美和 フレッシュアイペディアより)

  • 野口霞

    野口霞から見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    中学校卒業後女子野球部のある神村学園高校に入学。神村学園では中野菜摘、厚ヶ瀬美姫とならんで神村学園三人娘と呼ばれた。2008年のIBAF女子ワールドカップでは日本代表として出場し防御率0.00、勝率10割、MVPの三冠を達成し世界一に大きく貢献した。この活躍を受け佐賀市特別賞を受賞した。野口霞 フレッシュアイペディアより)

  • 第5回IBAF女子ワールドカップ日本代表

    第5回IBAF女子ワールドカップ日本代表から見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    第5回のワールドカップ代表選考では、まず3月3日と4日に行われたセレクションを205名が受験し24名が合格。さらに4月21日と22日に前回は選考を辞退した日本女子プロ野球機構(GPBL)との強化試合を行い、その結果GPBLからの6名を加えた計30名が代表候補となり、2度の強化合宿を経て最終的に出場選手20名が発表された。GPBLからの候補は故障のために選考を辞退した厚ヶ瀬美姫を除く5名が代表に入り、女子野球の日本代表チーム史上初めてプロ選手が代表入りした。第5回IBAF女子ワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木弥生

    黒木弥生から見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    神村学園高等部では不動の4番打者を務める。プロ同期の厚ヶ瀬美姫は高校の一年先輩にあたる。黒木弥生 フレッシュアイペディアより)

  • 神村学園初等部・中等部・高等部

    神村学園初等部・中等部・高等部から見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫(2009年。兵庫スイングスマイリーズ)神村学園初等部・中等部・高等部 フレッシュアイペディアより)

  • 中野菜摘

    中野菜摘から見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    6歳の頃から父と遊びで野球をしていた。10歳のとき王貞治に「頑張れば女の子でもプロ野球選手になれる」と激励され本格的に野球を始める。中学生になり地元のクラブチームに入団し、男子との体力差を感じつつも男子と同じ練習メニューをこなしながらレギュラーとして活躍。卒業後女子野球部のある神村学園高等部に入学。高校時代は野口霞、厚ヶ瀬美姫とならんで神村学園三人娘と呼ばれた。2008年のIBAF女子ワールドカップでは日本代表として出場し満塁本塁打を放ち世界一に大きく貢献した。卒業時関西独立リーグから入団を勧められるが、肩の調子が悪かったため入団を固辞した。2009年、尚美学園大学へ入学し女子硬式野球部に所属。中野菜摘 フレッシュアイペディアより)

  • 植村美奈子

    植村美奈子から見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫、宮原臣佳、野口霞、中野菜摘・・・高校の2年先輩植村美奈子 フレッシュアイペディアより)

  • 枚方市

    枚方市から見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫(プロ野球選手)枚方市 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年

    1991年から見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    2月12日 - 厚ヶ瀬美姫、女子プロ野球選手1991年 フレッシュアイペディアより)

  • サウス・ディオーネ

    サウス・ディオーネから見た厚ヶ瀬美姫厚ヶ瀬美姫

    機構が行った戦力差是正策もあり前年ほどの独走にはならなかったものの、前年に引き続いて前後期優勝、年間王者となる。タイトルは小西がMVP・最多勝・最多奪三振・本塁打王、川保が打点王、厚ヶ瀬美姫が盗塁王を獲得した。だがこの年第1回大会が行われた女子野球ジャパンカップでは準決勝で埼玉栄高校に引き分けの末に抽選で敗退。京都も2回戦で抽選で敗退していたため決勝にプロチームが残らない事態になった。サウス・ディオーネ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示

「厚ヶ瀬美姫」のニューストピックワード