前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見た阿部慎之助

    神村学園高1年時にジャイアンツカップへ出場した際、阿部慎之助から「打球判断がよかった」と褒められるほどの守備を魅せた。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見た日本女子プロ野球機構

    厚ヶ瀬 美姫(あつがせ みき、1991年2月12日 - )は、日本の女子プロ野球選手。大阪府枚方市出身。球界のミキティとも呼ばれる。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見た中野菜摘

    3歳の頃から、父親の所属する草野球チームの練習に参加し、小学校1年の時に父が監督を務める少年野球チーム「菅原東ビクトリー」に入部。小学の間は両親の方針から野球以外にも様々な習い事に通ったが、飽きっぽい性格が災いして長続きしなかった。しかし、なぜか野球だけは6年間続けることができた。中学に入ると女子が入部できる軟式野球部が無かったため、父が軟式野球チーム「牧方ビクトリー」を結成し、そのチームでショートのレギュラーを掴む。中学卒業後は女子硬式野球部のある神村学園高校に入学し、在学中は野口霞、中野菜摘と合わせて「神村学園三人娘」と呼ばれた。高校3年時の2008年のIBAF女子ワールドカップでは日本代表に選出され、遊撃のレギュラーとして5割を超える打率を残し、世界一に貢献した。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見た野口霞

    3歳の頃から、父親の所属する草野球チームの練習に参加し、小学校1年の時に父が監督を務める少年野球チーム「菅原東ビクトリー」に入部。小学の間は両親の方針から野球以外にも様々な習い事に通ったが、飽きっぽい性格が災いして長続きしなかった。しかし、なぜか野球だけは6年間続けることができた。中学に入ると女子が入部できる軟式野球部が無かったため、父が軟式野球チーム「牧方ビクトリー」を結成し、そのチームでショートのレギュラーを掴む。中学卒業後は女子硬式野球部のある神村学園高校に入学し、在学中は野口霞、中野菜摘と合わせて「神村学園三人娘」と呼ばれた。高校3年時の2008年のIBAF女子ワールドカップでは日本代表に選出され、遊撃のレギュラーとして5割を超える打率を残し、世界一に貢献した。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見た神村学園初等部・中等部・高等部

    3歳の頃から、父親の所属する草野球チームの練習に参加し、小学校1年の時に父が監督を務める少年野球チーム「菅原東ビクトリー」に入部。小学の間は両親の方針から野球以外にも様々な習い事に通ったが、飽きっぽい性格が災いして長続きしなかった。しかし、なぜか野球だけは6年間続けることができた。中学に入ると女子が入部できる軟式野球部が無かったため、父が軟式野球チーム「牧方ビクトリー」を結成し、そのチームでショートのレギュラーを掴む。中学卒業後は女子硬式野球部のある神村学園高校に入学し、在学中は野口霞、中野菜摘と合わせて「神村学園三人娘」と呼ばれた。高校3年時の2008年のIBAF女子ワールドカップでは日本代表に選出され、遊撃のレギュラーとして5割を超える打率を残し、世界一に貢献した。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見たIBAF女子ワールドカップ

    3歳の頃から、父親の所属する草野球チームの練習に参加し、小学校1年の時に父が監督を務める少年野球チーム「菅原東ビクトリー」に入部。小学の間は両親の方針から野球以外にも様々な習い事に通ったが、飽きっぽい性格が災いして長続きしなかった。しかし、なぜか野球だけは6年間続けることができた。中学に入ると女子が入部できる軟式野球部が無かったため、父が軟式野球チーム「牧方ビクトリー」を結成し、そのチームでショートのレギュラーを掴む。中学卒業後は女子硬式野球部のある神村学園高校に入学し、在学中は野口霞、中野菜摘と合わせて「神村学園三人娘」と呼ばれた。高校3年時の2008年のIBAF女子ワールドカップでは日本代表に選出され、遊撃のレギュラーとして5割を超える打率を残し、世界一に貢献した。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見た兵庫スイングスマイリーズ

    同年12月のドラフト会議で兵庫スイングスマイリーズから内野手1位指名を受け、入団。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見た枚方市

    厚ヶ瀬 美姫(あつがせ みき、1991年2月12日 - )は、日本の女子プロ野球選手。大阪府枚方市出身。球界のミキティとも呼ばれる。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見た2009年

     2009年、高校卒業後スポーツトレーナーをめざし専門学校に入学。野球を引退する。しかし、それによって生活に身が入らなくなってしまい、見かねた父親がクラブチーム塁ベースボールクラブを結成し、そこでプレーした。それでも目標を失った消失感に悩まされていたが、同年8月に日本女子プロ野球の発足が発表されると、もう一度トップで野球をやりたいとの思いがこみ上げてくる。その後専門学校を自主退学し、父親と野球の猛特訓を開始し、トライアウトにてトップクラスの評価を受けて合格した。その際の履歴書の自己PR欄には、「私は野球をするために生まれてきた女子です」と記されていた。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚ヶ瀬美姫

    厚ヶ瀬美姫から見た第3回IBAF女子ワールドカップ日本代表

    3歳の頃から、父親の所属する草野球チームの練習に参加し、小学校1年の時に父が監督を務める少年野球チーム「菅原東ビクトリー」に入部。小学の間は両親の方針から野球以外にも様々な習い事に通ったが、飽きっぽい性格が災いして長続きしなかった。しかし、なぜか野球だけは6年間続けることができた。中学に入ると女子が入部できる軟式野球部が無かったため、父が軟式野球チーム「牧方ビクトリー」を結成し、そのチームでショートのレギュラーを掴む。中学卒業後は女子硬式野球部のある神村学園高校に入学し、在学中は野口霞、中野菜摘と合わせて「神村学園三人娘」と呼ばれた。高校3年時の2008年のIBAF女子ワールドカップでは日本代表に選出され、遊撃のレギュラーとして5割を超える打率を残し、世界一に貢献した。厚ヶ瀬美姫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「厚ヶ瀬美姫」のニューストピックワード