1971件中 11 - 20件表示
  • 障害者郵便制度悪用事件

    障害者郵便制度悪用事件から見た厚生労働省厚生労働省

    障害者郵便制度悪用事件(しょうがいしゃゆうびんせいどあくようじけん)とは、2009年に大阪地方検察庁特別捜査部が、障害者団体向けの郵便料金の割引制度の不正利用があったとして、障害者団体・厚生労働省・ダイレクトメール発行会社・広告代理店・郵便事業会社等の各関係者を摘発した郵便法違反・虚偽有印公文書作成事件。障害者郵便制度悪用事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所から見た厚生労働省厚生労働省

    国立医薬品食品衛生研究所(こくりついやくひんしょくひんえいせいけんきゅうしょ、National Institute of Health Sciences: NIHS)は日本の厚生労働省の施設等機関の一つ。国立医薬品食品衛生研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 子ども手当

    子ども手当から見た厚生労働省厚生労働省

    厚生労働省児童手当管理室によると、保護者が日本に居住していれば子供の物理的位置(居住地)に関係なく支給対象となる。これは児童手当の受給資格を踏襲しているためであり、元々は日本国籍で日本に居住する親のみが対象であり、子供が海外留学等で海外にいても受給資格を与えることが相当であるとの考えでそのようになっていたのだが、国際化の流れで1982年(昭和57年)に国籍条件が撤廃されたことによる。子ども手当 フレッシュアイペディアより)

  • 脱法ドラッグ

    脱法ドラッグから見た厚生労働省厚生労働省

    脱法ドラッグ(だっぽうドラッグ)とは、違法でない、つまり法律に基づく取締りの対象になっていない薬物。麻薬と同様の効果を持つ物質を指す。合法ドラッグとも呼ばれる。厚生労働省は違法ドラッグと呼称している。違法な麻薬に比べて人体に対する危険性が高い場合もあるが、遵法精神を持っているからこそこれらの物質を使っているとの意味を込め、使用者は遵法ドラッグと呼称している。脱法ドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 喫煙

    喫煙から見た厚生労働省厚生労働省

    厚生労働省の健康日本21は、タバコが、肺がん、喉頭がん、口腔・咽頭がん、食道がん、胃がん、膀胱がん、腎盂・尿管がん、膵がんなど多くのがんの危険因子であるとしている。喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物から見た厚生労働省厚生労働省

    日本語ではいくつかの表記が混在使用されている状況である。「遺伝子組換作物反対派」は遺伝子組み換え作物、厚生労働省などが遺伝子組換え作物、食品衛生法では組換えDNA技術応用作物、農林水産省では遺伝子組換え農産物などの表記を使うことが多い。遺伝子組み換え作物 フレッシュアイペディアより)

  • 健康食品

    健康食品から見た厚生労働省厚生労働省

    医薬品、食品ともに厚生労働省の医薬食品局(ただし、食品は、局内部組織の食品安全部)が監督している。健康食品 フレッシュアイペディアより)

  • 食品危害情報総括官

    食品危害情報総括官から見た厚生労働省厚生労働省

    設置当初は、内閣府2名、文部科学省、厚生労働省、農林水産省各1名の布陣を敷いた。また、各中央省庁の食品危害情報総括官が集まる「食品危害情報総括官会議」が設置されており、政府内での情報の共有化を図っている。食品危害情報総括官 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の経済

    2006年の経済から見た厚生労働省厚生労働省

    厚生労働省発表の昨年12月の有効求人倍率が1.00倍と、バブル崩壊直後の1992年9月以来、13年3ヶ月ぶりに1倍に回復。2006年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス自立支援施設

    ホームレス自立支援施設から見た厚生労働省厚生労働省

    ホームレス自立支援施設(ホームレスじりつしえんしせつ)とは厚生労働省のホームレスの自立の支援等に関する特別措置法に基づき、各地方公共団体がホームレス自立支援政策を制定し設置したものがそう呼ばれる。(またはホームレス自立支援センター)ホームレス自立支援施設 フレッシュアイペディアより)

1971件中 11 - 20件表示