2630件中 11 - 20件表示
  • 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律

    障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律から見た厚生労働省厚生労働省

    この制度の導入当時(第3次小泉内閣)の厚生労働大臣であった参議院議員の尾辻秀久は、2016年(平成28年)1月16日に放送されたNHK教育テレビのドキュメンタリー番組中で、「今だから言える話」として、同法の制定は、膨らみ続ける支援費制度の費用を『義務的経費』とするための措置であり、障害者に1割負担を求めたのは、抵抗する財務省を納得させるためだったと語っている(同法施行以前は、厚生労働省の担当者が省内を回り、支援費制度のために費用の捻出を頼んでいた)。障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物から見た厚生労働省厚生労働省

    日本語では、いくつかの表記が混在している。「遺伝子組換作物反対派」は遺伝子組み換え作物、厚生労働省などが遺伝子組換え作物、食品衛生法では組換えDNA技術応用作物、農林水産省では遺伝子組換え農産物などの表記を使うことが多い。遺伝子組み換え作物 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の喫煙

    日本の喫煙から見た厚生労働省厚生労働省

    日本の喫煙(にほんのきつえん)では、日本における喫煙の諸相について記述する。2003年(平成15年)に施行された健康増進法等により喫煙場所、喫煙者は減少している。原則禁煙を目指し健康増進法改正案の提出が見込まれるなど政府、民間ともに禁煙に向けて動いている。国内葉たばこ生産は縮小し、葉たばこ農家の人員は平成23年(2011年)の1万801人から平成24年(2012年)には4割が廃作して6317人に減少、葉たばこ農家は高齢化も進んでいる。喫煙の健康影響面では、平成24年(2012年)の厚生労働省資料によると日本における喫煙による死亡者は年間およそ12万人から13万人である。日本の喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • 認知症

    認知症から見た厚生労働省厚生労働省

    日本ではかつては痴呆(ちほう)と呼ばれていた概念であるが、2004年に厚生労働省の用語検討会によって「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられ、まず行政分野および高齢者介護分野において「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられた。各医学会においても2007年頃までにほぼ言い換えがなされている(詳細についてはの項を参照)。認知症 フレッシュアイペディアより)

  • 児童虐待

    児童虐待から見た厚生労働省厚生労働省

    日本においては、厚生省(現・厚生労働省)が、1981年(昭和56年)に、従来不登校の問題等を扱っていた『児童相談事例集』の第13集 で、突然「保護者による虐待等の事例」の全冊特集を組んだ。この事例集には、「保護者による虐待」、「養育拒否等」、「父子家庭・未婚の母の場合」計19事例が掲載され、加えて、「児童相談所から家庭裁判所に出された親権喪失宣告の請求が承認されたという極めてまれな事例」をも収録した。これは、第二次臨時行政調査会が、鈴木善幸内閣が掲げた「増税なき財政再建」を達成すべく発足した時期と一致している。行財政改革がすすめば、英国のサッチャリズムが大幅な福祉切り捨てを行なった前例からも明らかの通り、厚生省の省益が大幅に失われるおそれは強かったから、厚生省が新たな省益確保の場として児童虐待に着目したとの指摘がある。児童虐待 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た厚生労働省厚生労働省

    2010年(平成22年)1月1日に社会保険庁長官をトップとする厚生労働省の外局の社会保険庁が廃止されて日本年金機構となる。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 子ども手当

    子ども手当から見た厚生労働省厚生労働省

    2010年(平成22年)3月31日、厚生労働省は支給要件の確認を下記に示す通り厳格化。子ども手当 フレッシュアイペディアより)

  • 電子カルテ

    電子カルテから見た厚生労働省厚生労働省

    日本では、2001年12月、e-Japan構想の一環として厚生労働省が策定した「保健医療分野の情報化にむけてのグランドデザイン」において、「2006年度までに全国の400床以上の病院および全診療所の6割以上に電子カルテシステムの普及を図ること」が目標として掲げられた。しかし、2009年現在、いまだ達成されていない。電子カルテ フレッシュアイペディアより)

  • 過労死

    過労死から見た厚生労働省厚生労働省

    2014年時点で、厚生労働省の統計によると、過去10年ほどのあいだに、過労による自殺者(自殺未遂も含む)が約10倍に増え、2013年時点で日本で196人が過労死している。働き盛りのビジネスマンに多いとされてきたが、近年では若者も増加傾向にあり、40-50歳代から20歳代にまで広がっている。女性も増加傾向にあるが、大半は男性である。過労死 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本

    2010年の日本から見た厚生労働省厚生労働省

    障害者団体向け割引郵便制度悪用事件で厚生労働省に偽の障害者団体証明書を発行させて郵便料金約3億7700万円の支払いを不正に免れたとして虚偽有印公文書作成・行使罪と郵便法違反に問われた元障害者団体会長に対し大阪地方裁判所は虚偽有印公文書作成・行使罪については無罪、郵便法違反について罰金540万円の判決を言い渡した。2010年の日本 フレッシュアイペディアより)

2630件中 11 - 20件表示